見学、面接の決めては やはり歯医者さんの評判だった。

こんにちは

2017年は色々なことがありました。

その中で最も印象的だったのは、プロ野球です。

セリーグでは、選手の総年俸が最も低い横浜DeNA ベイスターズが日本シリーズに出場、2番目に低い広島カープがセリーグを制覇しました。

両チームとも選手の育成に力を入れていたチームです。

若い選手が着実に育っており、ひとりの選手がケガなどで出場できなくても代わりの選手が活躍するなど、選手層が厚いチームでした。

もちろん横浜にも広島にもスター選手はいます。

しかし、スター選手に頼らなくても結果を出せるチームになりました。

素晴らしいことです。

これは歯科医院にもあてはまります。

歯科医院には、スーパードクターやスーパー衛生士がいる医院があります。

それはそれですごいことです。

しかし、歯科医師や歯科衛生士が病気やケガで休まなければいけなくなることは、世の中には普通によく起きていることです。

もし、スーパードクターやスーパー衛生士に頼っている医院だったらどうでしょう?

途端に医院のパーフォーマンスが下がりますね。

医院の収入は激減し、スタッフの給与の支払いもままならなくなってしまうかもしれません。

それよりも歯科医院自体のパーフォーマンスが高いのは、どんな医院でしょうか?

それは、歯科医師、歯科衛生士、受付スタッフ、コーディネーター、歯科助手、歯科技工士、消毒スタッフ、事務スタッフなどのバックヤードスタッフも含めたすべてのスタッフの力量が全員平均以上で、同じ仕事をより効率よく、来院者に親切で感じが良い医院ではないでしょうか?

◎ 先日うれしいことがありました。

千葉市の原田歯科クリニックには、見学の方がよくいらっしゃいます。

ある歯科医師が見学にいらしたときに、こんなことをおっしゃってました。

就職先で悩んでいた千葉県のある都市で研修医をされていた方が、研修先の歯科医院で勤務医をされていた中堅の歯科医師に

「原田歯科クリニックってどんな医院ですか?」と聞いたそうです。

その勤務医の方は以前千葉市で開業されていたのですが、体調の関係で開業をやめて週に数回勤務医をされているそうです。

彼は即座にこう答えてくれたそうです。

「原田歯科クリニックなら きちんとしたところだから、ぜひ見学に行くと良いよ」

この話を聞いてうれしかったです。

こう言ってくれた勤務医の方の名前は私も千葉市で開業していますから、名前は存じております。

ただ、千葉市だけで500人以上の歯科医師がいるので、すべての歯科医師とお話をしたことがあるわけではありません。

この歯科医師とも恐らくお話したことはありません。

しかし、そんな方でも原田歯科クリニックのことを良く言ってくれるというのは、原田歯科のスタッフ全員が毎日良い医院作りに取り組んでいる積み重ねの結果です。

これからも来院される方にとって安心で感じが良い医院、働く人にとって成長できて長く快適に勤務できる医院にするようスタッフ一同、チームで力を合わせていきます。

ありがとうございます。

インプラントしたらフッ素を使ってはいけないのか!?

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

プロ野球の日本シリーズが始まりましたね。第一戦は福岡のソフトバンク・ホークスが圧勝しました。

何とか第7戦まで行ってほしいです。

最近、歯科では色々な話題が出ています。

そのひとつがインプラントしたらフッ素を使ってはいけないのか? というものです。

実は原田歯科クリニックでは、勤務医の皆さんがそれぞれ興味のある分野で

色々な勉強会に参加しています。

先日は、歯科の現場で毎日使われているフッ化物についてでした。

以下にその内容をシェアさせていただきます。

ここの読者さんの中には学生さんや一般の方も大勢いらっしゃるので、あまり専門家向けにならないような文章にしてありますので、ご理解をお願いします。

では、その内容を以下に記載しますね。

………

インプラントしたらフッ素を使ってはいけないのか。

ここ数年、むし歯予防のためにフッ化物(歯磨き剤に含まれるフッ化物や歯科医院でのフッ化物塗布)を使うとインプラントに悪影響が出るのでは?というお話が出て来ています。

専門用語を使うと、むし歯予防でよく聞くフッ素ですが、実際はフッ素単体を塗ることはなく、フッ化物という化合物 例えばAPF (リン酸酸性フッ化ナトリウム: pH 3.5~4.0) といった商品が使われています。

