歯科定期健診に3か月ごとに行っていたのにむし歯で歯が大きく欠けてしまった!?

歯科定期健診に3か月ごとに行っていたのにむし歯で歯が大きく欠けてしまった!?

実は、これはむし歯でなく、エナメル質形成不全のことがあります。

3か月前は歯の真ん中(咬合面の裂溝)が白っぽく見えていただけなのに、何かを噛んだら歯が割れてしまい割れた表面がむし歯のように茶色くなっていたとしたら、それはエナメル質形成不全を疑わなければなりません。

こうしたことを事前に来院者様に伝える必要があることを今夜の小児歯科の勉強会(大学病院小児歯科の教授による講演)で認識しました。

エナメル質形成不全は、論文によって発現率が10%から20%と言われております。

決して珍しいものではありません。

#エナメル質形成不全 #定期健診 #歯科健診 #checkup #enamel

#enamelhypoplasia

小児歯科勉強会

私が海外出張でエコノミークラスを多用する本当の理由

こんにちは

秋の学会、勉強会のシーズンまっ盛りですね。

毎年インプラントの学会が開かれる欧州に行ってきました。

アメリカのインプラントの学会も素晴らしいです。

しかし、欧州のインプラント学会もこれまた素晴らしい。

これはアメリカの学会にも言えることですが、

朝の開始時間が早く、8時から普通に始まります。

中には7時から始まるものもあります。

アメリカの学会と少し違うのは、

ロシアなどの旧共産圏、イスラエル、そしてアラブの国からの参加者が目立つことです。

年に1度の学会は色々な国で持ち回りで行われます。

スペイン、オーストリア、ポルトガル、スコットランド、ドイツ……

では、講演はスペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、スコットランドなまりの英語で行われるのか?

いいえ、公式の言語は英語です。

すべて英語で講演が行われます。

日本語の通訳などつきません。

しかし、そもそも私は日本語の通訳など当てにしてません。

生の言語で聞いたほうが細かいニュアンスなどは伝わりますから。

さて、海外出張というと疑問を持つ方がいます。

そもそもなぜわざわざ海外まで行くのか?

これには確信をもって言えることがあります。

海外で正しい情報を見て聞いて体で感じてきたからこそ、

それを患者さんに還元することができています。

今ではインターネットによって海外の論文や文献を調べることはできるようになりました。

しかし、人が大きく成長するには接する人を変えるのが大事と言われます。

とても前向きで勉強熱心な歯科関係者、ここまでやるかというくらい頑張っている人たちは、実際にこの目で見て、話を直接聞いて、感じるとその伝わり方が100倍も違います。

