矯正装置とむし歯や歯周病の関係は?

投稿日: 2018年10月31日

おとなの矯正でよくある質問をご紹介します。

Q 矯正装置を入れると虫歯や歯周病になりやすくなってしまいませんか?

A 矯正装置が入ると歯磨きがしにくくなります。
しかし、矯正治療がむし歯や歯周病の直接的な原因になるわけではありません。

むし歯のなりやすさは唾液の成分や食生活に影響され、
歯周病のなりやすさは、歯肉ポケットの深さや歯を支える骨の吸収の程度、全身状態などによって異なります。

矯正治療前に虫歯や歯周病が明らかな場合には、むし歯や歯周病の治療を優先していただく場合があります。

当クリニックでは、矯正治療を行う前に、唾液の状態を調べて、むし歯や歯周病のリスク判定をします。

口腔内が悪い状態だったり、歯磨きが行き届かないうちに装置をつけてしまうと、
装置が取れやすくなり治療が進まない、歯肉から血が出てしまう(歯肉炎になる)、ブラケットを外した後に、むし歯になっている場合があるからです。

そういったことにならないように、矯正治療前または治療中にも、歯磨きの指導を行う場合があります。

装置を付けている間は定期的にクリーニングを行うため、歯肉の状態も良くなり歯周組織も改善することがあります。

歯並びを良くすることは、歯磨きをしやすい環境を整えることでもあります。
歯並びを直すと同時に歯や歯周組織の健康も向上させるためには、患者さんご自身のホームケアが大変重要です。

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!