堀ちえみさんの件からか口腔がんの方が来院、なぜ30年も前のことしかシェアしないのか?

堀ちえみさんの口腔がん公表の件はとてもショックでした。

このことで世間の人が口腔がんに着目するようになったのか、口腔がんの方がいらっしゃいました。

すぐに口腔外科を紹介しました。

歯科の業界にいる人はもっと本当の原因を一般の人に啓蒙すべきです。

というのは、国内のいくつかの記事では、口腔がんになる原因として タバコ、飲酒、むし歯などで歯がとがっている所が舌や頬粘膜に長期間当たって刺激になっている、合わない入れ歯で粘膜がこすられた程度しか原因が記載されていない。

もっと大事な本当の原因が記載されていない。

タバコ、飲酒、むし歯などで歯がとがっている所が長期間当たっている、合わない入れ歯が口腔がんの原因 などというのは、1980年代に私が歯科大学の学生だったときに習った知識です。

しかし、喫煙者が減っているのに口腔がんが増えている、

30代、20代、10代でも発生している。

他のがん(胃がん、肺がんなど)は減っている。

これはどう説明するのか?

原因のことはさておいて、

これを機会に歯科医院での定期健診がとても大事なことを啓蒙すべきと考えます。

口腔がんというのは、内臓のがんと違って、外から見えるところに発症します。

3か月ごとに定期健診で歯科医院に行っていれば、万一口腔がんになったとしても早期に発見、対処できます。

日本のサイトでは、口腔がんで検索しても 当たり障りのないことしか書いていない。

海外のサイトで、oral cancer で検索すると もっと具体的なことが書いてある。

・例えば、口腔がんと年齢について。

https://bit.ly/2DXwEfD

これを見ると口腔がんは、確かに50代以降に多く発症していることがわかります。

しかし、20代、30代、さらには10代でも発症しているのはなぜ?

・別のサイトでは14日たっても治らないなら口腔がんを疑え など

具体的な対応について明記しています。

https://oralcancerfoundation.org/facts/

また、海外のサイトでは すべて口腔がんの原因として HPV(ヒトパピローマウイルス)のことを書いてあります。

それに比べて日本のサイトはどうか?

・九州大学病院 がんセンターのサイトには HPV のことすら書いてありません。

https://bit.ly/2TYGLb5

MEDI note というサイトでは喫煙とタバコ以外は不明と書いてある(アホか?)

https://bit.ly/2vnW1pV

・繰り返しますが、海外の一般向けサイトでは、必ず HPV が原因と書いてある

https://bit.ly/2Ekc5LU

ここには、食生活のこと、35年以上アルコール入りのうがい薬を使っていると口腔がんのリスクが高くなるといったことも書いてある。

また、栄養や食事、口腔清掃のことも書いてあります。

https://wb.md/2Gvlwq4

・海外のサイトでは oral sex が原因と明記されている:日本のサイトではこれについて全くといってよいほど触れていない。

なぜタブー視する?

