話題の『菌活』で口腔内フローラを整えよう!

こんにちは。歯科衛生士の沼田です。
暖かくなってきて、洋服を選ぶのが楽しいです♡
新人スタッフが増えました。よろしくお願いします!

***************

『菌活』と聞くと何を連想しますか?
1番有名なのは「腸内フローラ」で有名な腸活ですよね。「腸内フローラ」とは腸内に住んでいる1000種以上もある細菌のバランスを整え、腸内環境を良い状態にしていることです。

腸内フローラが悪化すると、体のあちこちの臓器や脳にまでも悪影響を与えることがわかっています。腸内フローラの悪化が引き起こす病気としては、ガンなどの悪性疾患や糖尿病などの糖代謝疾患、認知症やアレルギーなどに影響を及ぼす、という報告もあるそうです。

腸と同じようにお口の中にも細菌フローラを持っており、人の健康に大きな影響を与える要因として注目されています。これを「口腔内フローラ」といいます。

実はこの腸内フローラと口腔内フローラ、臓器としては離れていますが密接に関連し合っています。例えば、口腔内フローラの状態が悪玉菌が優勢で歯周病を発症すると、その菌が増え口から消化管の方に流れ、胃で殺菌されず生き残って腸へたどり着き、腸内フローラのバランスを崩してしまうことがあるそうです。

つまり、適切な口腔ケアをして口腔内フローラを整えておくと、腸内フローラの悪化を防ぐ。それによって、健康な状態を維持して健康寿命を延ばす、という好循環が生まれるというわけです。

そのためにはどうしたらよいか?

・歯磨き、オーラルケアをきちんと行うこと
日々の正しい歯磨きはもちろん、デンタルや歯間ブラシを使用して、プラークをしっかりとりのぞいておくことが大事です!

・歯科医院での定期的なケアを受ける
定期的に歯石や汚れをとりのぞいてもらうことで、歯周病の悪化を防ぎ細菌の増殖を防ぎます。

・食事面にも工夫を
口腔内フローラを整えるのは、唾液の分泌をも大事なことです。咀嚼の回数が増える野菜など、歯ごたえのある食べ物を摂るのも重要です。

また、口腔内環境を整えるために、積極的に摂取するといいものがあります。

<カテキン>
緑茶に含まれるポリフェノール一種で、プラークの付着を抑え、抗菌作用があることが知られています。

<ラクトフェリン>
母乳・涙・汗・唾液などの外分泌液中に含まれるたんぱく質の一種で天然の抗菌剤と呼ばれています。細菌やウイルスから守る働きを持ち、口腔環境改善においてもその機能を発揮します。サプリメントもあります。

<乳酸菌やビフィズス菌>
腸内フローラで善玉菌として知られている乳酸菌やビフィズス菌は、口腔環境改善においても有効です。有効な菌類を含む発酵食品を摂取することも、腸内・口腔内環境の清浄化に役立ちます。

今回は2つの『菌活』についてご紹介いたしました。口腔内、腸内フローラを整えるのは日々の努力と、歯医者さんでのケアが欠かせません。
原田歯科クリニックもお手伝いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Hello. I’m Numata, a dental hygienist.
It’s getting warmer and it’s fun to choose clothes ♡
The number of new staff has increased. Thank you!

***************

What do you associate with “fungal activity”?
The most famous is the intestinal activity, which is famous for “intestinal flora”. “Intestinal flora” is to balance the more than 1000 species of bacteria living in the intestine and to improve the intestinal environment.

Deterioration of the intestinal flora has been shown to have adverse effects on various organs and even the brain. It is reported that the diseases caused by the deterioration of the intestinal flora affect malignant diseases such as cancer, glucose metabolism diseases such as diabetes, dementia and allergies.

Like the intestines, it has a bacterial flora in the mouth, and it is attracting attention as a factor that has a great impact on human health. This is called “oral flora”.

Actually, this intestinal flora and oral flora are separated from each other as organs, but they are closely related to each other. For example, when bad bacteria predominate in the oral flora and develop periodontal disease, the bacteria increase and flow from the mouth to the digestive tract, survive without being sterilized in the stomach, and reach the intestine to balance the intestinal flora. It seems that it may be destroyed.

In other words, proper oral care and preparation of the oral flora will prevent the intestinal flora from deteriorating. This creates a virtuous cycle of maintaining a healthy state and extending healthy life expectancy.

What should I do to do that?

・ Properly brush your teeth and take oral care
It is important not only to brush your teeth properly every day, but also to use a dental or interdental brush to thoroughly remove plaque!

・ Get regular care at the dentist’s office
By having tartar and dirt removed on a regular basis, you can prevent the worsening of periodontal disease and prevent the growth of bacteria.

・ Ingenuity in terms of meals
It is also important to produce saliva to regulate the oral flora. It is also important to eat chewy foods, such as vegetables that are chewed more often.

In addition, there are some that should be taken positively to improve the oral environment.

A type of polyphenol contained in green tea, it is known to suppress plaque adhesion and have an antibacterial effect.

