歯医者さんだから、おすすめしにくいチョコレート。

でも、大丈夫です!

原田歯科クリニックでは、キシリトール入りのチョコレートを2月14日Valentaine’sDayにお配りします。

日ごろの感謝の気持ちを込めてプレゼント★どうぞ、おたのしみに…★★★


「キシリトール入りだから大丈夫」には理由があります。

キシリトールには、お砂糖と同じくらいの甘さがあるのに、むし歯の原因となる酸を作りません。
さらに、むし歯を減らして歯を丈夫にする効果があるので、むし歯を防ぐために多くの国で積極的に活用されています。

キシリトール』って、そもそも何?

キシリトールは白樺や樫の木などの原料からつくられる天然素材の甘味料です。糖アルコールと呼ばれる炭水化物の一種で、お砂糖と同じくらいの甘さがあります。
カロリーはお砂糖よりちょっと少なめです。
(キシリトールのカロリー2.8kcal/g)
※甘味料とは、食品に甘さをつける調味料のこと。代表的なものにお砂糖があります

キシリトールだって甘いのに、むし歯にならないのか?

ミュータンス菌は糖をエサにして、プラークと酸をつくります。
しかし、キシリトールはミュータンス菌のエサにはなりません。
それでも、ミュータンス菌はキシリトールを取り込むことをくりかえします。
ところが、自分のエネルギー源としてつかえません。
その結果、ミュータンス菌の活動は弱まり、数が減っていきます。

キシリトール入りのチョコなら大丈夫!の理由がおわかりいただけたかと思います。

キシリトールだから大丈夫!と言って、たくさん食べたり、歯ブラシを怠らないようにしましょうね。


~2019年のバレンタイン事情~

チョコを購入する人の贈り先という記事を見つけました。

本命チョコ・義理チョコ・ご褒美チョコ・ファミチョコ・友チョコ・逆チョコ・絆チョコって、こんなにあげるチョコの種類があったのにも驚きました。

 

それに、職場内で「バレンタイン禁止令」が出されてる会社もあるそうです。が、この禁止令に関しては、「どちらともいえない」(53%)という中立的な意見の人以外に、賛成派は4割弱(37%)であるのに対し、反対派は1割(10%)にとどまる結果が出たそうです。

 

賛否の理由をそれぞれ尋ねると、「あげる方・もらう方どちらにも負担がかかるから」が、最も多い回答だったそうです。

 

私は、お世話になっている方へ「ありがとう」を形にできる良いイベントだと思います。

想っていてもなかなか伝えられない感謝の気持ちを、バレンタインに限らず、イベントをきっかけに伝えてみるのも素敵ですよね。

IMG_0277

 

 

 

 

〒264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

m3181-10215-115050139[田邉様]

 

 

 

 

田邉

TEL 043-232-9988

★HP

トップページ

★Instagram
https://www.instagram.com/harada_dentalclinic/

★facebook
https://www.facebook.com/harada.dc/

★youtube
https://www.youtube.com/user/puresmilehappiness/

 

 

「SECRET KILLER」映画のタイトルじゃありません

症状はないから大丈夫という油断は、要注意!

歯周病は『もの言わぬ病』といわれます。

初期の段階では、自分でも分かりにくく、自覚症状もほとんどありません。

そして、自覚症状が出てきたときには、歯周病がかなり進行していて、治療が非常に難しくなっていることが多いのです。

とあるサイトのニュースで、下記のような記事を見つけました。

「歯周病は歯肉と歯の根の部分(歯根)の問にある歯周ポケットから細菌が侵入し、歯を支えている骨を溶かしてしまい、最終的に歯が抜けてしまう『歯肉と骨の感染症』です。歯周病は、今や成人の8割がかかっているとされる国民病なのです。にもかかわらず、病気と思っていない人が少なくありません」

厚生労働省患者調査(平成26年)によると、1日に全国の歯科に通院する患者数は、う触(虫歯)が27万6800人、歯肉炎・歯周病が42万8200人で過去最高を記録しています。 〔YAHOOニュースから抜粋〕