日本にいて日本の先生の発表を聴くのももちろん勉強にはなります。

ただ、日本の場合、どうしても保険診療という海外の歯科にはないものをベースに話されることがしばしばあり、世界標準から外れていると言わざるを得ません。

例えば、欧米では根の治療は1回1時間くらい取り、1回か2回で終わらせるのが普通です。

しかし、日本ではラバーダムもかけず、1回15分で8回も10回も通わせる、そしてなかなか治らないといったことが 当たり前のようにあります。

さて、前置きが長くなりました。

海外への移動は基本的にエコノミー・クラスを使います。

もちろん、ビジネスクラスは足元が広くて、椅子がフラットになるといった利点はあります。

実際、まだヘルスパックを飲んでいなかった頃、スウェーデンでの勉強会の最中にカゼを引いて、このときは帰りをビジネスクラスにしてとても助かった記憶があります。

しかし、最近は仮にビジネスクラスに乗っても文字通り、私は座席でビジネス、つまりパソコンで仕事をしています。

なので、椅子がフラットになる必要がないのです。

逆にビジネスクラスだと やたら食事が提供される時間が長い、

出てくる食事は所詮加工食品、美味しいお酒があるのでつい飲まなくて良い酒を飲んでしまい、翌日体調がいまひとつになる。

一方、エコノミーはその逆で飲み物は少ない、食事はすぐ終わるので

早く仕事に取り掛かれるといった利点があります。

元々自宅や医院にいても夜 無理してパソコンで作業しようとしても、

昼の診療に全身全霊で取り組んでいるので寝落ちすることがしばしばで、

これはエコノミークラスで椅子が起きた状態で寝るのとさほど変わりませんから

慣れたものです。

今 書いているこの文章もエコノミーの機内入力しています。

実は、医院のホームページやブログの文章の多くは機内で作ったものです。

また、普段いる環境から離れると色々と普段気づかないことに気づきます。新たな発想が湧いたり、解決方法が浮かんだりします。

これって経営者にとってとても大切なことです。

基本的に私が国内外の学会や勉強会に行っている間も原田歯科クリニックは通常通りに診療しています。

今は昔と違ってアプリを使った無料の電話がありますし、メールやメッセージのやり取りもできるようになり、緊急のことがあったら連絡を密に取り合うことは可能です。

自主性を持って診療業務を行ってくれる原田歯科のスタッフには、いつも感謝しています。

1980年代は小学校の体育館でアマルガムを詰めていた!

こんにちは

引き寄せ歯医者の原田です。

また引き寄せてしまいました。

先日英会話教室でバケーションの話をしていました。

行きたい場所は どこか?という話になり、カリブ海に行きたいと言ったところ、

最近その英会話教室に入会された生徒さんが、

実は私 そのカリブ海のメキシコのコスメルの写真を昨日見て

すごい所だなと思っていたと言うのです。

引き寄せというか、シンクロしてしまいました。

さて、かなり昔の話ですが、

歯科医院を開業して歯科医師会に入会したらすぐに広報委員会に配属されました。

広報委員会とは、色々な現場に取材に行って当時 千葉市の歯科医師会で発行していた広報誌に記事をあげるという仕事です。

そして最初に取材に行ってびっくりしました。

春の歯科健診で むし歯が多い学校に歯科医師が約10名訪問して、

何と体育館でアマルガム充填をしていたのです。

むし歯の治療ですから、歯を削るための道具も体育館に配置されてました。

アマルガムは固まるのに時間がかかります。

材料の物性は時間とともに膨張するので、詰め物(アマルガム)と

歯との隙間がだんだん小さくなり、かつ金属なので噛む力にも耐えられるものです。

ただし、詰めたままだと表面がザラザラなので、翌日以降に歯科医院で表面を研磨してもらう必要があります。

実際、その学校での歯科治療でも翌日以降に近くの歯医者に行くよう勧めていました。

当時は、むし歯予防の必要性を話しても、まだまだ 予防よりも治療 という考えが主流を占めており、学校でフッ化物洗口をしようとすると一部の市民団体から反対運動が起きるような世の中でした。

その後アマルガム充填は世界的に落ち目になり、日本の歯科の保険診療からも消えました。

今では水銀による害があるのでアマルガムは除去することが推奨されています。

その後この学校での歯科治療事業は、学校歯科啓発事業へと発展的に解消されました。

それで先日その学校歯科啓発事業で

中学校の1年生と3年生に講演してきました。

本当はこわい歯周病の話でしたが、前段での受け狙いに中学生たちがハマりすぎて楽しい話になってしまいました。

こんな形でも歯や歯肉のことに関心を持ってもらえればうれしいです。

帰りに担任の先生から「私 むし歯があるんですけれど、優しそうな先生だから今度行って良いですか?」とお声がけいただきました。

良かったです。

#アマルガム #学校歯科 #学校歯科啓発事業 #引き寄せた

www.harada-clinic.com

千葉市若葉区の桜木消防署近くの原田歯科クリニック

http://www.harada-clinic.com

千葉市若葉区の桜木消防署近くの原田歯科クリニック

………………………………………………………………

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

TEL 043-232-9988

メールアドレス:help@uhappy.tv

からお問い合わせを受け付けております。

………………………………………………………………

3分間スピーチのために3か月毎日リハーサルするってアホですか?

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

まだまだ暑い日が続きますね。

今月8月は2回 歯科医師の皆さまの前で発表する機会をいただきました。

まず、819日は私自身がスピーカーとして出たセミナーです。

今日はこのことをシェアさせていただきます。

今回は快適な歯科治療を受けることができるといった内容のセミナーでした。

対象となる方は歯科医師の方 限定でした。

歯医者さんのことというと 一般の方にとってはまだまだ痛いことをされるんじゃないか,

何かこわいことをされるんじゃないか、あの音が嫌だとかそういった方が非常に多いわけです。

その中でどうしても歯科医師の側としてはそういったことに鈍感になってしまうこともあるわけですけれども、そうではなく やはり一般の方は やはりまだまだ歯科医院に行くというのは何か特別なことであるし、歯医者と言うのは痛いことされるかもしれない、行くのが嫌だと言う方も多いので、快適な診療を受けるためのいくつかのヒントを 私が今まで30年以上 歯科治療をやってきた中からお役に立ちそうなものをシェアさせていただきました。

