永久歯の数が足りない?!多い?!

投稿日: 2018年10月9日

永久歯が、ない?!
永久歯が、多い?!

と、歯医者さんで言われたことがありますか?
永久歯は親知らずを除くと28本になります。

歯の先天性欠如とは本来あるべき永久歯がないことをいいます。
乳歯が長く残っていたり、歯にすき間ができたり、歯並びが悪くなったりすることがあります。
乳歯の下では永久歯になるための歯の卵のようなもの歯胚(しはい)が作られますが、何かの理由で歯胚が出来ない場合は永久歯が萌出せず、先天性欠如歯(せんてんせいけつじょし)となります。

また、子どもの永久歯がなかなか生えてこない場合、永久歯があごの骨や歯茎の中で止まってしまい、出てこられなくなった状態の埋伏歯(まいふくし)である可能性があります。
乳歯が抜けて半年以上しても永久歯が生えてこないようなら、歯医者さんに相談しましょう。

逆に歯が正常な数よりも多くある歯のことを過剰歯(かじょうし)といいます。
子供の乳歯は20本、大人の永久歯は親知らずを抜いて28本、これよりも多くある歯を過剰歯と呼びます。

歯が作られるとき、顎の骨の中で歯胚が余分に作られたり、 何かの原因で二つに分かれたりすることで過剰歯ができます。

近年、子どもの10人に1人に先天性欠如がみられるといいます。
永久歯がない場合は将来的な計画が必要になります。
歯列矯正をするのかそのまま乳歯を使い続けるのか、しっかりかかりつけの歯医者さんで相談してください。

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!