歯周病だと診断されても、歯のことだから大したことはないと、油断していると将来、後悔することになりかねません。

調べたところ、以前、アメリカの「TIME」誌で表紙を飾った、「SECRET KILLER」(秘密の殺人)という文言。

まるで映画タイトルのようです。

その副題では「炎症・心臓発作・アルツハイマー・がん・その多くの病気との驚くべき関係。」とありました。

歯周病の怖さについて、多くの歯科医師が警鐘を鳴らしています。

歯周病かどうかは、やはり歯医者さんで診てもらい、生活習慣や食習慣などチェックする必要があります。

特に歯に関しては、必要に迫られない限り歯医者に受診する人は少ないのが現状です。「歯と口の健康」が、いかに大切か、改めて認識する必要があることをわかって欲しいです。

~~歯周病自己チェック~~

1.□歯ぐきから血がでる

2.□歯ぐきが赤く腫れている

3.□朝起きたとき口の中がネバネバする

4.□硬いものを食べると歯が痛い

5.□口臭が気になる

6.□歯が浮いた感じがする

7.□歯ぐきから膿がでる

8.□歯の根っこが出ている(歯が長くなった気がする)

9.□歯がグラグラする

10.□同じ場所ばかり腫れる

以上、ひとつでも当てはまる方は、歯医者さんで診てもらいましょう。

◎歯周病は自覚症状が出る頃には、進行している可能性があります(中度~重度)。

IMG_1469

 

 

 

〒264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

田邉

 

m3181-10215-115050139[田邉様]

 

 

 

TEL 043-232-9988

★HP
https://harada-clinic.com/

★Instagram
https://www.instagram.com/harada_dentalclinic/

★facebook
https://www.facebook.com/harada.dc/

★youtube
https://www.youtube.com/user/puresmilehappiness/

脅威のインフルエンザは口腔ケアで予防ができる!

1月29日の今日のニュースで、

1週間の推定患者数は約207万人と2009年の測定開始以来の最多数を更新、この流行状況は継続するものと予想、厳重な警戒が必要。

薬局サーベイランスによると、2019/1/14~2019/1/20(2019年第3週)のインフルエンザの推定患者数は、約207万人であり、前週の値(約168万人)と2009年の測定開始以来の最多数を更新しました。週明けの1月21日の推定患者数は約52万人と先週とほぼ同等であり、現在の流行状況は今週も継続するものと予想されます。


インフルエンザが猛威をふるっているというニュースを見ました。千葉市内の学校では学級閉鎖になっているところもあるそうです。これだけ空気が乾燥していると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

どこでも盛んに手洗い、うがいを訴えています。手指についたウィルスをしっかり洗い流して予防することが大切ですよね。

それだけじゃなく、口腔ケアで風邪やインフルエンザの予防ができる!そうなんです。なんと!インフルエンザ発症率が約10分の1になるらしい!

口腔内には、インフルエンザウィルスが侵入しやすい環境を作る細菌が存在します。
要介護高齢者190名を、歯科衛生士が口腔ケアに介入したグループ(98名)と、しなかったグループ(92名)にわけて比較したところ、前者のインフルエンザ発症率は約10分の1に抑えられたという話しです。

口の中が乾燥していると、インフルエンザ発症率が約2倍になる!
唾液は、口腔内やのどにウィルスが付着するのを防ぎます。

口腔内が乾燥している人は、そうでない人に比べてインフルエンザに約2倍かかりやすいという調査結果が出ています。

つまり、プラークコントロールが良好で、口腔内がうるおっていれば、インフルエンザの予防が期待できるのです。

まだまだ寒い日が続きます。口腔ケアをしっかりしてインフルエンザを予防しましょう!

 

IMG_1463


 

 

 

千葉市若葉区桜木2-16-24
原田歯科クリニック 田邉
m3181-10215-115050139[田邉様]

 

 
TEL:043-232-9988

Mail:help@uhappy.tv
★HP
https://harada-clinic.com/

★Instagram
https://www.instagram.com/harada_dentalclinic/

★facebook
https://www.facebook.com/harada.dc/

★youtube
https://www.youtube.com/user/puresmilehappiness/

#再生医療 #4DXやばい 【千葉県千葉市の歯医者】

2019年がスタートして、一週間が過ぎました。
みなさんの年末年始はいかがでしたか。

私は、予定がずっと入っていて、ゆっくり休むことなく終わってしまいました。これでは、娘がちょっと可愛そうで、何かないかな…と考えて悩んだときは、とりあえず映画かな。

