不正咬合とは?

投稿日: 2018年10月23日

正常な歯並び・咬み合わせは健康的に見えます。
不正咬合(ふせいこうごう)は、見た目だけではなく、顎関節症や呼吸機能に少なからず悪影響を与えます。

不正咬合の分類

①歯並びが悪い
②上顎前突(出っ歯)
③反対咬合(受け口)
④開咬
⑤顎偏位(あごが曲がっている)
⑥低位咬合(奥歯の咬む高さが低い)
⑦永久歯の先天性欠如(永久歯がもともと無い)
⑧下顎骨の変形

不正咬合の多くは、歯並びが悪くて上顎前突(じょうがくぜんとつ)かつ低位咬合(噛みあわせが深い又は低い状態)であったり、反対咬合(受け口)と顎偏位(あごのズレ)が同時にあらわれたりというように、複数の原因が重なっています。

悪いかみ合わせによって、口呼吸・顎関節症・鼻炎・副鼻腔炎・いびき・無呼吸・顔のゆがみ・気管支炎が引き起こされやすい形態と言えたり、なりやすいなどのリスクがあります。

不正咬合の状態を確認する場合、歯科医院での診査・診断が必要となります。
また、治療開始期間は治療目的、方法等によってそれぞれ異なります。

自分は矯正治療が必要なのかどうか、気になるようなら歯医者さんに相談してみましょう。
あなたに、あった矯正方法が必ずあります。

当クリニックでは、様々な矯正方法をご用意しています。
まずは、ご相談にいらしてください。

 

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!