https://bit.ly/2E3aCrQ

・繰り返しますが、海外のサイトでは例外なく HPV のことが書いてありますし、予防方法としてワクチン接種のことも記載しています。

https://mayocl.in/2BasWAF

・日本口腔外科学会のウェブサイトの口腔がんのところには一応

HPV のことは書いてあるが、具体的に HPV はどのように感染するかの記載はありません。

https://www.jsoms.or.jp/public/soudan/selfcheck/

・日本のサイトでは、ここにHPV のことが一般の人に対して記載されているが、口腔がんについてはサラッと記載されているだけ。

ただし、HPV ワクチンについて言及しているのは画期的です。

https://bit.ly/2IryPxL

・日本の歯科医師が SNS に投稿しているものを見ると、治療法だとか、口腔がん健診だとか、自分が口腔外科に在籍していたときの研究のことが目立ちます。

もっと HPV のことに注目してもらうべきです。

千葉市でも口腔がん健診に力を入れています。

もちろん、健診は大事なことですし、万一罹患した場合に早期に治療することは大事です。

しかし、どんな病気でも予防することのほうがはるかに大事です。

2010年に米国で開催された審美歯科のコンベンション、学術大会に参加しました。

審美歯科の勉強の場なのに、そこで口腔がんの話が出てきました。

そこでは、かつては中高年の病気だった口腔がんが 若年者に広がっている。その原因はヒトパピローマウイルス(HPV)であると明言していました。

こうしたことを日本の歯科医師で声高に伝えている人はほとんどいないので、私達がきちんと伝えるべきと考えます。

例えば、35年以上アルコール入りのうがい薬を使っていると口腔がんのリスクが高くなるという研究があると記載しました。

つまり、アルコールにせよ、タバコにせよ、10年、20年、30年という長期間の使用により、口腔がんのリスクが高まるのです。

20代の人が1年間タバコを吸ったら、すぐに口腔がんになるというものではないことは容易に想像できます。

つまり20代、30代、さらには10代でも口腔がんを発症しているということは、アルコールやタバコ以外の原因があるということです。

さらに、アルコール単独、タバコ単独だけよりもアルコール プラス タバコ さらには口の中が不潔、さらには HPV 感染もある 、きちんと栄養を摂取していないとなれば口腔がんのリスクはさらに高まるでしょう。

とにかく 2週間以上改善しない口内炎は専門医 ( 口腔外科医のことです )による診断が必要です。

リューマチの専門医ではわかりません。

口腔がんの手術をすると、顔面や舌を大きく切除されることがあり、

機能的、審美的、社会的に大きなハンデを負うことになります。

歯学部の学生のときにこうした患者さんを見ましたが、

本当に大変だと思いました。

大事なことなので繰り返しますが、定期健診に力を入れている歯科医院で3か月ごとに定期健診を受けることはとても大事です。

そうした医院では単にむし歯や歯周病だけでなく、口の中の粘膜もチェックしてくれます。

とにかく予防することが非常に大事なのです。

………………………………………………………………

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会(せいじかい)
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

TEL 043-232-9988

メールアドレス:help@uhappy.tv

からお問い合わせを受け付けております。

………………………………………………………………

#口腔がん #HPV #舌がん #口唇がん #歯肉がん #堀ちえみ

#ヒトパピローマウイルス

悩むなら昼間に悩みなさい。夜に悩んではいけない!

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

先日、上顎インプラントに関連して

上顎洞粘膜挙上術 つまり、

サイナスリフトに関する勉強会に出てきました。

その内容も素晴らしかったのですが、

講師の口腔外科医のちょっとしたひと言が刺さりました。

それは、夜に悩んではいけない、悩むなら昼にしろ!というものです。

その理由は、夜は副交感神経が優位になるので、

その状態で悩むと鬱になりがちである、

夜は体も脳も休息モードに入るのでゆっくり休んで

早くたっぷり寝るほうが良い、

悩むなら昼間に悩みなさい というものでした。

なるほど と思いました。

みんな悩むことによって成長するわけですが、

悩むのにも時間帯を選べということですね。

さて、その勉強会ではもうひとつ大切なお話がありました。

これは私自身が日頃感じており、スタッフにも伝えていたことなのですが、名人芸を目指すよりも再現性があることをしなさい、というものです。

有名な○○先生が言っていたからとか、

商業雑誌に載っていたから、この治療方法をやってみます、

もっとすごいのになると出入りしている業者さんから

この商品が良いよと言われたからというだけで

高額な商品を買ったり、治療に使ったりしている方が

残念ながらいらっしゃいます。

これでは、治療がうまくいかなかった場合、

患者さんはたまったものではありません。

千葉市の原田歯科クリニックは、いくつかの勉強会や

専門学会に所属しています。

しかし、特定の業者さんとだけ付き合ったり、

特定の方法しかやらないといったことはありません。

患者さんにメリットがあることでしたらば、

地域の中規模医院としてできることであれば、

特定の治療方法にこだわらず、安全性が確認されたもので

費用対効果が高いものはやっていこう というスタンスです。

こうしたことが勤務されている歯科医師の皆さまに周知されているせいか、クチコミ、紹介で歯科医師や歯科衛生士の皆さまが

原田歯科クリニックに見学にいらっしゃいます。

スタッフの成長にフォーカスしている医院です。

先ほどの お悩みの話の続きですが、

以前 千葉市歯科医師会で精神科医を呼んで講演していただいたことが

あります。

それは、近年増えているうつ病に関してでした。

彼の話で印象的だったのは、うつ病の患者さんで

お酒を飲むのをやめるだけで うつの症状が改善される方が

大勢いるそうです。

先ほどの話と組み合わせると、

夜にひとりで酒を飲んで悩むのは絶対に良い結果を生み出さないことに

なりそうですね。

電話、メールでのお問い合わせを歓迎します。

— 

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

(桜木消防署近く)