というワケで、久しぶりに映画を観にいきました。それも初の「4DX」で!体感型の上映システムで、シートが前後、左右に動き、映画シーンを再現してくれます。

さらに、水に飛び込んだり、嵐等のシーンでは水がかかり、風が吹きつけ、雷鳴に劇場全体に光がクラッシュ☆映画のシーンを感情的に盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で楽しませてくれます。静かに観る映画というより、ふつーにアトラクションでした(笑)映画も新時代なんですね。

 


当クリニックでは、毎日お昼休み前の時間に勉強会を行っています。
先日の勉強会は口腔外科出身の小林先生が
抜歯後のドライソケットとCGF について話しました。
ドライソケットとCGFby小林2

「抜歯後のドライソケットとCGF 」…って、なんぞや。ですよね。

私たちの体は外傷ができると出血し、その後かさぶたになり、それが患部を覆って自然に治っていきます。

歯を抜いた時も同じように血が出ますが、その血は抜歯後の穴を満たします。
溜まった血は「血餅(けっぺい)」というゼリー状の塊となり、フタとなって露出した骨(歯槽骨)を外部からの刺激や細菌から守ります。
やがて傷口の穴は自然にふさがり治癒してゆきます。

 

ところが血が十分に出なかったり、できかけの血の塊が取れてしまうと、骨に直接刺激があたって炎症を起こし、大変痛みます。
この状態を「ドライソケット」といいます。
2~5%の確率で起こる偶発症で、ドライソケットの状態は治るまで2~3週間ほどかかります。

 

そこで、有効なのがCGFなワケです。
CGF(Concentrated Growth Factors)は、血小板濃縮フィブリンというたんぱく質で成長因子や血小板を多く含みます。ノリのような粘着性があるので、圧接して薄くのばし、造骨する部位を覆う膜として使うことができます。

IMG_3579

当クリニックでは、抜歯やインプラントの成功率をより高めるためにCGF療法という再生医療を用いています。
患者さんにとってメリットも大きく安心、安全な治療なのでお勧めしています。

この再生医療についてご質問等ございましたら、お気軽に電話、メールでお問い合わせください。


264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

田邉

TEL:   043-232-9988

mail:  help@uhappy.tv

https://hoken.harada-clinic.com/

m3181-10215-115050139[田邉様]

「猪突猛進」とも言いますが左右の確認を忘れずに

新年あけましておめでとうございます。2019年がスタートしました。

 

この年末年始、皆さんどのように過ごしましたか。私は大晦日に除夜の鐘を突きに行きました。108つ突き終わって新年の挨拶を交わした後、お寺の住職様からのお話しがありました。

 

「今年は亥年。十二支では無病息災を願う動物です。十二支最後ということもあって時代が変わるときでもあります。「猪突猛進」とも言いますが、まっすぐ突き進むことだけを考えるのではなく、左右をしっかり見て進むように心がけてください。」と話してました。

 

時代が変わるとき…

 

確かに、今年の4月に新しい元号になります。新しい時代の幕開けです。私も目標を立てて、その目標を達成するにはどうすればいいのかを考え行動していきたいと思います。

 


さて、ここで歯の基礎知識

歯のやくわりについて考えてください。後回しにされがちの歯の治療ですが、その意識変えましょう!

歯は健康に深く関わっています。
歯や歯肉が健康で、ものがよく噛めれば胃や腸に負担をかけずに、身体に栄養を行き渡らせることができます。
また、会話がスムーズにできるのも歯がそろっているから、きれいな発音ができるのです。
なにより、歯がないと美味しい食事ができません。
口腔内が健康であれば、歯ざわりや歯ごたえを楽しみ、味覚を豊かに保つことができます。
歯があるお陰で豊かな表情を作ることができます。
このように、歯の働きはさまざまで、健康的な生活をするうえで欠かせないものなのです。
健康な歯でいるために、 定期的な歯科健診からはじめてみましょう。

