大阪のホテルを海外の旅行会社で予約しての顛末、歯科勉強会の宿

毎年参加している大阪での歯科インプラントの予後や経過をシェアする勉強会に2019年も参加することになりました。

最近海外からのお客様が増えているせいか国内のホテル価格は値上がり気味です。

週末だと予約が取れないこともあります。

ちょうど私はアメリカの会員制の旅行会社のメンバーになっており、ここを通じてホテルの予約をすると一部のホテルで割安になることがあるので予約しました。

今ホテルの予約に関しては色々なサイトがあります。

もちろんホテルに直接予約することもできます。

今回の大阪のチェーン・ビジネスホテルはホテル予約サイトの最安値よりも約3割安く予約できました。

といっても1万円台のビジネスホテルです。

しかし、事前に知らされていた勉強会の日程が何と変更になっていることがわかり、ホテルも日程変更してもらうことになりました。

ちなみにこのホテルが会員制のサイトで安く予約できたひとつの理由が、宿泊を取り消しても返金しないという条件付きだったからです。

ただ、ここで重要なのは、日程変更できないとは書いてなかったことです。

そこでそのアメリカの旅行会社に日程変更できないか、会社のサイトのお問い合わせフォームから問い合わせました。

しかし、話が長くなるためか「電話せよ……」という返事が何と私の携帯電話の留守電に早口の英語で吹き込まれていました。

電話せよと言われても、日本語でさえ電話だと相手の言っていることがうまく聞き取れないことがあるのに、相手は英語しか話せないとなると結構厳しいです。

しかも、話す内容は追加料金のことやら、部屋のタイプはどんなものがあるかとか、かなり込み入った内容になりそうです。

それに元々ホテルが1万円台でそれが市販価格より3000円程度安いのに、アメリカまでちょっと長電話したら3000円くらいすぐ行ってしまいます。

そこで改めてお問い合わせフォームから、「英語に自信がないからメールで教えてくれないか?」メッセージを送りました。

しかし、……電話がかかってきました。私の携帯電話に。

今度はたまたま電話に出ることができたので、応対しました。

応対された方はなかなか親切な方で、まず英語は話せるか?から始まり、かなりゆっくり話してくれたので助かりました。

結局、電話を保留にしている間 ホテルに交渉してくれたのですが、電話に出たホテルのスタッフが英語を話せず、英語を話せる方が来たら電話をかけ直すことになったそうです。

ちなみに私の英会話レベルは、英検の準1級レベルだと英会話の先生からは言われているのですが、実際は英語の映画を字幕なしで理解できるレベルには至ってません。

ディズニー系のアニメなら何とかなります。

しかし、裁判物とかシリアスな内容だとそもそも使っている単語の意味がわからないので2割くらいしか話している内容がわかりません。

この大阪のホテルの予約がどうなるのか楽しみです。

ちょうど良い英会話の練習になると前向きにとらえています。

やはり英語は定期的に使うとものになりますね。

小さい積み重ねかもしれませんが、語学は一生続けていきます。

………………………………………………………………

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会(せいじかい)
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

TEL 043-232-9988

メールアドレス:help@uhappy.tv

からお問い合わせを受け付けております。

………………………………………………………………

#海外ホテル #海外ホテル予約 #海外ホテル格安 #歯科勉強会 #歯科インプラント

2018NOV出雲さとう式顎関節勉強会DSC09630

3分間スピーチのために3か月毎日リハーサルするってアホですか?

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

まだまだ暑い日が続きますね。

今月8月は2回 歯科医師の皆さまの前で発表する機会をいただきました。

まず、819日は私自身がスピーカーとして出たセミナーです。

今日はこのことをシェアさせていただきます。

今回は快適な歯科治療を受けることができるといった内容のセミナーでした。

対象となる方は歯科医師の方 限定でした。

歯医者さんのことというと 一般の方にとってはまだまだ痛いことをされるんじゃないか,

何かこわいことをされるんじゃないか、あの音が嫌だとかそういった方が非常に多いわけです。

その中でどうしても歯科医師の側としてはそういったことに鈍感になってしまうこともあるわけですけれども、そうではなく やはり一般の方は やはりまだまだ歯科医院に行くというのは何か特別なことであるし、歯医者と言うのは痛いことされるかもしれない、行くのが嫌だと言う方も多いので、快適な診療を受けるためのいくつかのヒントを 私が今まで30年以上 歯科治療をやってきた中からお役に立ちそうなものをシェアさせていただきました。

