妊婦さんが歯周病になりやすい理由

投稿日: 2018年10月5日

妊婦さんが歯周病になりやすい理由

女性は妊娠すると歯周病になりやすくなるといわれています。
妊娠と歯周病の関係については、女性ホルモンが大きく関わっていると考えられています。
妊娠中は血液中の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が増加し、特にエストロゲンという女性ホルモンは、ある特定の歯周病菌の増殖を促進し、歯肉を形作る細胞を標的とすることが知られています。
プロゲステロンという女性ホルモンは、炎症のもとであるプロスタグランジンを刺激します。

これらの女性ホルモンは、出産前には月経時の10~30倍になるともいわれるため、妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起きやすくなりますが、歯垢が残っていない清潔な口内では歯肉炎は起こらないか、起こった場合でも軽度でおさまります。

歯周病をそのままにしておくと…
お腹の赤ちゃんに与える影響とは?

重い歯周病により発生した歯茎の炎症物質が子宮を収縮、陣痛を促進する物質の分泌を促し、早産となり、低体重児出産の原因になるといわれています。
またこの場合に生まれた赤ちゃんはむし歯に罹患しやすく、進行も早いという研究結果も出ています。
実際に低体重児出産の母親には歯周病罹患者が多く、早産の可能性も歯周病罹患者である妊婦では7~7.5倍も高まるとも言われています。

当クリニックは、千葉市の無料妊産婦健診の対象クリニックです\(^o^)/
ご自身のためだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも健診をうけましょう!

 

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!