本年も皆様の歯の健康について、より丁寧・より安全な診療を心掛けていきたいと思います。
この新しい年が皆様にとって、より良き年でありますよう心から祈念致します。

また本年も原田歯科クリニック、ドクター・スタッフ共々宜しくお願い致します。

*************

m3181-10215-115050139[田邉様]

 

 

 

 

葉市若葉区桜木2-16-24
原田歯科クリニック 田邉
📞
043-232-9988

help@uhappy.tv
🌳
https://harada-clinic.com/

★Instagram
https://www.instagram.com/harada_dentalclinic/

★facebook
https://www.facebook.com/harada.dc/

★youtube
https://www.youtube.com/user/puresmilehappiness/

harada_0094

【年末年始の休診日】休日中に歯が痛くなったら

今年もあと13日。2018年もあっと言う間でした。総括にはまだ少し早い気もしますが、皆さんはどんな一年でしたか。平成最後の大晦日にお正月を笑顔で迎えられますように!


⭕️本年の最終診療日
12月29日(土)午前までとなり、
12月30日(日)~1月3日(木)
までは休診となります
よろしくお願いします。


⭕️休日中に歯が痛くなったら
【休日歯科診療】
千葉市総合保険医療センター
📞043-238-9911

診療日 日曜、祝祭日、及び年末、年始
受付時間 8:30~11:30 13:00~16:30
診療時間 9:00~17:00
お問い合わせ 043-238-9911 ※電話での医療相談は行っていません
お持ち頂くもの
  1. 健康保険証
    (各種受給者証・乳幼児医療費助成受給券をお持ちの方は一緒に持参)
  2. 診療代金
  3. 薬(服用している方のみ)
  4. お薬手帳(お持ちの方)

 

 

※一般社団法人歯科医師会のHPから上記お借りしました。
 6813

 

 

*************

千葉市若葉区桜木2-16-24
原田歯科クリニック 田邉
📞
043-232-9988

help@uhappy.tv
🌳
https://harada-clinic.com/

★Instagram
https://www.instagram.com/harada_dentalclinic/

★facebook
https://www.facebook.com/harada.dc/

★youtube
https://www.youtube.com/user/puresmilehappiness/

 

どうぞ、よいお年をお迎えください。

歯ブラシ、最後に替えたのはいつ?風邪対策の新常識

51E4ybjsyaL._SX338_BO1,204,203,200_ 朝晩、急に冷え込むようになってきました。読書の秋というわけで、話題の【人魚が眠る家】、読みました。

「脳死」「臓器提供」といった重いテーマを扱った小説です。
出だしから引き込まれるし、ストーリー展開のテンポもいい。東野さんの好きな小説の中で、ここまで面白かったのは白夜行、OUT以来です。なのでスラスラとページが進み、続きが気になって、夜も寝ずに読んでしまいました。
いつ誰がこの「脳死」といった問題にぶつかるかもしれないし、自分だったらどうだろうと考えながら読みました。重い内容だけれど、とても感動したし、読み終わってから、しばらく呆然としてしまいました。おススメの一冊です。

*************

 


今朝はとっても寒かった。空気が乾燥して風邪を引きやすい季節でもあります。風邪予防と聞いて思い浮かぶのは「手洗い・うがい」です。

手洗い、うがいに続いて予防に有効なのが“歯ブラシ”なんです。その歯ブラシですが、最後に替えたのはいつか覚えてますか?

「そんなの憶えてないなぁ」「半年か1年くらい経ってるかなぁ…」

そんなあなた!すぐに新しい歯ブラシに交換したほうがいいですよ。

1日に何回も歯を磨いているあなたの歯ブラシは、何千何万もの微生物や細菌のたまり場になっています。

お口の中には約300種類の細菌が生息していると言われています。

その細菌をこすりとっているのが歯ブラシですから、細菌の溜まり場になってしまうのも当然ですよね。

歯ブラシに生息する細菌 「幸い、歯ブラシに生息する細菌は、人の口の中に常にいる(“常在菌”といいます)あまり攻撃的な細菌ではありません。

しかし、中には危害を加えるものもいるんです。

例えば……

風邪やインフルエンザの病原菌やウイルス 、風邪などを引き起こすヘルぺスウイルス ・耳や鼻、のどに影響をきたすブドウ球菌 、カンジダ菌というカビの一種(口の粘膜の病気、むし歯、歯周病などに関わる) 。歯周病を起こす細菌 こんな菌やウイルスが歯ブラシに付いていることも知らずに、お口の中に入れていたら……。

これらの細菌やウイルスから自分の身を守るためにできること。

それは、歯ブラシを新しいものに頻繁に替えることです。1ヶ月に1本を目安に歯ブラシを交換すると、清潔な上にプラーク除去の効率がとってもいいのです。

清潔なお口と清潔な歯ブラシ! これ、インフルエンザ・風邪対策の新常識です!

