思いっきり食いしばった綱引きで負傷

「天高く馬肥ゆる秋」

すっかり秋めいてきましたね。お彼岸も明けて、朝晩の空気もひんやりしてきました。季節の変わり目ですので体調管理に注意したいですね。

先日、子どもの運動会が行われました。ところが、当日の朝、学校からのメールで「雨のため延期になりました。」と中止を知らされました。

このメールには、愕然。もぅ作り始めてたのに…。結局、お弁当を二回作ることになりました。これ、結構キツイんですよ(泣)でも、ここはグッと堪えて、これはこれで美味しく食べよう!と気持ちを切り替えました。

そして本番の日、皆の喜ぶ顔を想像しながら頑張って作りました!

IMG_9846

喜んで食べてくれたので、感無量です。

 

 

 

張り切って出場したのは、大人だけの綱引きです。これまた全力で引いちゃいました(笑)その結果、たかが綱引きで、終わってからアチコチに痛みが生じてボロボロです。全力で引っ張ったとき、歯も思いっきり食いしばってたせいか顎や首も痛い…。なんとも情けない…。

その後の天気もプログラムも順調に運び、笑顔溢れる運動会になりました。

ここで、ちょっと噛み合わせのはなしをします。

噛み合わせが悪いと、食べ物を噛むことや、口を開け閉めするときに左右のバランスが悪くなります。

顎のゆがみから、骨のゆがみとなり、そのままで生活していくと、左右の重心がズレた状態でバランスを維持することになります。

体の左右のバランスが良ければ、重い頭部を問題なく支えられます。

それが、肩や腰などに負担がかかり、首の痛み、肩こりや腰痛などに影響がでてくるのです。

やがて、全身のゆがみとなり、脊髄、股関節等にも影響し、腰や膝などの関節の痛みにつながるのです。

全身がゆがめば、筋肉のつき方もバランスが崩れます。

バランスの崩れをカバーするために、一部の筋肉は過度の緊張状態が続いて負担になり、痛くなるのです。

この状態が長くつづけば、全身の筋肉のバランスが崩れます。

噛み合わせ自体に問題があるのであれば、歯並びを整えなくてはなりません。
これは、自力でどうにかなるものではないので、歯医者さんに相談し、歯列矯正などで噛み合わせを正していきましょう。

噛み合わせ…とても大切です。

今後のためにも、自分の噛み合わせを一度見てもらったほうが良さそうです。身体の痛みは車の乗り降りも困難なほど。湿布を貼って凌いでいます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〒264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

田邉

http://www.harada-clinic.com/