特にインプラントに関しては3つの快適な治療を受けるためのコツと言うことで

これは私のインプラントの本にも書いたものなのですが、これを今回はシェアさせていただきました。

実は何か特別なことをするわけではなくごく簡単にできることです(笑)。

痛みを少なくするために全身麻酔をするとか静脈内鎮静法をするとかそういったことではありません。

その場で簡単にできることで、これは実は歯科の治療以外にも応用できることです。

例えば、健康診断で腕から採血をしてもらう時にも とても快適にその採血を受けることができます。

具体的にはほとんど痛みを感じないと言ってよいです。

では、前置きがなくなりましたが そのことについてシェアさせていただきます。

快適な治療を受ける方法:

(1);息を吐く:息を吸ってる時は瞬間的にそっと吸って 吐くときはゆっくりゆっくりゆっくりお腹から吐き出す。

これが効きます。

例えば、注射の針が刺される直前からゆっくり息を吐く。

(2) 痛みを感じにくく快適な治療を受ける方法2番目ですね。

これは目玉ですね。

眼球を上に向けて こう上目遣いというか、姿勢は普通で構わないのですが、

目玉を上に向けておく、そうすると実はこれリラックスした状態になりまして、非常に快適な治療を受けることができるのです。

(3)快適な治療を受けるためのコツ3番目。

これは手のひらを開広げておくと言うことです。

オープンハートですね。

オープンハートにすることによって 体の筋肉がリラックスします。

逆に時々あることなのですが とても緊張してる形で、握りこぶしを治療中に握る方がいますね。

これをやると逆に体全体の筋肉がとても緊張してこの状態で麻酔の針などが刺さったりすれば非常に痛く感じるわけです。

ですから逆に体の方で手を広げると言う体勢を作るとこれは痛みを感じにくいのです。

こういったことを多くの歯科医師の方にシェアさせていただきました。

その結果 今回のセミナーが終わった後に わざわざ私のところまで来ていただいて、明日からすぐに使えることをたくさん教えていただきありがとうございました とお礼を言いに来てくださった歯科医師の方もいらっしゃいました。

セミナーの後のアンケートに関して全員の方がマルをつけてくださり、とてもやって良かったと思います。

このセミナーを開催するにあたり 非常に主催者の方や業者さんにはお世話になりまして 感謝しております。

これだけ準備をかけて場所を確保し 色々のところに周知していただくとか、セミナーのランディングページも作っていただき、セミナーのチラシを配布していただくというようなことをやっていただいたわけですので、絶対に成功させなければならない、来ていただいた方には絶対に来てよかった、そしてそこで学んだことを実際の現場で生かして 多くの方を幸せにするということに何とか貢献したいと言う気持ちが強かったです。

そこで私がいつもやってることなのですが、セミナーの講師というのは 別にプレゼンの才能があるかどうかって言う事あまり関係ないと思います。

実はもっと大事な事は、どれくらい準備に時間をかけたか ということ、これが大事だと思います。

どれくらい準備をしたか?

実は、8月にセミナーを行ったわけですが、お話をいただいたのは約5ヶ月前の3月まだ寒い時期だったわけです。

私はこの時から今までの私がやってきた診療の中で経験したこと、学んできたこと、いろいろな患者さんの術前術後の状態とか、調べてその中で皆さんにシェアすると非常に役に立つというものを集めてセミナーをさせていただきました。

また、実際のセミナーと同じ時間、5時間かけて予行演習をやりました。

音楽でいえばコンサート、リサイタルではリハーサルっていうのでしょうか、

はい、このリハーサルと言うのはとても大事だと思います。

実際のところ、私は歯科医院の院長と言う立場上 たくさんのスタッフの結婚披露宴でスピーチをする機会をいただいてきたわけですが、その時に今まで必ずすべての方にやってきた事があります。

それは 通常2ヶ月ぐらい前までにそのスピーチの依頼というのがありますので、

必ず実際の時間と同じ長さで予行演習をやっているということです。

つまり、スピーチの原稿作ると言うところまでは多くの方がやってるのですが、それを実際に声に出して読んでいる人は結構少ないのではないでしょうか?