 

千葉市若葉区桜木2-16-24
原田歯科クリニック
田邉
043-232-9988
m3181-10215-115050139[田邉様]
▼instagram
▼Mail
help@uhappy.tv
▼HP

スポーツの秋です。マウスガードを歯医者さんで作ってもらおう!

IMG_0027
先日、結婚式に出席してきました。
ここ最近、参列してきた中では珍しく神前式でした。
綿帽子と白無垢を身にまとった花嫁さんがとてもきれいでした。
お式の中での三々九度は、お神酒を一つの器で交互に飲むことで固い絆を結び一生苦楽を共にする誓いを意味するそうです。
一口目は神へ、二口目は家族へ、三口目はゲストへの感謝と誓いがこめられていると聞きました。
厳かな雰囲気の中で行われた式にとても感動しました。

さて、ここで話しは打って変わって、このブログタイトルのお話です。
日に日に秋も深まってきました。
読書の秋、食欲の秋、そしてスポーツの秋ともいいますね。
そのスポーツにはケガがつきものです。
 gaisyou (2)特に動きの速いスポーツや接触の多いスポーツでは、顎顔面領域へのケガの発生率が高くなります。
これらの外傷を保護する装具としてマウスガード(マウスピース)があります。
近年は、アスリート、各スポーツの愛好家や、子ども達の歯をスポーツ外傷から守るためにマウスガードの需要が増えています。

【危険度の高いスポーツ】

ボクシング・ラグビー・アメリカンフットボール・サッカー・ラクロス・ハングライダー・アイスホッケー・ハングライダー・柔道・空手・相撲・マウンテンバイクなど

【中度の危険度スポーツ】

バスケットボール・ハンドボール・スケート・スキー・スノーボード・野球・体操・乗馬・スカッシュなど

【身体バランスを重視するスポーツ】

弓道・アーチェリー・射撃・ゴルフ・オートレース・パワーリフティング・重量挙げ

マウスガードの効果

1.歯のケガを防ぐ 

歯の衝撃を吸収する

2.唇、頬、舌のケガを防ぐ 

誤ってかんでしまうのを防ぐ

3.顎骨や顎関節のケガを防ぐ 

骨や顎関節部への衝撃を吸収する

4.頭頸部のケガを軽くする

頭頸部への衝撃を緩和する

5.安心感が増える

守られているので、思いっきりプレーができる

6.運動パフォーマンスの向上

かみ合わせが安定、バランスや筋力がアップする

7.経済的効果 

けがをした歯の治療は時間もお金もかかります

永久歯が破折、または脱臼などでケガをしたとき、最悪の場合はその歯を失ってしまうこともあります。
このようなことは、未然に防ぐこともできます。
マウスガードはスポーツ用品店で購入して自分で作るタイプもあります。
また、オーダーメイドでピッタリのものを歯科医院で作れます。
個人の歯型で製作するので、密着して大きい口をあけても外れることもありません。
また、呼吸や発音の違和感も少なくなります。
オーダーメイドで製作し、歯の外傷を予防することをおすすめします。
harada_0090
千葉市若葉区桜木2-16-24
原田歯科クリニック
田邉
043-232-9988
▼Mail
help@uhappy.tv

人間の身体の中で一番硬い組織【千葉市の歯科スタッフが教えちゃいます】

ココ最近、急な朝晩の冷え込みで、ちゃっかり暖房を入れています。

今の時期、着るものに悩んでしまって…服はあるけど着る服がない(泣)雑誌やお店ではセーターやモフモフのあったかコートなどを見かけるようになりました。あっと言う間ですね~、まもなくクリスマスシーズン到来。キラキラ煌く時期がやってきますね。

 