特にインプラントに関しては3つの快適な治療を受けるためのコツと言うことで

これは私のインプラントの本にも書いたものなのですが、これを今回はシェアさせていただきました。

実は何か特別なことをするわけではなくごく簡単にできることです(笑)。

痛みを少なくするために全身麻酔をするとか静脈内鎮静法をするとかそういったことではありません。

その場で簡単にできることで、これは実は歯科の治療以外にも応用できることです。

例えば、健康診断で腕から採血をしてもらう時にも とても快適にその採血を受けることができます。

具体的にはほとんど痛みを感じないと言ってよいです。

では、前置きがなくなりましたが そのことについてシェアさせていただきます。

快適な治療を受ける方法:

(1);息を吐く:息を吸ってる時は瞬間的にそっと吸って 吐くときはゆっくりゆっくりゆっくりお腹から吐き出す。

これが効きます。

例えば、注射の針が刺される直前からゆっくり息を吐く。

(2) 痛みを感じにくく快適な治療を受ける方法2番目ですね。

これは目玉ですね。

眼球を上に向けて こう上目遣いというか、姿勢は普通で構わないのですが、

目玉を上に向けておく、そうすると実はこれリラックスした状態になりまして、非常に快適な治療を受けることができるのです。

(3)快適な治療を受けるためのコツ3番目。

これは手のひらを開広げておくと言うことです。

オープンハートですね。

オープンハートにすることによって 体の筋肉がリラックスします。

逆に時々あることなのですが とても緊張してる形で、握りこぶしを治療中に握る方がいますね。

これをやると逆に体全体の筋肉がとても緊張してこの状態で麻酔の針などが刺さったりすれば非常に痛く感じるわけです。

ですから逆に体の方で手を広げると言う体勢を作るとこれは痛みを感じにくいのです。

こういったことを多くの歯科医師の方にシェアさせていただきました。

その結果 今回のセミナーが終わった後に わざわざ私のところまで来ていただいて、明日からすぐに使えることをたくさん教えていただきありがとうございました とお礼を言いに来てくださった歯科医師の方もいらっしゃいました。

セミナーの後のアンケートに関して全員の方がマルをつけてくださり、とてもやって良かったと思います。

このセミナーを開催するにあたり 非常に主催者の方や業者さんにはお世話になりまして 感謝しております。

これだけ準備をかけて場所を確保し 色々のところに周知していただくとか、セミナーのランディングページも作っていただき、セミナーのチラシを配布していただくというようなことをやっていただいたわけですので、絶対に成功させなければならない、来ていただいた方には絶対に来てよかった、そしてそこで学んだことを実際の現場で生かして 多くの方を幸せにするということに何とか貢献したいと言う気持ちが強かったです。

そこで私がいつもやってることなのですが、セミナーの講師というのは 別にプレゼンの才能があるかどうかって言う事あまり関係ないと思います。

実はもっと大事な事は、どれくらい準備に時間をかけたか ということ、これが大事だと思います。

どれくらい準備をしたか?

実は、8月にセミナーを行ったわけですが、お話をいただいたのは約5ヶ月前の3月まだ寒い時期だったわけです。

私はこの時から今までの私がやってきた診療の中で経験したこと、学んできたこと、いろいろな患者さんの術前術後の状態とか、調べてその中で皆さんにシェアすると非常に役に立つというものを集めてセミナーをさせていただきました。

また、実際のセミナーと同じ時間、5時間かけて予行演習をやりました。

音楽でいえばコンサート、リサイタルではリハーサルっていうのでしょうか、

はい、このリハーサルと言うのはとても大事だと思います。

実際のところ、私は歯科医院の院長と言う立場上 たくさんのスタッフの結婚披露宴でスピーチをする機会をいただいてきたわけですが、その時に今まで必ずすべての方にやってきた事があります。

それは 通常2ヶ月ぐらい前までにそのスピーチの依頼というのがありますので、

必ず実際の時間と同じ長さで予行演習をやっているということです。

つまり、スピーチの原稿作ると言うところまでは多くの方がやってるのですが、それを実際に声に出して読んでいる人は結構少ないのではないでしょうか?

私は単に声出して行う予行演習をやっているだけでなく、実際と同じようなシチュエーションで時間を決めてやっております。

当然のことながら結婚披露宴であれば、その場の主役は新郎と新婦であります。

ですから おふたりを盛り上げる そして会場全体を盛り上げる、そして自分は決して目立ってはいけないと言う事を重視して 時間は厳守でやるように心がけております.

