スウェーデンの歯科病院ではランチタイムとは別に50分強制的に休憩時間がある。

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

紅葉が美しい季節になりました。

私が好きな紅葉スポットは、福島県の只見線沿線です。

とても素敵な鉄道写真が撮れることで有名です。

先日歯医者の商業雑誌を読んでいたら興味深い記事がありました。

スウェーデンに留学されている歯科医師の記事です。

スウェーデンでは、お茶を飲んだり、お菓子を食べたりしながら会話を楽しむ習慣(フィーカ)が職場や生活文化に欠かすことができない。

留学先では、9:30~10:00と14:30~14:50がその時間に当てられている。

ランチタイムとは別にである。

実験の計画を立てる場合でも、その時間(フィーカ)に重ならないようにすることが重要である。

どんなに忙しくてもフィーカの時間を確保することで仕事にメリハリが生まれ、短時間でも作業が進み、効率よく仕事につながる。仲間と談笑しながら気軽に相談でき、コミュニケーションも活性化される。

実はスウェーデンは論文の審査が非常に厳しい国です。

筆者はこう続けます。

留学当初、他の留学生と「なぜこんなにフィーカばかりしているのに、論文を提出できるのだろう?」と疑問に思っていた。

しかし、フィーカこそがフラットなコミュニケーションを促し、研究を円滑に進める秘訣なのだろう、と締めくくっています。

休憩時間など取らず、ひたすら仕事をしたほうが能率が上がると思いがちですが、実は逆なのですね。

私にも似た経験があります。

米国でインプラントの実習コースに出たときのことです。

休憩時間は、教室から半強制的に外に出されました。

教官からは参加者どうしでコミュニケーションを取れと言われました。

こうなると地元アメリカ人はもとより、海外(カナダ、グアテマラ、ベトナムなど:日本人は私だけでした)からの参加者と英語でコミュニケーションすることになります。

このことが直接仕事に役立ったかどうかは別として、間違いなく視野が広がりました。

例えば、ベトナムからの参加者は相当大変な経験をして歯科医師になったことがわかりました。

昔の日本では、「24時間働けますか?」というテレビコマーシャルがありましたが、そんなことを続けて良いわけがありません。

フィンランドの歯科工場に見学に行ったときも、1時間に5分間全員が一斉に強制的に休憩を取らされていました。

きちんと休むことによって気持ちに余裕ができるし、能率が上がるのですね。

>>>>>>>>>>>

Hello

I’m Harada from the Harada Dental Clinic.

It’s the season when the autumn leaves are beautiful.

My favorite spot for autumn leaves is along the Tadami Line in Fukushima Prefecture.

It is famous for taking very nice railroad photos.

The other day I was reading a commercial magazine for dentists and found an interesting article.

This is an article about a dentist studying abroad in Sweden.

In Sweden, there is a custom (Fika) to enjoy conversation while drinking tea or eating sweets.

It is indispensable for the workplace and life culture.

At the study abroad destination, 9: 30 ~ 10: 00 and 14: 30 ~ 14: 50 are devoted to that time.

It is separate from lunch time.

Even when planning an experiment, it is important not to overlap the time (Fika).

No matter how busy you are, securing time for Fika will give you a sharper job, and the work will proceed even in a short time.

It leads to work efficiently. You can feel free to consult with your friends while chatting, and communication will be activated.

In fact, Sweden is a country where the examination of papers is very strict.

The writer continues like this.

At the beginning of my study abroad, I was wondering with other international students, “Why can they submit their dissertations even though they spend so much time on Fika?”

However, he concludes that Fika is the key to facilitating flat communication and facilitating research.

It’s easy to think that it’s more efficient to just work without taking breaks.

It’s actually the opposite.

I have a similar experience.

It was when I attended an implant training course in the United States.

During the break, I was semi-forced out of the classroom.

The instructor told me that the participants could communicate with each other.

If this happens, you will be able to communicate in English with participants from overseas (Canada, Guatemala, Vietnam, etc .: I was the only Japanese) as well as local Americans.

Whether this helped me directly or not, it definitely broadened my horizons.