ここで歯の雑学です。

「ダイヤモンドで歯を削る?!」

ダイヤモンドは、この世の中で最も硬い物質としても知られています。
だから工業用に合成されたダイヤモンドは、ガラスの切断など、いろいろな切削器具に利用されています。

歯科医師が、歯を削るにも、ダイヤモンドを使っています。
これは歯の表面をおおっているエナメル質が、ダイヤモンドと同じくらい硬いからなんですね。

硬い歯のお陰で、私たちは日常生活において様々な形態の食品を自在に摂取することができるわけです。


ダイヤモンドじゃないと削れない、硬いエナメル質ですが、ちゃんと形成されずに生えてくることがあります。

 

乳歯と一部の永久歯(前歯と6歳臼歯)は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる間から作られるんです。

胎生7週頃から歯が作られ始め、胎生14週頃から石灰化が始まります。

ところが、この歯が形成される時期に、何らかの原因でエナメル質がうまく形成されないことがあります。

このエナメル質の形成障害により、エナメル質の下の象牙質が露出して茶色や黄色の歯が生えてくることがあるんです(エナメル質形成不全)。

エナメル質形成不全

特に奥歯上下4本、前歯に多くみられ、10人に1人もしくは5人に1人という高い割合でおきています。

エナメル質形成不全の歯は、ブラッシングと定期的なフッ素塗布でむし歯を予防することが大切ですが、見た目が悪くむし歯にかかりやすいので、必要に応じてむし歯と同じ処置を行うこともあります。

象牙質が露出して茶色や黄色の歯が生えてきたら、歯医者さんでみてもらいましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

043-232-9988

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

田邉

m3181-10215-115050139[田邉様]

 

 

 

 

▼HP

http://www.harada-clinic.com/

▼Instagram

https://www.instagram.com/harada_dentalclinic/

 

 

排水溝のぬめりが口の中にもあるなんて!その名は「バイオフィルム」

いつまで、子どもの仕上げ磨きをしてあげればいいのか、お父さんやお母さんは考えたことはありますか。

「自分の字も上手に書けない間は、まだひとりで歯ブラシは無理ね。」と、小児歯科のドクターに言われたことがあります。

手先が器用に動かない間は、歯ブラシを細かく動かして1本ずつ磨くなんてことは難しくて無理なんですよね。なので、大きくなったからと言って本人任せにすると、結局磨けなくて歯肉炎になっていたり、磨き残しが原因でむし歯にもなるし、口臭の原因にもなるんです。

これは、大人にもいえること。毎日欠かせない歯ブラシですが、歯磨きだけではなかなか落とせない歯の汚れがあるんです。

それが、「バイオフィルム」。

その汚れを、歯医者さんで歯科衛生士が特別な機器を用いて落とします。そのクリーニングをうけることで、むし歯の予防はもちろん、歯の見た目も美しくする効果が期待できます。

毎日丁寧に歯を磨いていても、100%汚れを落とすことはできません。歯磨きで落とすことができるのは、約90%。これが限界だと言われています。

残った10%の汚れが、「バイオフィルム」。その付着力はかなり強力です。自分で取り除くことはほぼ不可能です。

このバイオフィルムは、1日あたり80倍~800倍に増殖すると言われています。

実は、排水溝のぬるぬるや、水の入ってた花瓶の内側、浴槽表面など、私たちの身の回りにはたくさんのバイオフィルムが存在しているんです。

あなたのお口の中にも、このような、ぬるぬるした細菌のかたまり「バイオフィルム」が、歯の表面や歯周ポケットにへばりついています。

毎日の歯磨きに加えて、歯医者さんで定期的にクリーニングを行うことによって、お口の衛生状態を保ち、むし歯を予防をすることができます。

歯医者さんで行うクリーニングは、
磨き残しによる口臭の予防、フッ素の塗布による歯垢の付着防止、歯質の強化、見た目の良さなど、さまざまな効果ももたらすことが可能です。

IMG_1463

最近歯医者さんに行ってないなという方は、健診も兼ねてクリーニングにいきましょう。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

田邉

m3181-10215-115050139[田邉様]

 

 

 

 

▼HP

http://www.harada-clinic.com/

▼Instagram

https://www.instagram.com/harada_dentalclinic/