医療法人社団青慈会 原田歯科クリニック

原田幹夫

TEL 043-232-9988

Mail : help@uhappy.tv

野阪先生サイナスリフト講演2019JAN14IMG_5278

 

 

 

 

食べまくっても太らなくなった!

肝臓いじめヘパシル

10年前にアメリカに行ったときのことをシェアします。

現地でのステーキが美味しくて毎日食べまくってました。

その結果、たった1週間の滞在で体重が5キロ以上増えて

ズボンが入らなくなり、ウェストが太いズボンをいくつも買うことになりました。

これまでの人生で一番太った日々でした。

今から思えばこれはとても不健康なことでした。

その後このままではまずいと実感し、何とか元の体重に戻しました。

その後、健康のことを真剣に考えるようになり、

日本アンチエイジング歯科学会で認定医になり、

サプリメント・アドバイザーの資格も取りました。

そんな中でヘルスパックを毎日飲むようになりました。

それからは結構 暴飲暴食しても、代謝が良くなったせいか、

体重は増えることはありません。

しかし、これって普通に考えたらおかしいですよね。

普通は年を重ねるにつれて太ることが多いですよね。

中年太りという言葉があるわけですから。

何か特別な運動を続けているとかはありません。

毎週ジョギングすると決めましたが、夏は暑すぎるし、

冬は寒くて走ると風邪をひきそうだし、

花粉症の季節は走る気になれないし、

実際は1年間のうち、走ることができるのは

多分4分の1くらいです。

体重が増えないからといって もちろん病気とは無縁です。

では、何が違うのかと言えば、それはヘルスパックを飲み続けていることしかありません。

時々ヘルスパックは高いのでは?と言われます。

しかし、世の中に出回っている いい加減なサプリメントとは一線を画しています。

実際には成分表示されたものが入ってなかったり、

入っていても体に吸収されにくかったり、……

そんな中でもし同じ内容のものを日本の F社から買ったら

5万円以上するものをその半分以下で買えるのですし、

これで病気にならず医療費が節約できて

いつも明るく健康でいられるなら、全然お得です。

https://truehealth.jp/qa/via/smile/

これからもヘルスパックを飲み続けます。

#ヘルスパック #セルセンシャル #真の健康 #サプリメント

芸能人も離婚すると歯が悪くなる!?

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

今年は野球で大谷選手のスーパーマン的な活躍、イチロー選手のマリナーズ復帰などうれしいニュースが続いています。

テニスも錦織圭選手が少しずつ復活しており これからが楽しみです。

先日担当する中学校の学校歯科健診に行ってきました。

そこで考えたことがあったので、いくつかシェアします。

それは、むし歯や歯周病があって治療勧告を出しても全く歯科医院に行かず、

1年たつと口の中の状況がさらに悪化する生徒さんがいることです。

実はこのことは10年以上前からあります。

ただ、学校によってはむし歯や歯周病がとても少ないところがあるのです。

このことは単に生徒や親に啓蒙活動するだけでは改善されないと実感しています。

実は問題の解決方法は2つのタイプがあります。

(1)

ひとつは口の中を良い状態に持ってゆく環境を学校で作ってしまうこと。

例えばフィンランドでは、幼稚園や小学校の時から学校でむし歯予防効果があるキシリトールガムを渡して噛んでもらっているところがあります。

また、学校の中に歯科診療室があって、そこで定期的にフッ化物塗布を行っているところもあると聞きます。

日本でも中学校の中に水道の蛇口がたくさんある洗口コーナーがあって、昼食後そこで歯磨きする習慣のある学校もあります。

友達が歯を磨いているなら私も磨くという子もいますから、これは良い環境が良い歯を作る 良い例ですね。

(2)