For example, it turned out that participants from Vietnam had a great deal of experience and became dentists.

In old Japan, there was a TV commercial saying “Can you work 24 hours a day?”, But there is no reason to continue doing that.

When I went to a dental factory in Finland, everyone was forced to take a break for 5 minutes an hour.

By resting properly, you can relax and improve your efficiency.

削らなくてよい歯を削る残念な歯医者

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

最近すっかり涼しくなりましたね。

先日、新栗の栗ご飯をいただきました。秋は食べ物が美味しいですね。

先日知り合いの歯科医師からこんなことを聞きました。

これは実際に本人の口から聞いたことです。

その歯科医師はある歯科医院に非常勤で勤務しています。

そこの医院の方針は歯の表面が茶色くなっていたらどんなに小さくても削って詰めて医院の収入をアップせよという方針だそうです。

これって30年前の歯医者ならあったことかもしれませんが、未だにこんなことを、しかも意図的にやっているとは非常に残念です。

歯の表面がちょっと茶色くなっているとしてもそれは治療が必要なむし歯とは限りません。

歯が茶色や黒になっていて特に穴が開いてなければまずやるべきことがあります。

それは正しい診断を立てることです。

例えばレントゲン撮影して本当に歯の中がむし歯なのかを調べます。

こんなこともしないで、口の中を見ただけでいきなり歯を削ってササッと詰め物をして診療報酬を稼ぐとは残念な医院です。

その知り合いの歯科医師は良心があったので、削らなくてよい歯を削らずに経過観察にしたところ、医院の報酬が上がらないので勤務日数を減らされたそうです。

歯の表面がちょっと茶色でも3ヶ月に1回の歯科定期健診をして、むし歯予防のフッ化物塗布をしていれば、そのまま何十年も歯を削らずに長持ちすることは普通にあります。

一方、歯の詰め物は所詮人工物ですから、一生モノではありません。

具体的には、歯の詰め物の寿命は平均5年程度と言われています。

今の日本人の平均寿命は何年ですか?

約80年です。

その人生の中でたった5年しか持たないものを入れたらどうなるか?

詰め物が外れたり欠けたりしてやり直す日が来ます。

再度治療するときには、さらに大きく歯を削ります。

これを5年毎に繰り返したらどうなるか?

詰め物はどんどん大きくなり、やがては被せ物になり、次は歯の神経を除去し、さらには歯が割れて抜かなければならなくなるというマイナスのサイクルに入ります。

あのとき削らなくてよい歯を削ったためにです。

私は複数の学校の学校歯科医をやっています。

毎年学校で歯科健診を行うのですが、5年以上前から健診で CO ( シーオー ) という歯の診断項目があります。

CO の C は、むし歯(カリエス)のこと。O は、オブザベーション、つまり経過観察のことです。

要するに歯科健診項目でもすでに、すぐに治療せずに経過を見ろよ!という項目があるわけです。

このことは歯科医師なら誰でも知っていることです。

にもかかわらず、不必要に健康な歯を削って(人さまの体に傷をつけて)診療報酬をいただいているのは犯罪に値すると私は考えますが、どう思いますか?

千葉市の原田歯科クリニック

https://harada-clinic.com

 

真っ当なインプラントは感染予防対策しっかりの医院で

今月も順調に歯科インプラント治療を行っております。

自分の歯やインプラントで咬むことができる人と歯が抜けたままの人を比べると、きちんと咬むことができる人のほうが全身状態も良いし、認知症にもなりにくいことが2000年代の前半からわかっています。

 私自身もインプラントが入っています。

インプラントの前に仮の入れ歯を入れていたのですが、歯ぐきに食い込むし洗う手間はかかるし、食事していても楽しくありませんでした。

実際、原田歯科クリニックに通っている方で配偶者に入れ歯を入れていることを隠し続けている方が複数名います。

>>>>>>>>

インプラントはどこの医院でも同じようにできるわけではありません。

なぜなら、これは他のインプラント歯科医師も同じことを言ってますし、私の3000本以上のインプラント経験からも言えるもですが、骨の量が十分にあって楽にインプラントできる方は全体の3分の1程度です。