私は単に声出して行う予行演習をやっているだけでなく、実際と同じようなシチュエーションで時間を決めてやっております。

当然のことながら結婚披露宴であれば、その場の主役は新郎と新婦であります。

ですから おふたりを盛り上げる そして会場全体を盛り上げる、そして自分は決して目立ってはいけないと言う事を重視して 時間は厳守でやるように心がけております.

その結果 お陰様で私がスピーチした後は必ず盛り上がるし、非常に良かったと言うお声をたくさん頂戴しております。

どんなことでも準備すると言うのはとても大事なことだと思います。

というわけでこれからも 多くの方を美しく健康で幸せにするという

千葉市の原田歯科クリニックのミッションに沿って皆様のお役に立てるよう努力していきます。

ありがとうございます。

264-0028

千葉市若葉区桜木2丁目16番地24

原田歯科クリニック

桜木消防署の近くです。

電話番号は043-232-9988

ホームページのURL

www.harada-clinic.com

です。

千葉市の原田歯科クリニック

皆様の連絡をお待ちしております。

お役に立てれば幸いです。

ありがとうございます。

食べまくっても太らなくなった!

肝臓いじめヘパシル

10年前にアメリカに行ったときのことをシェアします。

現地でのステーキが美味しくて毎日食べまくってました。

その結果、たった1週間の滞在で体重が5キロ以上増えて

ズボンが入らなくなり、ウェストが太いズボンをいくつも買うことになりました。

これまでの人生で一番太った日々でした。

今から思えばこれはとても不健康なことでした。

その後このままではまずいと実感し、何とか元の体重に戻しました。

その後、健康のことを真剣に考えるようになり、

日本アンチエイジング歯科学会で認定医になり、

サプリメント・アドバイザーの資格も取りました。

そんな中でヘルスパックを毎日飲むようになりました。

それからは結構 暴飲暴食しても、代謝が良くなったせいか、

体重は増えることはありません。

しかし、これって普通に考えたらおかしいですよね。

普通は年を重ねるにつれて太ることが多いですよね。

中年太りという言葉があるわけですから。

何か特別な運動を続けているとかはありません。

毎週ジョギングすると決めましたが、夏は暑すぎるし、

冬は寒くて走ると風邪をひきそうだし、

花粉症の季節は走る気になれないし、

実際は1年間のうち、走ることができるのは

多分4分の1くらいです。

体重が増えないからといって もちろん病気とは無縁です。

では、何が違うのかと言えば、それはヘルスパックを飲み続けていることしかありません。

時々ヘルスパックは高いのでは?と言われます。

しかし、世の中に出回っている いい加減なサプリメントとは一線を画しています。

実際には成分表示されたものが入ってなかったり、

入っていても体に吸収されにくかったり、……

そんな中でもし同じ内容のものを日本の F社から買ったら

5万円以上するものをその半分以下で買えるのですし、

これで病気にならず医療費が節約できて

いつも明るく健康でいられるなら、全然お得です。

https://truehealth.jp/qa/via/smile/

これからもヘルスパックを飲み続けます。

#ヘルスパック #セルセンシャル #真の健康 #サプリメント

自作自演のAmazon 部門別1位

先日ある記事を読んで悲しくなりました。

その方は、自分の職場をブランディングするために

ニッチな部門で電子書籍(つまり、PDF ファイルです)をお金をかけずに出版し、

Amazon 1位をゲットするために自分や自分の職場のスタッフに依頼して

1冊 100円未満に価格設定した本を一時的に大量購入したそうです。

それで、手伝ってくれたスタッフには本の代金を返金したそうです。

これって少し前に流行った手法です。

私は自分の本(リアルな本です)を出版するにあたって、出版業界の専門家に相談し

出版の勉強をして(研修用の DVD, CD を20本以上買いました) この業界については多少は詳しくなりましたが、一度こんなことをやったら まともな出版社からは2度と相手にされなくなるそうです。