もうひとつは、もっと根本的な課題です。

今回 245名の生徒の歯科健診を行いました。

学校の先生から聞いたのですが、

その中の約40名はシングルマザーの環境にあるそうです。

そしてむし歯だらけの生徒の多くは、このシングルマザーの家庭だそうです。

誤解のないように言いますが、シングルマザーの家庭でも歯の良い生徒はいっぱいいます。

あくまでも学校の先生から聞いた話です。

今、私が開業する千葉市では中学生以下の年齢であれば、歯科治療は家庭の所得によって1回につき 500円、300円、無料で受けることができます。

つまり、歯の悪い生徒が歯科治療に行かないのはお金がないからではありません。

意識の問題、特に保護者の意識の問題です。

たかが歯 と考えているのです。

意識が低い家庭に啓蒙活動を行って行動を変えてもらうのは容易なことではありません。

私が考えるのはもっと違うアプローチです。

それは、子供のうちからしっかりコミュニケーションの教育を行って、良い人間関係 リレーションシップを作れるようにする、

これを学校でやったらどうだ ということです。

もちろん、学校では数学や外国語、物理、化学、地理、歴史などを教えることは大事です。

ただ、それにプラスしてコミュニケーションの教育をもっとやったらどうだと提案します。

良い人間関係 リレーションシップを作れるようにし、チームで仕事をしたり、友達や配偶者と良い関係を作れるようにすることは 社会をおおいに活性化します。

そもそもパートナーとの関係だって失敗から学ぶ といったことを繰り返すのと、正しい方法を学び実践するのとでは出る成果は全く違います。

明治時代の寺子屋スタイルの教育の時代と違って、今ではコミュニケーション、リレーションシップの分野は大いに発達しているのですから。

例えば、男女の違いを学んでそれを理解し敬意を払うとか、

他の人を変えるのは難しいから、こちらの接し方を変えるなどを若いうちから学ぶのです。

VAK の違いによって接し方を変えるというのも若いうちから教えて良いと思います。

相手がビジュアルタイプなら、言葉で長い時間説明するよりも絵やイラストを描いて説明したほうが伝わりますね。

こうしたことは十分実現できると思います。

— 

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

(桜木消防署近く)

医療法人社団青慈会 原田歯科クリニック

原田幹夫

TEL 043-232-9988

Mail : help@uhappy.tv

噛む力が強すぎると早死にする!?

こんにちは

先日、3歳児の歯科健診をしてきました。

最近は保護者の皆さまも子供の歯に対する意識が高くなっていて、

熱心に質問される方もいました。

素晴らしいです。

きちんと定期的に歯科医院でチェックアップと

フッ化物塗布をされる方も増えています。

25年前に、フッ化物と聞いただけで拒否される方がいました。

しかし、時代は変わりましたね。

正しい情報提供は大切ですね。

海外の方もいらしてました。

英語で対応できて良かったです。

さて、噛む力が強すぎる人の対応には、ほとほと苦労します。

最近では噛む力が強く出過ぎないように、

臼歯で咬む筋肉(咬筋)の力を弱める目的で

ボトックス注射をしています。

臼歯の咬む力が強すぎると、

歯が壊れる、欠ける、根が折れるなど

ありとあらゆるトラブルが起きます。

最近はストレスが多い社会なのか

いつも噛みしめていて噛む力が尋常でないくらいに

強くなっている方が増えています。

こうした場合、

ボトックス注射を6か月ごとに行うことに

同意してくれない方には、

インプラントをしないことにしています。

ボトックス注射はとても効きます。

厚み1ミリのマウスピースをインプラントした人に

入れるのですが、通常6か月以上持ちます。

しかし、ブラキシズム(噛み締め、歯ぎしり、食いしばりなど)の

強い方ですと、たったの1週間で

マウスピースに穴があくのです。

ボトックス注射を行えばこうした尋常でない咬む力は改善されます。

#ボトックス注射 #ブラキシズム #インプラント長持ち

ピュアスマイル原田歯科クリニックでは、

来院される方と30分くらい普通にカウンセリングしています。

よく聞く話ですが、

歯科医院では十分に説明する時間がないところもあるようです。

自分が美しく健康になる方法を知りたい方は

ピュアスマイル原田歯科クリニックに一度いらっしゃいませんか?

