交差咬合とは?

投稿日: 2018年10月22日

上下の歯のかみ合わせが横にずれている状態をいいます。
これは、歯の位置異常によるもの、
その位置異常のため下の顎(あご)を横にずらしてかんでいるもの、
あごの骨の変形が起こっているものなどが考えられます。

成長期に下顎骨側方偏位が認められる場合、正常な顎骨の成長を阻害し、いま以上にその状態が悪くなる可能性があります。
そのため、かみ合わせのズレだけでなく、顎骨の変形を引き起こし、顔の歪みを生じる可能性があります。

【弊害】ほうっておくとどうなるのでしょうか。

◆咀嚼障害(そしゃくしょうがい)(咀嚼能率の低下、咬合力の低下)、上下の歯でしっかり咬めない
◆嚥下(えんげ)、発音がしにくい
◆お顔の変形(顔が曲がってしまう)
◆上下のあごの骨の成長障害(成長不良、過剰な成長)
◆顎関節症の原因になりやすい(下あごの運動障害、痛み、音)
◆全身への影響(胃腸障害、肩こりなど)
◆顎関節症の原因になることもある(下あごの運動障害、痛み、音)
◆口腔内の清掃不良・虫歯になりやすい・歯肉炎、歯周炎になりやすい・口臭の原因

噛み合わせが気になる方は一度、歯医者さんで診てもらいましょう。
歯並び 矯正についてのご相談はお気軽にお問い合わせください。

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!