また、最近はドラッグストア、コンビニ、スーパーマーケットなどでもむし歯予防のためのフッ化物入りの歯磨剤が普通に売られています。

先ほど記載した APF は酸性ですが、中性のものもあります。

結論から言いますと歯磨剤に含まれる低濃度(通常1500ppm 以下です)のフッ化物では、インプラントに対して何ら影響はありません。

それよりも むし歯で歯を失うリスクのことを考えたら、むし歯予防のために積極的にフッ化物は使うべきです。

歯科医院で歯科衛生士さんが定期的に歯のクリーニングをしてくれる時に使うPMTC ペーストというものにもフッ化物が入っているものがあります。

これも通常はフッ化物濃度は、1000ppm 以下と低濃度でインプラントに対して影響はありません。

むしろ定期的なクリーニング、メンテナンスをすることは、インプラントを長持ちさせます。

ですから、定期管理は絶対に続けて下さい。

先ほど記載したむし歯予防のための APF ですが、これは高濃度のフッ化物でむし歯予防効果が高いです。

これを3か月ごとに歯に塗ればかなりむし歯予防効果が期待できます。

ただし、このAPF ですが、原田歯科ではインプラントが入っている方の場合、安心のためにインプラントの表面にワセリンを塗って保護してから、APF を歯だけに塗るようにしております。

なお、インプラントの表面は、フッ化物以外でも顕微鏡レベルで傷のようなものが付きます。

例えば硬すぎる歯ブラシで強く磨きすぎた場合や、オレンジ、みかんなどの柑橘類、酢などの酸性の食品でもインプラントに影響が出る可能性があります。

残念ながら今でもフッ素を頭から否定する方がいます。

名前が似ているものでフッ化水素酸というものがあります。

これは工業界で使う強酸性の薬品で、歯科の診療室で使うことは絶対にありません。

このフッ化水素酸と歯科医院で使うフッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウム、リン酸酸性フッ化ナトリウムは全くの別物です。

私は定期的に保健センターで子どもたちの歯の健診をしています。

そこで地域を担当する歯科衛生士さんからこんな話を聞きました。

ある歯科医院はフッ素強行反対派で、絶対にフッ化物を使わない、

しかしそこの歯科医院に通っている子どもたちにむし歯が多発しているのだと。

本当に困ったことです。

例えば空気中には酸素やチッ素が含まれています。

チッ素は空気中に78% 含まれています。

私たちは毎日チッ素の中で暮らしていますし、チッ素を吸っています。

ところがチッ素という名前がついても窒素酸化物となると話は別です。

窒素酸化物は元素記号で見ると、チッ素と酸素の化合物です。

チッ素も酸素も空気中に含まれています。

ところが窒素酸化物( NOx )になると、車の排気ガスに含まれる公害物質になります。

名前は似ていても内容が全く異なる典型的な例ですね。

このようにフッ化物は適正な使用をすれば、私たちにとってものすごいメリットがあります。

また、フッ素は イワシ、海藻、エビ、牛肉、じゃがいも、大根、人参、りんご、みかん、紅茶、緑茶といった食品にも含まれています。

これからも私たちは、チームで色々な学術誌や論文、専門学会、勉強会、研究会などから正しい情報を得て安心安全なものを提供していきます。

よろしくお願いします。

………

こんな風に、勤務医が歯周病の研究会、むし歯予防の勉強会、インプラント学会で自発的に学んだことをシェアしてくれました。

誤解されている方もいるかもしれませんが、

原田歯科ではすべての歯科医師がインプラントするわけではありません。

興味を持った方が自発的に勉強し、時には費用を医院で負担しています。

複数の勤務医が在籍しているので、

それぞれ興味がある分野で勉強した内容をシェアするようにしています。

もちろん、オンとオフは切り替えることを推奨しています。

有給休暇を利用して色々なところに行くことも勧めています。

これ以外にも、原田歯科クリニックの良いところはいっぱいあります。

こんな原田歯科に一度見学にいらっしゃいませんか?

詳しくは、求人サイト、ホームページを見て下さいね。

http://recruit.harada-clinic.com

recruit.harada-clinic.com

www.harada-clinic.com

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv

3年間笑ったことがなかった女子中学生が1か月で笑顔を取り戻した理由

・3年間笑ったことがなかった女子中学生が1か月で笑顔を取り戻した理由

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

元気にお過ごしですか?