連絡を待ってます。

TEL 043 232 9988

help@uhappy.tv

www.harada-clinic.com

今日も皆さまにとって Outstanding ! な一日になりますように。

素晴らしい毎日になることを祈っております。

よろしくお願いします。

ありがとうございます。

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会 原田歯科クリニック

(桜木消防署の近く)

原田幹夫

のど飴のほうがトローチより効くって耳鼻科の先生がポロッと言ってました。

こんにちは

乾燥した空気の日が続きますね。

カゼをひいてのどの調子がいまひとつの方もいると思います。

以前のどの調子がイマイチの時に耳鼻科を受診したことがあります。

その時に担当のお医者様がポロッとおっしゃいました。

「トローチより市販の のど飴のほうが効くんだよね」

確かに私の経験でもお医者様で処方されたトローチやドラッグストアでのどの痛みに効くと書かれているタブレットをなめても のどの痛みが急に改善された経験は記憶にありません。

むしろ、スーパーマーケットで普通に売っている のど飴のほうが即効性があります。

もちろん、医師に処方されたトローチやドラッグストアで売られているタブレットには薬効成分が入っているのでしょうが。

さて、この季節に歯科医院を受診される方でも のど飴をなめている方が大勢います。

その中には、今までと違って口の中がサッパリ感がなくなったり、むし歯が多発してしまうケースもあります。

これは、砂糖入りの のど飴を朝から晩まで毎日なめ続けているために、急速にお口の中の環境が悪化したと考えられます。

本当に対処に困ります。

根面カリエスといって歯ぐきとの境目のところに何本もむし歯ができてしまう方もいます。

それが歯と歯の間にできたりすると 治療はとても大変です。

詰め物では対処できず、歯をたくさん削って被せ物(冠:クラウン)を入れないといけないケースもあります。

かぶせたら問題が解決されたわけではありません。

ずっとのど飴をなめ続けると被せ物(冠:クラウン)と歯との境界部分から また別のむし歯ができてしまいます。

対処法はあります。

それは、砂糖が入ってないのど飴に切り替えることです。

できればキシリトール入りのものがオススメです。

ただ、これらのものには果糖も含まれているものがあり、この果糖も砂糖ほどではないにせよ むし歯の原因になりえます。

寝る前に適正濃度のフッ化物(フッ化ナトリウムなど)の入った歯磨きペーストで歯を磨くこともむし歯予防に必要です。

最近はフッ化物が欧米並に1450ppm という適正濃度 含まれている歯磨きペーストが歯科医院やドラッグストアで容易に手に入る便利な世の中になりました。

もちろん、自分ひとりでできることには限界があるので、むし歯や歯周病の予防管理をきちんとやっている千葉市若葉区の原田歯科で定期的なチェックアップを行えば、快適ですね。

では、あと1か月ちょっとで春分の日です。

春は近い、春は近い、足音が近いという昔のヒット曲がありましたが、早く暖かくなることを期待します。

264 0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

原田歯科クリニック

TEL 043 232 9988

help@uhappy.tv

http://bit.ly/2Egg9OJ

http://bit.ly/2Egg9OJ

テニスって歯と同じじゃないですか

先日久々にテニスの試合を応援に行きました。

普段頑張っている人は、こちらも自然に気合を入れて応援してしまいます。

実は私 学生のときにテニスをかなり真剣にやってました。

当時は、マッケンロー、ボルグ、女子だとエバート、ナブラチロワらが活躍している時代でした。

1ポイントをゲットすることの大切さ、マッチポイントをとってつい勝ちを意識してしまい、そこから逆転されてしまうくやしさ、格上の相手のボールを拾いまくって長丁場の試合で勝ったときの心の底から自然に出るうれしさなどを味わってきました。