その結果 お陰様で私がスピーチした後は必ず盛り上がるし、非常に良かったと言うお声をたくさん頂戴しております。

どんなことでも準備すると言うのはとても大事なことだと思います。

というわけでこれからも 多くの方を美しく健康で幸せにするという

千葉市の原田歯科クリニックのミッションに沿って皆様のお役に立てるよう努力していきます。

ありがとうございます。

264-0028

千葉市若葉区桜木2丁目16番地24

原田歯科クリニック

桜木消防署の近くです。

電話番号は043-232-9988

ホームページのURL

www.harada-clinic.com

です。

千葉市の原田歯科クリニック

皆様の連絡をお待ちしております。

お役に立てれば幸いです。

ありがとうございます。

歯周病が治ったら歯に穴があいた!?

こんにちは

千葉市のピュアスマイル原田歯科クリニックの原田です。
最近テニスに注目しています。
錦織圭選手だけでなく、杉田選手、西岡選手、ダニエル太郎選手などが
活躍してますね。
女子は大坂なおみ選手がグランドスラムで常時ベスト4 に入るくらいに
なってほしいですね。

今年は8月にインプラント・セミナーの講師を務めることになりました。

インプラントのセミナーや研修というと、難しいテクニックをマスターするためのものが多いです。

しかし、世の中にはインプラントの器材は買ってあるのだが、
年間で10本程度しかインプラントしない歯科医師も大勢います。

また、デンチャー(入れ歯)よりもインプラントのほうが良いのはわかるけれど、
患者さんに後から痛い、腫れたと言われて医院の評判が落ちるのはイヤという歯科医師もいます。

そんな歯科医師を対象に、痛んだり腫れたりしないインプラント、
簡単で短時間にできて医院の評判がアップし、患者さんに喜ばれるインプラントの秘訣をお話します。

実習もついています。

8月19日 日曜日に東京の八重洲ホールで行います。

インプラント初心者や本数が年間15本以下の歯科医師が対象です。

多くの方にシンプルな術式を学んでほしいです。

さて、先日 原田歯科クリニックの勤務医が歯周病の勉強会に出た内容をシェアしてくれました。

それは、歯周病の治療をした人こそ むし歯に気をつけろ!という内容でした。

中等度から重度の歯周病の治療にはどうしても時間がかかります。

90%の歯周病は慢性歯周疾患なので、
月単位、年単位で良くなったかどうかをフォローしてゆくことが大事です。

こうして時間をかけてやっと歯周病が良くなった。

しかし、ここで気を抜いてはいけません。

歯周病菌が減るとむし歯菌の比率が急に増えてくることがあります。

歯周病が改善されて歯肉の位置が下がり、
歯根面のセメント質が見えてくると根面カリエスの発生率が上がります。

実際 当医院でもせっかく時間をかけて歯周病が治ったのに3か月後の次の来院の際に
根面カリエスが多発し、対応に時間がかかった方がいます。

従って、歯周病の治療の際に、特に歯肉が下がった方はむし歯予防
、カリエス予防でフッ化物塗布を続けていくことが必須です。

勉強会で学んだことが実際の臨床の現場で応用できたこと、
今後はさらに診断力アップするために 正しい知識を習得するために、
勉強を続けていくことが大事であることを その先生は皆にシェアし、 皆 納得していました。

こうした勉強会は毎月 原田歯科クリニックで行っています。

こんな活気のあるピュアスマイル原田歯科クリニックに一度見学にいらっしゃいませんか?

一度連絡をください。

TEL 043 232 9988

It.og.puresmile@gmail.com

www.harada-clinic.com

では、素晴らしい毎日になることを祈っております。

よろしくお願いします。

ありがとうございます。

歯の治療もデジタルの時代、しかし歯を写すカメラが500万円とは,,,,,,。

引き寄せ歯医者の原田です。

国際口腔インプラント学会の認定医の更新のため、大阪での勉強会に参加してきました。

今回のテーマは、歯の治療のデジタル化についてです。

今まで歯医者さんで被せ物(冠:クラウン)を作る時は、複雑なステップを踏まないといけませんでした。

(1)歯型を型取りするためのトレーを口の中に合わせる 

(2)印象材で歯型を取る(結構苦しくて苦手な人もいる。材料が必要なのと型取りのトレーの消毒・滅菌、そして使用済みの材料の処分でゴミが出る)

(3)模型を作る : 型取り材に石膏を流し込んで固まるのを待ちます。出来上がった模型は形態修正したり、歯を作る作業をするために 少し専門的な話になるのですが、色々と手を加えます

(4)作業用の模型の上にワックスで歯の形を作る

(5)そのワックスを埋没材という白っぽい石膏のようなものに埋める

(6)ワックスの入った埋没材を高温の電気炉に入れて中のワックスを溶かす

(7)金属を溶かして高温の埋没材の中に一気に流し込む

(8)埋没材から歯の形になった金属を取り出す

(9)余分な金属を除去して形態修正、その後研磨する →

(10)口の中で隣の歯との接触度合いやかみ合わせを調整する。

ざっとこんな形で歯を作ります。

何となく時間と手間がかかることはわかっていただけたでしょうか?