It is a type of protein contained in exocrine fluids such as breast milk, tears, sweat, and saliva, and is called a natural antibacterial agent. It has the function of protecting from bacteria and viruses, and also exerts its function in improving the oral environment. There are also supplements.

Lactobacillus and bifidus, which are known as good bacteria in the intestinal flora, are also effective in improving the oral environment. Ingesting fermented foods containing effective fungi also helps cleanse the intestinal and oral environment.

This time, we have introduced two “fungal activities”. Daily efforts and care by a dentist are indispensable to prepare the oral and intestinal flora.
Harada Dental Clinic will also help you ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

你好。我是牙科保健員Numata。
天氣越來越暖和選擇衣服很有趣♡
新員工人數增加了。謝謝!

***************

您與“真菌活動”有什麼關聯?
最著名的是腸道活動,以“腸道菌群”而聞名。 “腸道菌群”是為了平衡生活在腸道中的1000多種細菌並改善腸道環境。

腸道菌群的惡化已顯示出對各種器官甚至腦部都有不利影響。據報導,由腸道菌群惡化引起的疾病影響惡性疾病,例如癌症,葡萄糖代謝疾病,例如糖尿病,癡呆和過敏。

像小腸一樣,它在口腔中也有細菌菌群,並且作為對人類健康有重大影響的因素而引起了人們的關注。這被稱為“口腔菌群”。

實際上,該腸道菌群和口腔菌群是作為器官彼此分開的,但是它們彼此密切相關。例如,當有害細菌在口腔菌群中占主導地位並發展為牙周病時,細菌會增加並從口腔流向消化道,在沒有在胃中滅菌的情況下存活並到達腸道,從而平衡了腸道菌群。可能被摧毀。

換句話說,適當的口腔護理和口腔菌群的準備將防止腸道菌群惡化。這創造了維持健康狀態和延長健康預期壽命的良性循環。

我該怎麼做?

・正確刷牙並進行口腔護理
重要的是不僅要每天正確刷牙,而且要使用牙齒或齒間刷徹底清除牙菌斑!

・在牙醫辦公室定期護理
通過定期清除牙垢和污垢,可以防止牙周疾病惡化並防止細菌生長。

・飲食方面的獨創性
產生唾液以調節口腔菌群也很重要。吃耐嚼的食物也很重要,例如經常咀嚼的蔬菜。

另外,應該積極採取一些措施來改善口腔環境。

綠茶中含有的一種多酚,已知抑制菌斑附著並具有抗菌作用。

它是外分泌液(如母乳,眼淚,汗水和唾液)中所含的一種蛋白質,被稱為天然抗菌劑。它具有防止細菌和病毒的功能,並且還可以改善口腔環境。也有補品。

乳酸菌和雙歧桿菌,被認為是腸道菌群中的好細菌,對改善口腔環境也有效。攝入含有有效真菌的發酵食品也有助於清潔腸道和口腔環境。

這次,我們介紹了兩個“真菌活動”。牙醫的日常工作和護理對於準備口腔和腸道菌群是必不可少的。
原田牙科診所也將為您提供幫助♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒264-0028
千葉市若葉区桜木2-16-24
医療法人社団ピュアスマイル
原田歯科クリニック( 桜木消防署近く )

TEL 043-232-9988
メールアドレス:help@uhappy.tv
からお問い合わせを受け付けております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

264 – 0028
2-16-24 Wakaba-ku Sakuragi Chiba-shi
Medical Corporation Corporate Pure Smile Harada Dental Clinic
(near Sakuragi Fire Department)
TEL 043-232-9988
Email address: help@uhappy.tv
We are delighted to accept inquiries from you.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

264-0028
千叶市若葉区桜木2-16-24原田牙科诊所(樱花消防局附近)
电话043-232-9988
电子邮件地址:help@uhappy.tv
我们接受来自的询问。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

264-0028
千葉市若葉區桜木2-16-24原田牙科診所(櫻花消防局附近)
電話043-232-9988
電子郵件地址:help@uhappy.tv
我們接受來自的詢問。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉県発の新たな挑戦!8029運動とは?

こんにちは。歯科衛生士の川崎です。
長女が卒園しました。4月から小学生。私の方がドキドキ…。
三女も4月から幼稚園に入ります!
一緒に遊んでいただいたお友達、ありがとうございました。

………………………………………………………………

先月のブログで、国と日本歯科医師会が推進している『8020(ハチマルニイマル)運動』というのをご紹介しました。「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」
という運動でしたね。

今回ご紹介するのは、『8029(ハチマル肉)運動』です!
これは、約30年前に発足した8020運動によって、8020達成者が50%を超えてきたのを受け、千葉県歯科医師会が主体となって発信している新たな挑戦です。チーバくんがお肉を持っているポスターをどこかで見かけた事がありませんか?

このスローガン、ダジャレが入っていてユニークですよね。
さて、どのような思いから出来たのでしょうか?