さて、今回はかなりレベルの高い試合を応援しました。

コートぎりぎりを速いボールで攻めるすごさ、そしてぎりぎりを攻めるからこそネットに引っかかってしまったり、ラインを割ってしまう、あれは決してイージーミスじゃない。

男子は身長180センチ、女子は170センチ以上ないとサーブ、ストローク(足や手が長いことは間違いなく有利)で厳しい。

そんなことに気付きました。

言うまでもなく一流の選手は毎日たゆまぬ練習をしている。

ベースライン一杯にボールを打ってもそれが少しでも甘いと一発で仕留められてしまう、

スーパーショットで得た1ポイントも簡単なミスをして失った1ポイントも同じ1ポイント。

これって仕事と同じじゃないですか。

日々の鍛錬をきちんとする。

一発で大きな仕事を得るよりも小さな仕事でもお客様との信頼を得るためにきちんとこなす。

それの積み重ねで成果が出る。

そして優秀なコーチやメンター、指導者がいることがとても大事なことも、テニスと仕事に共通することです。

歯に関しても同じです。

毎日きちんと歯のお手入れをする。

時間がかかってもきちんと磨く。

そしてプロフェッショナルによる定期健診をずっと続ける。

こうしたことの積み重ねで健康な歯、そして健康な体、美しいスマイルでいることができます。

何か魔法のような方法で一発で歯の健康、全身の健康が得られるわけではありません。

ただ、テニスでも仕事でも歯の定期健診でも楽しくやると長続きします。

原田歯科においても楽しく通い続けていただけるようずっとお手伝いをさせていただきます。

歯が悪かったら死んじゃう人を救ったのは歯科衛生士だった。

こんにちは

ピュアスマイル原田歯科クリニックの原田です。

新年 早々うれしいことがありました。

人助けできた数が半端ないことがわかったのです。

歯が良い人とそうでない人とで

体の健康状態に差があることはご存知ですか?

いわゆる痴呆、今では認知症と言われる状態になってしまう人は、

歯がきちんとそろっている人よりも

歯が抜けたままになっている人のほうが圧倒的に多いのです。

今では全国民の何と80%以上が歯周病に罹患していることがわかっています。

私 原田は中学校の学校歯科医を20年以上やっていますが、中学生でも歯肉炎(これも歯周病の一種です)になっている人がいっぱいいます。

歯ぐきから血や膿が出て口の中が気持ち悪くないのかしら?

年頃なのに何であのような状況に耐えられるのか疑問です。

成人の場合はもっと深刻な話があります。

今や国民病と言われる糖尿病ですが、

これは歯が悪い状態でいくらインシュリンの注射をしても

なかなか良くなりません。

しかし、歯周病をきちんと治せば糖尿病も早く治ることが非常に多いのです。

歯周病は糖尿病と同じく生活習慣病です。

つまり定期管理が重要です。

糖尿病の治療に定期的に行くのにプラスして

歯周病も定期管理すると長生きしまっせ。

つまり、歯の定期管理、定期健診はあなたが健康で長生きするために必須なのです。

そして歯の定期管理、定期健診を担当するのは歯科衛生士です。

ここでこの8年間で当医院で歯科衛生士が担当した方の数の推移を公開します。

歯科衛生士 枠での来院者数

2010  784

2011  840

2012  978

2013  1321

2014  1612

2015  2046

2016  2761

2017  3512

3年間で2倍以上になりました。

8年間で4倍以上です。

すごいです。

来院者の累積数がどんどん増えるので、リコール、メンテナンスの来院者数は今後も増えると予想されます。

これで歯が健康 → 全身の美と健康 の良い流れになる人が増えるとうれしいです。

より多くの方を健康にしたいという想いから歯科衛生士さんの数を増やしていきました。

今後も歯科衛生士 はさらに増員する方向で採用と教育に力を入れていきます。

よろしくお願いします。

しかしながら!? こうした歯科衛生士による定期管理をきちんとやっている歯科医院はどれくらいあるのでしょう?