それ以外の約70%の方は、骨の量が少なくて骨増大術をしたり、抜歯と同時にインプラントを入れたり、決して易しい処置ではありません。

つまり、他のどんな処置でもそうですが、経験がものを言います。

>>>>>>>>

最近インプラントした事例では、むし歯が進行して3本抜歯、その日のうちに仮の入れ歯を入れて、インプラントもその場で入れる。

インプラントと顎の骨との隙間には人工骨を入れて縫合する。

 文章で書くと簡単そうに見えるかもしれませんが、実際は大口式などの骨増大術をし、歯を抜くときも極力骨を保存する抜き方をするなど、ひとつひとつのステップをとても大事にしています。

そしてインプラントの上に歯(歯冠修復物)が入った後は、長持ちさせるために定期管理を行ったり、咬む力が強すぎる人はボトックス注射を6ヶ月ごとに行ったりしています。

>>>>>>>>>

歯科医院というのは、ずっと前から感染予防をしっかりやっています。

歯科医師は誰でも学生のときに、厳しい教官がいて消毒や滅菌に関して徹底的に教育された経験を持っています。

また、さらにここ10年ほど、歯科医院では口腔外吸引器を設置することを厚労省から推奨されています。

原田歯科クリニックでは、1990年代から当然のこととして口腔外吸引器を歯科用チェアーに設置しています。

これで治療中に出るものは99%吸引されます。

さらに手術室用の空気清浄機が医院内に7台設置されており、患者さんはもちろん、働くスタッフにとっても安全な環境を提供しています。

なので、歯のことでお悩みでしたら安心して相談にいらして下さい。

千葉市でインプラントなら原田歯科クリニック

こちらをクリック

https://chiba-anshin-implant.com

インプラントの技量が高い歯科医師も大事ですが、感染予防対策をしっかり行っている歯科医院が安心だと思いませんか?
インプラントの技量が高い歯科医師も大事ですが、感染予防対策をしっかり行っている歯科医院が安心だと思いませんか?

歯医者でPCR検査はやりません。

2020年4月27日の報道で歯科医師がPCR検査を実施できるというものがありました。

しかし、一般の歯科医院ではPCR 検査は行いません。4月27日の報道は、医師や看護師、臨床検査技師でなくても歯科医師ならば新型コロナ肺炎のPCR検査を実施できるというものでした。

これは、今後新型肺炎の患者や感染者数が急に増えた場合、医師だけでは人手が足りないので歯科医師でも検査できるようにするためです。

検査をするとしたら、大学病院などのある程度大きな規模の病院で行うと思います。

現在、PCR検査をしてほしくてもなかなかしてもらうことができないようです。中には心配なので早く検査してほしいと思っている方もいることでしょう。

しかし、歯科医院というのは歯科治療を行う場所です。日本歯科医師会から各歯科医院に通達が来ておりますが、一般の歯科医院にPCR検査キットを配布する予定はありません。

一般の方がいきなり歯科医院に検査目的で行くことはやめて下さい。検査を希望される方は保健所などに問い合わせて下さい。

  • ●歯科医院でPCR検査するのはなぜ危険なのか? そして非現実的か?

・検査後は建物の中を消毒しなければなりません。同じ建物で歯科治療をするわけにはいきません。

・多くの歯科医院は総合病院と比べて建物の面積は小さく、入口はひとつしかありません。検査後14日間も歯科治療できないことになります。

・今回 検査できるのは、歯科医師とされています。歯科衛生士ではありません。検査を担当した歯科医師は、14日間も自宅待機しなければなりません。もし医院外の駐車場のテント(野戦病院的なもの)で行うとか、どこか外部の施設で行うとしても、多くの歯科医院で歯科医師1名が診療できないとなると、歯科医院にはそんなに歯科医師は在籍していないので診療業務が滞ってしまい、現実的ではありません。

・こうして一般的な歯科治療が中断することのほうが、患者さんにとって遥かに不利益が大きいです。例えば歯周病の治療は緊急性はないかもしれませんが、2週間も放置すれば病状は悪化し、糖尿病、心臓病など他の臓器の病状を悪化させることは20年以上前から知られています。

・大学病院ならば、研修医など実際に担当患者さんがいない歯科医師がいますし、また歯科医師免許を持っているが実働してない者もいるので、こうした歯科医師たちに検査をしてもらうほうが良いと思いませんか?

