歯周病が治ったら歯に穴があいた!?

こんにちは

千葉市のピュアスマイル原田歯科クリニックの原田です。
最近テニスに注目しています。
錦織圭選手だけでなく、杉田選手、西岡選手、ダニエル太郎選手などが
活躍してますね。
女子は大坂なおみ選手がグランドスラムで常時ベスト4 に入るくらいに
なってほしいですね。

今年は8月にインプラント・セミナーの講師を務めることになりました。

インプラントのセミナーや研修というと、難しいテクニックをマスターするためのものが多いです。

しかし、世の中にはインプラントの器材は買ってあるのだが、
年間で10本程度しかインプラントしない歯科医師も大勢います。

また、デンチャー(入れ歯)よりもインプラントのほうが良いのはわかるけれど、
患者さんに後から痛い、腫れたと言われて医院の評判が落ちるのはイヤという歯科医師もいます。

そんな歯科医師を対象に、痛んだり腫れたりしないインプラント、
簡単で短時間にできて医院の評判がアップし、患者さんに喜ばれるインプラントの秘訣をお話します。

実習もついています。

8月19日 日曜日に東京の八重洲ホールで行います。

インプラント初心者や本数が年間15本以下の歯科医師が対象です。

多くの方にシンプルな術式を学んでほしいです。

さて、先日 原田歯科クリニックの勤務医が歯周病の勉強会に出た内容をシェアしてくれました。

それは、歯周病の治療をした人こそ むし歯に気をつけろ!という内容でした。

中等度から重度の歯周病の治療にはどうしても時間がかかります。

90%の歯周病は慢性歯周疾患なので、
月単位、年単位で良くなったかどうかをフォローしてゆくことが大事です。

こうして時間をかけてやっと歯周病が良くなった。

しかし、ここで気を抜いてはいけません。

歯周病菌が減るとむし歯菌の比率が急に増えてくることがあります。

歯周病が改善されて歯肉の位置が下がり、
歯根面のセメント質が見えてくると根面カリエスの発生率が上がります。

実際 当医院でもせっかく時間をかけて歯周病が治ったのに3か月後の次の来院の際に
根面カリエスが多発し、対応に時間がかかった方がいます。

従って、歯周病の治療の際に、特に歯肉が下がった方はむし歯予防
、カリエス予防でフッ化物塗布を続けていくことが必須です。

勉強会で学んだことが実際の臨床の現場で応用できたこと、
今後はさらに診断力アップするために 正しい知識を習得するために、
勉強を続けていくことが大事であることを その先生は皆にシェアし、 皆 納得していました。

こうした勉強会は毎月 原田歯科クリニックで行っています。

こんな活気のあるピュアスマイル原田歯科クリニックに一度見学にいらっしゃいませんか?

一度連絡をください。

TEL 043 232 9988

It.og.puresmile@gmail.com

www.harada-clinic.com

では、素晴らしい毎日になることを祈っております。

よろしくお願いします。

ありがとうございます。

歯の治療もデジタルの時代、しかし歯を写すカメラが500万円とは,,,,,,。

引き寄せ歯医者の原田です。

国際口腔インプラント学会の認定医の更新のため、大阪での勉強会に参加してきました。

今回のテーマは、歯の治療のデジタル化についてです。

今まで歯医者さんで被せ物(冠:クラウン)を作る時は、複雑なステップを踏まないといけませんでした。

(1)歯型を型取りするためのトレーを口の中に合わせる 

(2)印象材で歯型を取る(結構苦しくて苦手な人もいる。材料が必要なのと型取りのトレーの消毒・滅菌、そして使用済みの材料の処分でゴミが出る)

(3)模型を作る : 型取り材に石膏を流し込んで固まるのを待ちます。出来上がった模型は形態修正したり、歯を作る作業をするために 少し専門的な話になるのですが、色々と手を加えます

(4)作業用の模型の上にワックスで歯の形を作る

(5)そのワックスを埋没材という白っぽい石膏のようなものに埋める

(6)ワックスの入った埋没材を高温の電気炉に入れて中のワックスを溶かす

(7)金属を溶かして高温の埋没材の中に一気に流し込む

(8)埋没材から歯の形になった金属を取り出す

(9)余分な金属を除去して形態修正、その後研磨する →

(10)口の中で隣の歯との接触度合いやかみ合わせを調整する。

ざっとこんな形で歯を作ります。

何となく時間と手間がかかることはわかっていただけたでしょうか?