出版業界というのはその業界の中で情報が一瞬で伝わり、著者がどんな人かはあっという間に広まります。

あの 近藤麻理恵さんが お片付けの本でミリオンセラー作家になったのも、単に本のタイトルとか内容が良かっただけでなく、彼女の人間性が素晴らしかったからだそうです。

例えば出版のことでお世話になった方には、先方から要求されてなくても律儀にお礼の品物やお金を送っていたそうです。

だから、編集者や出版社も彼女を絶対に成功させたいと本気になったと聞いています。

自作自演かどうかは、プロが見ればすぐにわかりますし、今や一般の方もインターネットで瞬時に情報を得て、判断できる時代です。

私はこんなことに時間をかけるくらいなら、もっと他の人に役に立てることをします。

この自作自演の話を見たとき、私はエイブラハム・リンカーンの次の名言を思い出しました。

一部の人たちを常に、

そしてすべての人たちを

一時だますことはできるが、

すべての人たちを

常にだますことはできない。

これからも、人生を楽しみ、人々を美しく健康で幸せにする!というミッション実現に向けて、チームで力を合わせていきます。

………………………………………………………………

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

歯科医師 原田幹夫

TEL 043-232-9988

メールアドレス:help@uhappy.tv

からお問い合わせを受け付けております。

………………………………………………………………

重度の患者さんを歓迎する理由

重度の患者さんを歓迎する理由

最近、歯がボロボロ、前歯グラグラ、10年以上歯医者に行ってない、口臭、歯周病といった重度の患者さんが多くいらしてます。

素晴らしいことです。

「いまさら歯医者に行っても怒られるのではないかとこわかった」

「恥ずかしくて近所の歯医者には行けないと思っていた」

そんな声をよく耳にします。

しかし、私は重度の患者さんを歓迎しています。

それは、口の中がボロボロであると とてもやりがいを感じるからです。

困っている方を何とかしてあげたい、きちんと噛めるようにしてあげたいというのも大きな理由です。

しかし、それだけでなく重度の患者さんであればあるほど 治療計画をたてたりとか、自分が今まで学んできた中にある たくさんの引き出しから治療方法を引き出していくということが好きなのです。

初診の患者さんに「ボロボロなんです」と言われて、お口の中を拝見すると実はそうでもないことがあります。

本人はひどい状態だと思っていても、ほんの数本むし歯があるだけとかいうことはよくあります。

しかし、中には本当にボロボロの方もいらっしゃいます。

今までこの状態でどうやって食事をしていたの? よくここまで我慢されましたね と感心してしまいます。

こんなときは、レントゲン画像を見て模型を入念にチェックしてどうやったらきちんと噛めるようになるか、複数の歯科医師とディスカッションします。

これもまた楽しいというか、充実した時間です。

そして最善の治療計画、しかしこれだと矯正が必要・患者さんはそこまで希望しないかも、であれば、第2、第3のプランをたてていきます。

そして工程表を作ります。

むし歯になったところを取り除いてお口の中をきれいにしてゆくことは気持ち良いです。

前歯も奥歯もボロボロな状態を治してゆく場合、難解なパズルを解くようなおもしろさもあります。

これは建築に例えると、古い家が建っていたのを一度更地にしてから耕すような感覚でしょうか。

最終的にどうするのかという状態を考えて、歯の形を整えたり、必要であれば抜いたりといった基本的なことをまずやっていきます。

最終的な形をイメージアップします。

時には夜寝る前に突然良いアイデアが出てきてメモすることもあります。

こんなふうにするときれいな状態になってゆくということを患者さんとお話しながら治療を進めていくのは楽しいです。

大きなプロジェクトであればあるほどモチベーションが上がります。

今まで「歯の治療をしてから私の人生が変わりました」と言っていただいたことが何回かあります。

こんなときは本当に良かったと、ここまで頑張ってくれた患者さん、そしてチームで手伝ってくれた歯科衛生士やアシスタント、治療計画でわかりにくいことがあれば何度も伝わるように説明してくれたコーディネーター、帰るときに励ましてくれた受付スタッフ、夜遅くまで作業をしてくれた歯科技工士さんたちに感謝の気持ちでいっぱいになります。

………………………………………………………………

264-0028

千葉市若葉区桜木2-16-24

医療法人社団青慈会
ピュアスマイル
原田歯科クリニック
( 桜木消防署近く )

歯科医師 原田幹夫

TEL 043-232-9988

メールアドレス:help@uhappy.tv

からお問い合わせを受け付けております。

………………………………………………………………

大谷選手 復活のカギになったPRP は、原田歯科でもよく使っています。

こんにちは

ウィンブルドン選手権での錦織圭選手、大坂なおみ選手の活躍が楽しみです。

MLB エンジェルスの大谷選手はケガで休んでいましたが、打者として復活しました。

復帰後さっそくマルチ安打の大活躍とうれしい知らせが入ってきました。

この復活の鍵になったのが PRP というニュースが入ってきました。

この PRP って何だかご存知ですか?