・PCR検査をきちんとするなら検査1回ごとにガウンをすべて交換しないといけません。従って非常に時間がかかります。これはあくまでも想像ですが、本当に毎回ガウンや高価なN95のマスクを交換しているのか?

実際は手袋だけ交換しているケースもあるのではないですか?

  • ◎原田歯科クリニックでの現状のコロナ対策

・コロナ騒ぎのような感染症は、SARSや新型インフルエンザなど過去に何度か起こっています。その度に医院内の消毒・滅菌システムを見直すことはもちろん大事です。

しかし、こうして騒ぎが起きるたびに、それなら口腔外吸引器は値段が高いから家庭用の掃除機の吸込口に紙コップをつけて代用しようとかしている歯科医院があるのは、とても残念です。

こんな家庭用掃除機で口の周囲に飛んだものを全部吸うことは不可能です。

・原田歯科クリニックでは、1990年代からすでに口腔外吸引器は装備しております。

・また、手術室やクリーンルームレベルに医院内の空気を浄化するための超パワフルな空気清浄機を8台設置してあります。

・エアロゾルについて誤解している方がいます。歯科治療で歯や詰め物を削る時に使うハンドピースの中で、キーンと音のするタービンについて説明します。タービンにはわかりやすく言うと、高品質なものと低品質なものがあります。高品質なものは歯を削るバーを高回転で回した後、一定時間タービンの中のものを外に排気します。これは歯を削ったときの患者さんの口の中のものをタービンの中に吸い込まないようにするためです。

排気したものは、口腔外吸引器ですべて吸い取りますので、部屋の中に排気が行くことはありません。

しかし、低品質なタービンだと、歯を削ったときの削りクズを排気せず、タービンの中に吸い込んだままになってしまいます。

もちろん、原田歯科クリニックではすべてのタービンが高品質なものです。

・そしてこうしたタービンやモーターはもちろん、患者さんごとに交換し、高熱シリコンオイルを利用して安全レベルまで消毒しております。これで菌やウィルスはなくなります。

・部屋の換気はマメに行っています。

・人が触れるところは、定期的に消毒しています。

・待合室が複数あるので、分散して座っていただいております。個室診療室でお待ちいただくこともあります。

・待合室の椅子の配置も改善しました。

・待合室での滞在時間を短くするため、診療室で次回の予約を入れています。

・37度未満でも普段より熱が高かったり、少しでも体調がすぐれない場合は、医院内への入場をお断りして、電話で次回の予約変更しています。

・スタッフについても、普段より熱が高かったり、少しでも体調がすぐれない場合は、自宅待機させています。

・スタッフの昼食しながらの会話を禁止しています。食事後にマスクしての会話は許可しています。

・スタッフは業務後に早く帰り、睡眠を十分に取るように指導しています。

・スタッフの副業は禁止しています。

・スタッフの飲酒を伴う食事会への参加は禁止しています。新人歓迎会もしていません。

・親類以外の結婚披露宴などのパーティーへの参加を禁止しています。

・もちろん、ナイトクラブなど3密の場所への出入りを禁止しています。

・原田歯科のスタッフが実際に複数名 医院内で患者となって診療を受けています。安心だからです。患者の視点から改善点があったらすぐにスタッフに伝えて改善しています。

  • ◎毎月の通院者数とスタッフについて

・3月までは毎日100名の方が来院していました。

4月からは60~70名に減らせていただいております。

逆にスタッフ数は5名増えております。消毒・滅菌・清掃には器具だけでなく、マンパワーが必須だからです。

残業は極力減らして早く帰宅し、十分に睡眠をとり体調を整えることは以前から重視しております。受付のフルタイムの仕事で毎日7時前に帰れるなんて珍しいとよく言われます。

