どんな食べ方をしていますか?

投稿日: 2018年10月19日

あなたは、どんな食べ方をしていますか?

下のような食べ方をしている人は要注意です。

1.食べものをボロボロとこぼす

原因は舌で食塊を包みこめないからです。
ガムでガムの塊を丸められるように練習してみましょう。

2.食べるのが遅い

原因は食べるのが遅いからではなく、食べ物を飲み込めないからです。
飲み込めない原因は、嚥下反射がないからです。
ゴックンが、なかなかできないということ。
嚥下反射は舌の後方1/3にある、舌咽神経により現れます。
大臼歯で臼磨運動(うすすりうんどう:臼歯に食べ物をのせて歯ですりつぶす)が進行して、食塊が小さくなると嚥下反射(えんげはんしゃ:飲み込む)が起こります。
食べるのが遅い子は奥歯ですり潰す運動がないからです。
奥歯でしっかり食べ物をすり潰すようにお子様に話ましょう。

3.食べるのが早い

原因は食塊を流し込んでいるからです。
飲み物を、飲みのみ流し込んでいるかもしれません。
食事中に水や麦茶を飲みながらではなく、食べ終わったら飲むようにしましょう。
前歯で噛み切って、奥歯ですり潰す食べ方が出来ず、奥歯だけで噛んでいると、すぐに飲み込んでしまいます(嚥下反射が起こるため)。
上手な食べ方を練習するには、食べ物の大きさがポイントです。
小さく切って、食べやすくするのではなく、ある程度の大きさのものを自分の前歯で切って食べられるように、工夫しましょう。

歯並びに関してのご質問、また矯正治療についてのご相談など、お気軽にお問い合わせください。

原田歯科クリニック|千葉市若葉区
043-232-9988

他では見れない裏情報

治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。治療・手術・施術中のお水は厳しい水質検査をクリアした安心安全なものを使っています。
安心安全な医療の実現を目指しています安心安全な医療の実現を目指しています
2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!2012年歯科甲子園第1回覆面調査で100点満点をいただきました!