これは Platelet-Rich Plasma の略です。

日本語で説明すると、

血小板を濃縮したもので、新しい組織や細胞の成長を促す栄養素が豊富に含まれています。

 治療においては、患者様の腕から採血し、その血液を専用の遠心分離機にかけ、PRP組織を抽出します。

つまり自分の血液を利用した再生療法です。

実は、この再生療法は、別名 CGF とも呼ばれています。

そして、歯科治療の現場でも一部の歯科医院で使われるようになりました。

原田歯科クリニックでよく使っている治療法です。

何に使うか?

ひとつは抜歯して放置すると抜いた穴に食べ物が入り込んで

そこが感染しなかなか治らなくて

時には痛んだり腫れたりしますね。

しかし, PRP を抜いたところに入れておくと

再生療法ですからとてもきれいにしかも早く治ります。

特に歯科インプラントを予定しているところに入れておくと

骨の回復が早くなるのでインプラントの成功率も上がります。

患者さんの腕から採血して、

遠心分離機にかけジェル状になった CGF を抜歯したところに入れるのです。

人工骨とCGF を一緒に使うと抜いたところが陥没したままになることはなく、

とてもきれいに骨の形、歯ぐきの形が維持されます。

以下、7月5日の日刊スポーツからのニュースを引用します。

大谷マルチ安打 復帰2戦目で右前安打、右二塁打

<マリナーズ-エンゼルス>◇4日(日本時間5日)◇セーフコフィールド

 エンゼルス大谷翔平投手(23)が「6番DH」で先発出場。第2打席で復帰後初安打となる右前安打を放つと第4打席では右二塁打。復帰2戦目でマルチ安打をマークした。

 第1打席は打撃妨害で出塁した。2回2死走者なし。フルカウントから3球ファウルで粘った9球目。外角の138キロにバットを出すと捕手のミットに当たった。打撃妨害で一塁へ出塁した。続くバルブエナの左翼線への二塁打で一塁から一気に生還。先制のホームを踏んだ。

 4回の第2打席では復帰後初安打を放った。無死二塁。マリナーズ先発右腕ルークの初球140キロのシンカーを捉えると鋭い打球が右前に抜けた。

 第3打席は左飛。

 7回の第4打席。2球目の150キロ直球を引っ張り右翼へ痛烈な二塁打。完全復活を印象づけた。

 大谷は約1カ月ぶりの復帰戦となった前日は4打数無安打3三振に終わった。

 大谷は右肘内側側副靱帯(じんたい)の損傷で離脱していたが、故障者リスト(DL)から復帰。6月7日(同8日)に右肘にPRP注射を受け、3週間後の再検査で打撃練習可能との結果が出た。その後、フリー打撃や実戦形式の打撃練習を開始。ケガが判明してから1カ月足らずで打者としてメジャー復帰した。

歯科衛生士さんが見学に来ました。

求人歯科衛生士を前面に出した神戸女学院式の画像     求人歯科衛生士を前面に出した神戸女学院式の画像

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

先日、歯科衛生士さんが見学にいらっしゃいました。

色々なことを質問され、私やスタッフでわかることをお伝えしました。

見学を歓迎します。

連絡をお待ちしております。

◎ 若いうちから正しい治療をするチャンスがある 原田歯科に

 一度見学にいらっしゃいませんか?