そして、こうしたそれぞれのステップで必ず誤差が生じます。

その結果 作った歯(冠)が入らないということが生じます。

こうしたことを歯科の世界では50年以上やってきました。

一方でデジタル化の波は歯科にも訪れて歯科でもデジタルの技術を使うことは10年以上前から試みられてきました。

これは、主に工業界で使われていた技術を歯科に応用したものでした。

CAD/CAM もそのひとつです。

具体的には、デジタルカメラで歯の写真を写し、そのデータを元に歯(冠)を作る技術です。

3D プリンターも歯科の模型を作るのに利用可能です。

それならこうした技術が日本全国のすべての歯科医院で使われているかというと、まだまだです。

それは、現時点ではあまりにもコストが高いからです。

例えば、きちんと使用に耐えうる口腔内カメラ(スキャナー)は、1台 何と500万円もします。さらに年間の維持コストが別途30万円かかります。

また3D プリンターで歯科の模型(歯型の模型)を作ると何と3万円ものコストがかかります。

これではまだまだ普及しませんね。

しかし、年を追うごとに性能が良くなり、料金が安くなるのがデジタルの世界です。

例えば私が初めてデジタルカメラを買ったのは、20年近く前ですがたった85万画素のデジカメが確か3万円以上もしました。

最初は38万画素のデジカメが販売されたのですが、それから少し待って発売されたのが 85万画素のデジカメでした。

当時は写真はプリントして見るものという認識がありました。

その後しばらくして200万画素だとA4 まで引き伸ばしてもきれいに見えるとヨドバシカメラの店員さんが説明していたのを覚えています。

今なら2000万画素のデジカメが1万円しないで買うことができます。

こんなわけでそれが5年後になるか10年後になるかはわかりませんが、歯科治療で歯型を取るとか、石膏で模型を作るとか(使用済みの石膏は かさばって処分するのに ものすごい量のゴミになってしまいます)、再度型取りさせてもらうとか、作ったものが入らないといったことはなくなると思います。

今回の勉強会は、そんな過渡期にある歯科のデジタルの世界を実際にデジタルで技工をしている技工士さんの立場からわかりやすく説明していただきました。

今まで私が参加したデジタル治療に関することは、歯科医師やメーカーの方の話がほとんどだったので新たな気付きと学びがありました。

日帰りで大阪まで行った甲斐がありました。

講師の皆さま、会場の設営、準備の皆さま、ありがとうございました。

歯の治療のデジタル化2018FEB国際口腔IM学会勉強会@大阪IMG_0940 歯の治療のデジタル化2018FEB国際口腔IM学会勉強会@大阪IMG_0930 歯の治療のデジタル化2018FEB国際口腔IM学会勉強会@大阪IMG_0924

精密な歯科治療6か月、12回にわたる勉強会が今月でひと区切り付きました。

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

精密な歯科治療6か月、12回にわたる勉強会が今月で一区切り付きました。

この半年で診療の質が上がっただけでなく、

若い歯科医師の研修プログラムを質の高いものにすることができました。

学んだ内容は、すべて基本に忠実で毎日の診療で使うことができることの

オンパレードでした。

例えば、仮の歯を作る、正確な型取りをする、こうした毎日の臨床で必ずやっていることは、必ずしも大学での教育・研修プログラムでは、本当に大事なことを

若い歯科医師や研修医、学生にきちんと伝わるようにできていません。

今回は、こんなコツがあったんだ! 確かにこんなことを今までやってきたよね ということをたくさん学ぶことができました。

おかげさまで 治療計画立案のバージョンアップもできました。

多くの来院者様の歯科治療において、Longevity つまり長持ちさせることのできる仕事ができると明るい未来が見えてきました。

講師の皆様、一緒に学んだ歯科医師の皆様、

お世話になった皆様ありがとうございました。

www.harada-clinic.com

http://www.harada-clinic.com

JIADS補綴2017JUL1_2ジアズ幹夫修了証集合写真sss