 スタッフにはきちんと給料を支払っています。

モチベーション高く働いてくれるスタッフに感謝しているからです。

  • ☆最初の頃は歯科医師会もコロナのようなことは初めてのことだったので、不要不急な治療は控えるようにという通達を出しました。

これは、実はアメリカの歯科医師会が出した声明をほぼ丸パクリでした。

 私はアメリカや欧州の歯科医院を何度も見学したことがあります。

日本との決定的な違いがあります。

それは確かにトップレベルの歯科医師や歯科技術は欧米には素晴らしい方やすごい技術があります。しかし、平均レベルで見たら、日本は世界的に見てかなり上にいると思います。

それから日本には1990年代から口腔外吸引器が全国の歯科医院に広まっていました。しかし、未だに欧米の歯科医院には口腔外吸引器はほとんどありません。これは決定的な違いだと思います。

また、私たちは子供の頃から外から帰ったら手を洗うことを躾けられていますし、毎日お風呂に入る人も多いです。

しかし、信じられないかもしれませんが、彼らは必ずしも食事の前に手を洗いません。

話が飛びましたが、コロナのことが少しずつわかってきたせいか、今では歯科治療は必要ですし、痛くないから治療しなくて良いなんてことはおかしいという考えに変わってきています。

冷静に考えれば、むし歯を放置したら自然に治るわけがなく、少しずつ進行します。子供の歯の場合は1週間たっただけでもかなりむし歯が進行してしまいます。

むし歯が進行すれば歯の中の神経を除去しなければならないことがあり、そんなことになったら通院回数も増えますし、医療費も高くなります。

また、歯周病は痛くない間に進行します。

口腔ケアは歯の着色を除去するだけではありません。

歯磨きだけでは除去することができないむし歯菌、歯周病菌を除去します。予防は治療に優るとは英語でもことわざになっているほどです。

インプラントは緊急性がないから控えるべきだと言っている方がいました。では歯が抜けたまま放置してよいのでしょうか?ものを噛むことができなければ、生活の質が下がります。

口腔ケアや治療を怠ると外出自粛で唯一の楽しみである食事を楽しめないので、ストレスが溜まります。ストレスが溜まれば免疫力が低下し、病気にもかかりやすくなります。

口腔ケアや歯科治療を決して後回しにしないで下さい。  

 

千葉市若葉区桜木2-16-24      

原田歯科クリニック

原田幹夫

千葉市の原田歯科は桜木消防署の近くです。

https://harada-clinic.com/                    

PCR検査やらない 原田幹夫写真拡大鏡by藤井写真家2015APR20

原田歯科クリニックは千葉駅からバスで15分です。
原田歯科クリニックは千葉駅からバスで15分です。

【コロナがイヤなら歯医者に行け!】

歯医者さんでは昔から感染予防教育が徹底されています。30年以上前からB型肝炎のように感染力が強い病気はあったので、手袋、マスクをするのは当たり前でした。口の中に入るものなので、滅菌や消毒について歯科医師、歯科衛生士になる人は厳しく教育を受けています。

学生の頃に消毒・滅菌についてとても厳しい教官がいて、清潔域のことなどを徹底的にたたきこまれてきました。

また、口の中、舌の表面には色々なバクテリアがいて、この数を減らすとインフルエンザなどの感染症を防ぐことができることは、20年以上前から知られてきました。

歯科の施術・治療では口の周囲に色々なものが飛びます。しかし、そうしたものは口腔外吸引器というパワフルな掃除機のようなもので、完全に吸い取ります。歯が悪いと美味しいものを食べることができない、ものをきちんと咬むことができない、入れ歯がこわれたままだと体力も落ちてしまいます。体力が落ちれば、色々な病気になりかねません。

中には心をやられてしまう人も出てくるでしょう。

私は海外の歯科医院を何度も見学したことがあります。しかし、アメリカやスウェーデン、ドイツといった世界中から歯科医師が学びに来る国の歯科医院でも口腔外吸引器が付いているところはほとんどありません。一方、日本というのは世界でも有数の清潔好きの国なのでしょうか、この口腔外吸引器が1990年代から全国に普及しております。実際、歯科の保険診療のガイドラインでも、口腔外吸引器を付けることが推奨されています。