原田歯科には、良い点が色々とあります。

ひとつは、職場の中の風通しが良く、またスタッフそれぞれのライフスタイルを大事にしていること。

結婚、出産などで短縮時間勤務を希望なら、たいていの場合 希望が通ります。

また、何か聞きたいことがあったらすぐに質問できる風土があります。

もちろん、歯科の技術面の向上のために自発的に勉強したいスタッフは、医院に残って実習をしたり、外部のセミナーに出て研鑽を積むことが可能です。

実際、技術のレベルアップ、スキルアップのためのマニュアルやマネキンが整備されております。

外部のセミナーも多くの場合、医院で研修費用を負担しております。

さらに、スタッフ数が多いので万一体調がいまひとつな状態になっても有給休暇を取りやすいです。

東京ディズニー・リゾートへの優先入場、チケット代金の値引き、車検費用やスパでのリフレクソロジーの割引など大企業並みの福利厚生がしっかりしているのも特徴です。

実際、スタッフ全員が有給休暇をすべて使いきっています。

これは決してどこの歯科医院でも普通のことではありません。

日本の平均的な歯科医院は、院長先生と女性スタッフが2~3名です。

このような状況では、有給休暇の制度があっても他のスタッフに気兼ねして休めませんよね。

千葉市の原田歯科クリニックは、スタッフ数が20名以上いるので、皆さん 普通に有給休暇を取得して、プライベートを楽しんでいます。

残業も少ないですし、当然のことですがもし残業する場合は きちんと時間外手当を支給させていただいております。

これ以外にも、原田歯科クリニックの良いところはいっぱいあります。

詳しくは、ホームページを見て下さいね。

千葉市若葉区桜木 2-16-24

原田歯科クリニック

www.harada-clinic.com

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv

求人歯科衛生士を前面に出した神戸女学院式の画像   求人歯科衛生士を前面に出した神戸女学院式の画像

メキシコはSanoviv でのアンチエイジング統合医療プログラムを無事終了しました。

こんにちは

引き寄せ歯医者の原田です。

メキシコはSanoviv でのプログラムを無事終了しました。

Healthy Gateway というプログラムに参加し、

スケジュールは朝から晩までぎっしりでしたが、

気分的にはのんびりと過ごしました。

メキシコのカリフォルニア半島(バハカリフォルニア)に所在し、

アメリカのカリフォルニアからも近いので

毎日晴れるのかと思ったら、実際は滞在中のうち2日間は雨とくもりで気温も低めでした。

ただ、それ以外は晴れてくれたので助かりました。

気温は最低で11度、最高で23度、湿度は低めで過ごしやすかったです。

サノビブとは、マイロン・ウェンツ博士が創設した統合医療の施設です。

ここではすべてがオーガニックです。

タバコ、お酒は完璧に禁止、携帯電話は電磁波を発生させるため 自分の部屋か 専用の一室でのみ使用できます。

町中から離れているので日本でレンタルしたモバイルWifi が電波が弱くてつながりませんでした。

インターネットは、その専用の一室のみで使うことができました。

ヘアドライヤーもありません。

電磁波を発生させるからという理由です。

プールの水にも塩素は使わず海水を一部入れているという徹底ぶりです。

メキシコという国自体は治安は決して良くありません。

また、水道の水を飲むのは普通は勧められません。

以前アメリカのテレビドラマ『S and city 』でメキシコのホテルでシャワーを浴びたときにその水を飲んだらお腹をこわした場面がありましたね。

しかし、ここサノビブ自体は高い塀で囲まれており、敷地に入るにはセキュリティ係がいる門を通らないといけないので、安全です。

ただ、逆に言うと敷地外に出ることはできないので、完全に隔離された病院にいるイメージです。

水に関しては、敷地内に水を浄化するプラントがあるので洗面所の蛇口をひねった水を飲むことができます。

また、敷地内には至るところにウォーターサーバーがあるので飲料水はいつでも飲めます。

チェックインするとすぐにピュアコットンの下着と上着に着替えます。

パジャマというか薄いバスローブもすべてピュアコットンです。

靴下もピュアコットンでサンダルが支給されます。

場所はメキシコですが、スタッフは全員流暢な英語を話します。

どのようなことがサノビブで行われているのかをシェアします。

サノビブに来る人は大きく分けて2つに分かれます。

ひとつは健康な人、もうひとつは病気の人です。

カリフォルニアはサンディエゴからクルマで1時間強なので アメリカ人が多いのですが、

実際は世界中から人々が訪れます。

私が滞在したときは、カナダ、スリランカ、ケニアからいらしてました。

食事もすべてオーガニックです。

基本的にオーガニックな野菜と果物が中心です。

5年前までは肉類はまったく提供されなかったのですが、

今では曜日によっては卵、魚、チキンが提供されます。