それは、おいしく楽しく肉を食べている80歳をイメージして、
「80歳になっても肉や魚、卵なども含めた良質なタンパク質全般を摂取できるようにして、筋肉を維持し健康を維持しよう」
という思いが込められています。

運動機能や認知機能の低下、慢性疾患などの影響でご高齢の方の心身が虚弱となった状態で要介護の前段階の事を『フレイル』と言います。

フレイルには、
・社会的(閉じこもり)
・精神的(意欲低下、うつ)
・身体的(低栄養、口の機能低下、転倒の増加)
などの要因が関係しています。

お口の健康を保っておくと、バランス良くあらゆる栄養を食べられるので、フレイルの予防になるということなんですね。

たとえ、歯を失くしてしまったとしても、今の時代は安全なインプラントもあるし、上質な入れ歯もあります。あらゆる方法で8029運動を達成できるよう、原田歯科クリニックでは患者さまに合った治療プランをご提案しております。

「いつまでも美味しく肉を食べるために」

一緒にお口の健康を守りましょう!

………………………………………………………………

Hello. I’m Kawasaki, a dental hygienist.
The eldest daughter graduated. Elementary school students from April. I’m more excited …
The third daughter will also enter kindergarten from April!
Thank you to your friends for playing with us.

In last month’s blog, I introduced the “8020 (Hachimaru Niimaru) Movement” promoted by the government and the Japan Dental Association. “Keep more than 20 teeth even at the age of 80”
It was an exercise.

Introducing this time is the “8029 (Hachimaru Meat) Movement”!
This is a new challenge that the Chiba Dental Association is taking the lead in, as the number of people who have achieved 8020 has exceeded 50% due to the 8020 movement that was launched about 30 years ago. Have you ever seen a poster where Chiba-kun has meat?

This slogan, pun, is unique, isn’t it?
What kind of thought did you come up with?

It is based on the image of 80 years old who is eating meat deliciously and happily.
“Let’s maintain muscle and health by making it possible to ingest high-quality protein in general, including meat, fish, and eggs, even at the age of 80.”
The thought is put.

The pre-stage of long-term care is called “frailty” when the mind and body of the elderly are weakened due to the effects of decreased motor function and cognitive function, chronic illness, etc.

For frail,
・ Social (withdrawal)
・ Mental (decreased motivation, depression)
・ Physical (undernutrition, decreased mouth function, increased falls)
Factors such as are related.

If you keep your mouth healthy, you will be able to eat all kinds of nutrition in a well-balanced manner, which will prevent frailty syndrome.

Even if you lose your teeth, there are safe implants and good dentures nowadays. Harada Dental Clinic proposes a treatment plan that suits the patient so that the 8029 exercise can be achieved in every way.

“To eat meat deliciously forever”

Let’s protect your oral health together!

………………………………………………………………

你好。我是牙科保健師川崎。
大女兒畢業了。從四月開始的小學生。我更興奮…
第三個女兒也將從4月開始上幼兒園!
感謝您與我們一起玩的朋友。

在上個月的博客中,我介紹了由政府和日本牙科協會推動的“ 8020(Hachimaru Niimaru)運動”。 “即使在80歲時也要保持20顆以上的牙齒”
這是一種練習。

這次介紹的是“ 8029(Hachimaru肉)運動”!
這是千葉牙科協會牽頭的一項新挑戰,因為大約30年前發起的8020運動使8020年實現的人數已超過50%。您有沒有看過千葉郡有肉的海報?

雙關語是唯一的口號,不是嗎?
你想出了什麼主意?

它基於80歲可口和快樂地吃肉的形象。
“讓我們即使在80歲時也可以攝取高質量的蛋白質,包括肉,魚和蛋,從而維持肌肉和健康。”
思想被提出。

當老年人由於運動功能下降,認知功能下降和慢性病而身體和精神上虛弱時,長期護理的前期階段被稱為“虛弱”。

對於虛弱的人
・社會(提款)
・精神(動力下降,沮喪)
・身體(營養不良,口功能下降,跌倒增加)
諸如此類的因素是相關的。

如果保持口腔健康,您將能夠均衡地吃完各種營養,這可以預防脆弱綜合症。

即使您掉了牙,如今也有安全的植入物和良好的假牙。原田牙科診所提出了適合患者的治療計劃,以便可以通過各種方式實現8029運動。

“永遠美味地吃肉”

讓我們共同保護您的口腔健康!

………………………………………………………………
〒264-0028
千葉市若葉区桜木2-16-24
医療法人社団ピュアスマイル
原田歯科クリニック( 桜木消防署近く )

TEL 043-232-9988
メールアドレス:help@uhappy.tv
からお問い合わせを受け付けております。

………………………………………………………………
264 – 0028
2-16-24 Wakaba-ku Sakuragi Chiba-shi
Medical Corporation Corporate Pure Smile Harada Dental Clinic
(near Sakuragi Fire Department)
TEL 043-232-9988
Email address: help@uhappy.tv
We are delighted to accept inquiries from you.

………………………………………………………………
264-0028
千叶市若葉区桜木2-16-24原田牙科诊所(樱花消防局附近)
电话043-232-9988
电子邮件地址:help@uhappy.tv
我们接受来自的询问。

………………………………………………………………
264-0028
千葉市若葉區桜木2-16-24原田牙科診所(櫻花消防局附近)
電話043-232-9988
電子郵件地址:help@uhappy.tv
我們接受來自的詢問。
………………………………………………………………