この口腔外吸引器が普及したことによって、患者さんが安心なだけではありません。歯科医院で働くスタッフもキレイな空気の環境で働くことができて安心なのです。

【動画で口腔外吸引器を説明します】

【コロナがイヤなら歯医者へ行け!】

すべての治療・施術用のチェアに口腔外吸引器を設置しております。口の外に飛んだものはすべて吸い取ります!
すべての治療・施術用のチェアに口腔外吸引器を設置しております。口の外に飛んだものはすべて吸い取ります!

4時間ノンストップで話しました!歯科医院だけでないどの業種でも使える再現性のある求人・採用・定着のコツ

こんにちは

引き寄せ歯医者の原田幹夫です。

ラグビーのワールドカップが盛り上がってますね。

試合前に一部のチームで行う儀式も素晴らしいです。

特にNZ オールブラックスのハカはすごい気迫ですね。

あのハカは実は葬式でもやるものだそうです。

さて、今 日本中どの業種でも課題になっているのは、人手不足です。

これは日本の歴史に中で初めてのことが起きているからです。

それは、高齢者の比率が急激に増えて若い人の比率が減っていることです。

また、仮にうまく採用できてもすぐに辞めてしまう、どうしたらわからないということが実際に日本中で起こっています。

これは採用する側に企業にとっても、働く人にとっても困ったことです。

これは単に若い人の比率が減っていることだけが原因ではありません。

職場の側が事前に対策を立ててそれを忠実に実行していけば、例えば歯科医院では歯科衛生士、歯科助手、受付、コーディネーターといった方が輝き続ける定着率が上がる といった好循環になります。

そこでかつては求人・採用・定着に関して多くの企業さんと同じように苦労してきた原田歯科クリニックがこの5年間で順調に採用・定着を実現している。

この秘訣を多くの企業さんにシェアし、日本が元気になれるようにとの思いで、DVD 122日に発売することになりました。

当初は延べ3時間、DVD 3本の予定でした。

しかし、特にSNSの利用法など一般に知られてない方法を詳しく話した結果、延べ4時間にわたる収録を完了しました。

この4時間はノンストップ、休憩なしで話し続けました。

とにかく買っていただいた方に成功してほしい。

その思いをこめて話したのであっという間でした。

DVD 4本で発売される予定です。

お楽しみにしてください。

これを見た医院さんが採用・求人・定着を成功させ来院者さん、スタッフさん、業者さんも含めて多くの方がハッピーになれるようにとの思いで楽しく収録できました。

2014年にスタッフの3分の2が退職し、そこから今もいるスタッフの力でV字回復し、衛生士学校からも「原田歯科クリニックに勤めなさい!」とイチオシしてもらえるようになった秘訣について話しました。

繰り返しますが、122日に発売予定です。

撮影スタッフの皆さま、インタビュアーさん、原田歯科のスタッフさん、

皆さま、ご協力ありがとうございました。

この、【求人・採用・定着を成功させる再現性がある秘訣】のDVD収録 では、歯科医師、歯科衛生士が実習で使う歯の模型付きのマネキンを紹介しました。

こちらのマネキンの名前は「佐藤みどり」という名前でスタッフに親しまれております。

医院見学の際は、リアルなみどりさんにお目にかかることができます。

このDVD を繰り返し見て体に落とし込んでいただき、実行していただくと必ずうまくいきます。

歯科医院を題材に収録しましたが、歯科医院をあなたの業種に置き換えると十分に応用がきく内容です。

122日に発売ですので、楽しみにしてください。

なお、プロスピーカーでもある私 原田の語りは、4本のDVD すべて楽しく視聴できる内容になっております。

しゃべりは4時間ぶっ通し、その後はインタビューを受けました。医院で実習で使っているマネキンの佐藤みどりさんにも出演していただきました。
しゃべりは4時間ぶっ通し、その後はインタビューを受けました。医院で実習で使っているマネキンの佐藤みどりさんにも出演していただきました。