ただし、牛の骨のスープも日によっては飲むことができます。

木曜日はリキッドデイと言って朝から晩まで液体しか飲めません。

各種のスムージー、ハーブティー、レモン水などだけしか飲めません。

かなり腹が減りました。

曜日によっては11時ころにおやつタイムがあります。

ただし、砂糖は使わず蜂蜜かステビアを使ったものです。

カフェインを含むものは一切ありません。

コーヒー、紅茶はありません。

ハーブティーはたくさんの種類があります。

朝は615分に強制的にテレビのアラームが入り起きることになります。

インターネットができる唯一の部屋は22時に消灯になります。

もうこれは完全に入院ですね。

朝は640分にティーバー(ドリンクバーでなく、ティーバーです)で

レモンを絞ってお湯に入れて飲みます。

その後656分から食堂で Wheat Green という青汁のようなものを飲むことができます。

その後は個人に合わせたプログラムが実施されます。

ある日はヨガ、ある日はラフターヨガ、エクササイズなどです。

その後は、医師の診察を受ける人、デトックスプログラムに入る人に分かれます。

私はデトックスプログラムに入りました。

なので医師の診察がどのようなものかはわかりませんが、一緒になった人の話を聞く限りでは、普通に治療が行われていますし 手術も行われています。

また、歯に関してはアマルガムの除去も行われています。

エクササイズは、トランポリンを利用したエクササイズ、個人に合わせた筋肉トレーニング、ヨガ、太極拳、ラテンダンス、自転車こぎなど様々です。

癒し系のプログラムは、フェイシャルエステ、マニキュア、ペディキュア、指圧、リフレクソロジー、スウェーデンマッサージなどの SPA メニューや音楽ヒーリングがあります。

また、栄養学、ストレス、呼吸、代謝、睡眠などに関する講義もあります。

個人に合わせたプログラムと言いましたが、血液を採取してそれが動く様子をライブで見せて頂くことができます。

赤血球の形や動き、白血球の数などについて詳細なレポートも頂くことができます。

また、心拍数を調べて運動についてのアドバイスをいただけました。

腰や肩の調子がいまひとつな方はその方に応じて適切な運動のアドバイスをしてもらえます。

食事の話に戻りますが、オーガニックな食事のビュッフェですが、

決して量を多く食べたわけではないのですが、

結構お腹がいっぱいになり夜になっても腹が減ることはありませんでした。

これは食事に含まれる栄養素が多いためだと思われます。

サノビブの良かった点は食事が素晴らしかったことと、

ペディキュア、リフレクソロジー、Swedish massage を受けたこと、

マッチョなトレーナーさんから運動についてのアドバイスを頂けたことです。

ただ、いらしている方の多くは 病気の治療のためだったし、

ガン治療のプログラムでわざわざケニアから家族で来ている方もいたので、

正直な話 いたたまれない気持ちになりました。

安全のため敷地外には出ることができないし、

健康のためずっと同じコットン製の衣服を来ていたので

入院していた気分です。

外をジョギングしたかったのですが、できない環境だったのも少し残念です。

帰りにメキシコから米国に入国するのに時間がかなりかかるので

飛行機に乗り遅れるといけないので、

サンディエゴの空港ホテルに泊まりました。

ここは夕食と朝食がついているホテルなのですが、

そこで出された食事は どこにでもあるアメリカのビュッフェスタイルの食事で、

多分食べた量はサノビブでの2倍以上あったのですが

満たされた感じがしないのです。

その代わりカロリーはサノビブでの量よりはるかに摂取したのはわかります。

夕飯をあれだけたくさん食べたのに、夜寝る前になると猛烈にお腹がすいてくる。

ここでスナックを食べたらそりゃ肥満になるわなと思いました。

サノビブでは砂糖入りのものが一切提供されなかったので、

口の中がさわやかでした。

日本だとパンにも砂糖は入ってるし、ありとあらゆる食品に砂糖が入っているので、

口の中にプラークがすぐについてしまいます。

従って、フッ化物入りの歯磨きペーストは不可欠です。

しかし、砂糖が入ってないものばかり食べていたらフッ化物入りの歯磨きペーストは

不要だということがわかりました。

敷地内では香水をつけることは禁止です。

以前 TFT 思考場療法を勉強したことがあるのですが、そこでも香水を付けることによる弊害が言われていました。

サノビブでのメキシコ人スタッフは意外にもアメリカ人に比べてシャイな方が多かったですが、話すと結構フレンドリーでした。

また、今まで何度かサノビブに来たことがあるという方から色々な話を聞くことができたのも良かったです。

オーガニックな食事、スパやマッサージを組み込んだプログラムは、

スリランカ、タイ、バリ島にもあります。

しかし、医療施設も併設しているところは珍しいのではないでしょうか?

代替医療、統合医療に興味がある方はこのメキシコのサノビブに一度は行ってみると良いのではないでしょうか?

Sanovivサノビブ写真DSC07719