歯医者嫌いの人ほど「予防歯科」が必要です

投稿日: 2018年9月11日

日本の歯科診療は治療が中心でした。
「歯が痛くなったら歯医者へ行く」という認識の人も多いと思います。
ここ最近では、「歯が痛くならないように歯医者へ行く」という人も少しずつ増えてきています。
この、歯が痛くならないために行う診療が「予防歯科」です。

日本では周知されてきてはいますが、諸外国と比較すると遅れています。
虫歯や歯周病にならないためには、歯科医院で定期的にメンテナンスを受けることが必要なのです。

予防歯科では、虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)・歯石を除去するクリーニング、そして、噛み合わせの調整、セルフケアの指導(ブラッシング指導)、生活指導、フッ素塗布などを行います。
毎日歯磨きをしていても、全ての汚れは落とせていません。
歯と歯の隙間、歯と歯茎の隙間など、歯ブラシが届きにくい部分は汚れを十分に落とすことが難しく、プロのケアが必要になります。
そのまま汚れを放置してしまうと、汚れが蓄積して、虫歯や歯周病などの原因になってしまうため、定期的にプロのケアを受け、徹底的に口の中をキレイにすることが虫歯・歯周病予防、再発予防に必要なのです。

予防歯科の頻度は、その人の口の中の状態によって違ってきます。
歯周病や虫歯リスクが高い人ほど、頻度は高くなりますが、3~6ヵ月に一度のペースでの受診をお勧めするケースが多いです。
自分は虫歯や歯周病のリスクが高いのかどうか、ご存知ない方も多いと思います。
予防歯科では、ご自身の口の中の状態の把握にもつながりますよ。

「歯医者さんが嫌い!」という人は少なくありません。
しかし、歯医者がイヤなのは、歯を削ったり、麻酔をしたり、痛い治療をするからではないでしょうか。
病気の早期発見・早期治療によって、治療の負担も少なくなります。
虫歯や歯周病は進行すればするほど、痛い治療が必要になりますし、負担が大きくなってしまいます。
虫歯や歯周病は、自然に治ることはありませんから、早めの治療、定期的メンテナンスをすることが、痛い思いをしないため、口の中の健康を維持して生活の質を向上させるためにも必要なことと言えます。

歯が痛くなくても、定期的に歯科健診を受けましょう(^O^)

原田歯科クリニックでは、プロの歯科衛生士さんが予防歯科を徹底してくれます。

 

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!