残念ながら必ずしもすべての歯科医院で行っているわけではありません。

千葉市、四街道市、八街市、佐倉市にお住いの方は原田歯科クリニックにいらしてください。

一生面倒を見るつもりで責任をもって対応させていただきます。

では、素晴らしい年になることを祈っております。

よろしくお願いします。

ありがとうございます。

縮小版_美人受付

酒飲んで寝ると肩や首の痛みが消える!?歯が背中や腰の痛みの原因。

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

先日やたらと首がこる日が続きました。

別に首を寝違えたわけではありません。

自分ではその理由がわかっています。

それは歯が原因です。

と言ってもむし歯ではないです。

最近知らず知らずのうちに上下の犬歯を接触させていることがあります。

本来 何もしてないときは、上下の歯の間には1ミリ程度のすきまがあるのが正常です。

歯と歯が接触するのは食事のときだけです。

ただ、何かに熱中しているときに無意識に上下の歯を接触させてしまいます。

夜寝ているときも無意識に上下の歯をこすり合わせているかもしれません。

これがかなり問題なのです。

上下の歯を合わせるだけで口を開閉させる筋肉が太くなります。

この筋肉は口の周囲から首、そして肩や背中につながっています。

口の周囲の筋肉に必要以上のストレスがかかると

これが原因で首や肩、背中、さらには腰が痛くなることは決して珍しいことではありません。

もちろん、他の原因で 首、肩、背中、腰が痛くなることはあるので、きちんと検査することは大事です。

さて、その首がこった日にあるお祝いがあり、お酒を飲みました。

実は、このお祝いのイベントで私はあることを期待しました。

それは、これで首のこりが治るはず でした。

そして実際、飲酒した2日後に首のこりは消えました。

理由はこうです。

飲酒すると鼻の粘膜が充血し鼻がつまりやすくなります。

そうすると必然的に口呼吸になり、くちポカーンの状態になります。

良く言えばリラックス状態です。

この状態では寝ている間でも上下の歯が接触することはありません。

歯ぎしりが原因の首、肩の痛みが出たら、また何かをお祝いしてお酒を飲もうと思います。

砂糖は覚醒剤!? ジャム作り体験で知った衝撃の事実

砂糖は覚醒剤!? ジャム作り体験で知った衝撃の事実

北海道は富良野に行ってきました。

富良野と言えばラベンダーやファーム富田を始めとするお花畑が有名です。

北海道の真ん中にある町です。

北海道の真ん中というとさぞかし田舎なのかと想像していました。

しかし、行ってみると意外にも家や飲食店、ショッピングセンターが立ち並んでいて、

ダウンタウンにいる限りは都会とあまり変りません。

しかし、車を少し走らせると雄大な自然が広がっており、

遠くには噴火を続ける十勝岳を望むことができます。

そんな富良野でストロベリー・ジャム作り体験を原田歯科のスタッフとしてきました。

何せ料理などしたことがない私ですが、他の約30名の参加者と一緒に赤いエプロンをつけて楽しくジャムを作りました。

フライパンにイチゴと砂糖を入れて

焦げないようにしながら加熱します。

中には中国からのお客様もいて、

中華鍋よろしくフライパンを左手で上下させようとする方もいましたが、

違うって フライパンは置いたままで 料理素人の私でも

無事作り上げることができました。

保存料などは無添加のストロベリー・ジャムの出来上がりです。

自分で作った思い入れもあるのか、とても美味しかったです。

瓶に詰めて家に持ち帰りました。

ただ、そこで感じたことがあります。

直径約25センチのフライパンに こんなに大量の白砂糖を入れるんだ。

よくスポーツドリンクや缶コーヒー1本にスティック・シュガー10本分の砂糖が入っているので、歯や体に良くないという話を聞きますね。

しかし、直径約25センチのフライパンに入れた砂糖の量はそんなものじゃありませんよ。

これで小さなボトル2本のジャムになります。

食パン1枚に乗せるジャムには、スティックシュガーにして

2本分くらいの砂糖は平気で入っているのではないかしら。

確かにイチゴの酸っぱさや甘みと調和して美味しいです。

そもそも食パンにだって砂糖が入っています。

こういうものを食べ続けていたら、そりゃ体に良くないよなと思いました。

ただ、意識するしないにかかわらず、砂糖は毎日平気で摂取してしまいますね。

また、1度砂糖の味を覚えてしまったら、アスパルテームなどの代用糖では

物足りなくなるのはわかります。

以前、米国で口腔と全身の関連に関する研究会に出たときに

ダイエット・コーラの話が出ました。

ダイエット・コーラにはアスパルテームなどの代用糖が入っているのですが、

結局物足りなくてたくさん食べたり、飲んだりしてしまうそうです。

自己管理するしかないですね。

白砂糖がいっぱい
白砂糖がいっぱい