切端咬合とは?

投稿日: 2018年10月20日

切端咬合(せったんこうごう)とは、上下の前歯が互いに先端で接触している状態です。

一見すると、綺麗に咬み合っているように見えますが、これは異常な状態です。

前歯の先端が上下で接触していると、次第に歯が擦り減ることになります。
場合によっては歯が欠けてしまうこともあるのです。

正常な歯並びでは、上顎の前歯が下顎の前歯を少し覆っています。
これを正常咬合といいます。

切端咬合の状態では、食べ物をよく咬むことができなかったり、下顎(かがく*下あご)がしゃくれた感じになってしまい、下顎ばかり目立ってしまうことや、発音が不明瞭で聞き取りにくい等の悩みを持つ患者様が多いです。

自分の歯並びで気になる方は、歯医者さんに相談しましょう。

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!