そして、こうしたそれぞれのステップで必ず誤差が生じます。

その結果 作った歯(冠)が入らないということが生じます。

こうしたことを歯科の世界では50年以上やってきました。

一方でデジタル化の波は歯科にも訪れて歯科でもデジタルの技術を使うことは10年以上前から試みられてきました。

これは、主に工業界で使われていた技術を歯科に応用したものでした。

CAD/CAM もそのひとつです。

具体的には、デジタルカメラで歯の写真を写し、そのデータを元に歯(冠)を作る技術です。

3D プリンターも歯科の模型を作るのに利用可能です。

それならこうした技術が日本全国のすべての歯科医院で使われているかというと、まだまだです。

それは、現時点ではあまりにもコストが高いからです。

例えば、きちんと使用に耐えうる口腔内カメラ(スキャナー)は、1台 何と500万円もします。さらに年間の維持コストが別途30万円かかります。

また3D プリンターで歯科の模型(歯型の模型)を作ると何と3万円ものコストがかかります。

これではまだまだ普及しませんね。

しかし、年を追うごとに性能が良くなり、料金が安くなるのがデジタルの世界です。

例えば私が初めてデジタルカメラを買ったのは、20年近く前ですがたった85万画素のデジカメが確か3万円以上もしました。

最初は38万画素のデジカメが販売されたのですが、それから少し待って発売されたのが 85万画素のデジカメでした。

当時は写真はプリントして見るものという認識がありました。

その後しばらくして200万画素だとA4 まで引き伸ばしてもきれいに見えるとヨドバシカメラの店員さんが説明していたのを覚えています。

今なら2000万画素のデジカメが1万円しないで買うことができます。

こんなわけでそれが5年後になるか10年後になるかはわかりませんが、歯科治療で歯型を取るとか、石膏で模型を作るとか(使用済みの石膏は かさばって処分するのに ものすごい量のゴミになってしまいます)、再度型取りさせてもらうとか、作ったものが入らないといったことはなくなると思います。

今回の勉強会は、そんな過渡期にある歯科のデジタルの世界を実際にデジタルで技工をしている技工士さんの立場からわかりやすく説明していただきました。

今まで私が参加したデジタル治療に関することは、歯科医師やメーカーの方の話がほとんどだったので新たな気付きと学びがありました。

日帰りで大阪まで行った甲斐がありました。

講師の皆さま、会場の設営、準備の皆さま、ありがとうございました。

歯の治療のデジタル化2018FEB国際口腔IM学会勉強会@大阪IMG_0940 歯の治療のデジタル化2018FEB国際口腔IM学会勉強会@大阪IMG_0930 歯の治療のデジタル化2018FEB国際口腔IM学会勉強会@大阪IMG_0924

精密な歯科治療6か月、12回にわたる勉強会が今月でひと区切り付きました。

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

精密な歯科治療6か月、12回にわたる勉強会が今月で一区切り付きました。

この半年で診療の質が上がっただけでなく、

若い歯科医師の研修プログラムを質の高いものにすることができました。

学んだ内容は、すべて基本に忠実で毎日の診療で使うことができることの

オンパレードでした。

例えば、仮の歯を作る、正確な型取りをする、こうした毎日の臨床で必ずやっていることは、必ずしも大学での教育・研修プログラムでは、本当に大事なことを

若い歯科医師や研修医、学生にきちんと伝わるようにできていません。

今回は、こんなコツがあったんだ! 確かにこんなことを今までやってきたよね ということをたくさん学ぶことができました。

おかげさまで 治療計画立案のバージョンアップもできました。

多くの来院者様の歯科治療において、Longevity つまり長持ちさせることのできる仕事ができると明るい未来が見えてきました。

講師の皆様、一緒に学んだ歯科医師の皆様、

お世話になった皆様ありがとうございました。

www.harada-clinic.com

http://www.harada-clinic.com

JIADS補綴2017JUL1_2ジアズ幹夫修了証集合写真sss