2017年8月から原田歯科クリニックで研修医として8か月コースで

頑張っている歯科医師が患者さんとの対応が日に日に良くなっていってます。

本人も随分と自信がついてきたようです。

こうした姿を見るのはうれしいものです。

さて、

千葉市の原田歯科に ある中学生が3年間毎月のようにいらしてました。

女子中学生というと 箸がころげても笑う年代です。

しかし、彼女は3年間一度も笑ったことがありませんでした。

もっと正確に言うと、いつも怒っているような表情でした。

歯医者だから緊張していたわけではありません。

待合室で母親と一緒にいるときも、家でも笑顔になったことはなかったそうです。

彼女は上の前歯が1本欠損していました。

正確には深いところに水平に埋伏していて、引っ張り出すことができなかったのです。

中学1年生のときにいらしたときには、歯がないところに向かって両隣の歯が倒れ込んできていました。

何とかしなければなりません。

そこで、この子がおとなになるまでの長期的な計画を立てました。

まずは、歯並び矯正して 少なくなった前歯のスペースを本来の量まで回復します。

次に仮の入れ歯(デンチャー)を入れます。

さらに高校生になって歯ぐきの位置がある程度 落ち着いたら、

固定式のブリッジを入れます。

このような計画でした。

歯並び矯正は うまくいきました。

仮の入れ歯もきちんと入れてくれました。

この時期は彼女にとって辛かったと思います。

上顎の歯の裏、すなわち口蓋がデンチャーのプラスチックで被われています。

これでは話しにくいです。

入れ歯が落ちてこないようにするための金属のクラスプも目立ちます。

予算の関係で金属クラスプを使ったデンチャーにせざるを得ませんでした。

高校生になってやっとブリッジを入れました。

ここから彼女の人生が変わりました。

矯正もブリッジを入れる治療もひと区切りついたので、

ここからは歯科衛生士が担当して、むし歯にならないように

予防・メンテナンスを3か月ごとに行っていきます。

3か月ぶりに彼女を見てびっくりしました。

待合室で普通に笑顔で母親と話しています。

診療室でも本人から話しかけてきます。

以前には なかったことです。

たかだか歯の治療で人生が好転するって素晴らしいことだと思いませんか?

彼女が笑顔を取り戻すことができたことを私たちはとてもうれしく思います。

報告してくれた歯科衛生士もとてもうれしそうでした。

こんなことが原田歯科ではよく起こります。

歯科の仕事って 素晴らしいと思います。

◎ 若いうちから正しい治療をするチャンスがある 原田歯科に

 一度見学にいらっしゃいませんか?

原田歯科には、良い点が色々とあります。

ひとつは、職場の中の風通しが良く、またスタッフそれぞれのライフスタイルを大事にしていること。

結婚、出産などで短縮時間勤務を希望なら、たいていの場合 希望が通ります。

また、何か聞きたいことがあったらすぐに質問できる風土があります。

もちろん、歯科の技術面の向上のために自発的に勉強したいスタッフは、医院に残って実習をしたり、外部のセミナーに出て研鑽を積むことが可能です。

実際、技術のレベルアップ、スキルアップのためのマニュアルやマネキンが整備されております。

外部のセミナーも多くの場合、医院で研修費用を負担しております。

さらに、スタッフ数が多いので万一体調がいまひとつな状態になっても有給休暇を取りやすいです。

東京ディズニー・リゾートへの優先入場、チケット代金の値引き、車検費用やスパでのリフレクソロジーの割引など大企業並みの福利厚生がしっかりしているのも特徴です。

実際、スタッフ全員が有給休暇をすべて使いきっています。

これは決してどこの歯科医院でも普通のことではありません。

日本の平均的な歯科医院は、院長先生と女性スタッフが2~3名です。

このような状況では、有給休暇の制度があっても他のスタッフに気兼ねして休めませんよね。

千葉市の原田歯科クリニックは、スタッフ数が20名以上いるので、皆さん 普通に有給休暇を取得して、プライベートを楽しんでいます。

残業も少ないですし、当然のことですがもし残業する場合は きちんと時間外手当を支給させていただいております。

これ以外にも、原田歯科クリニックの良いところはいっぱいあります。

詳しくは、ホームページを見て下さいね。

千葉市若葉区桜木 2-16-24

原田歯科クリニック

http://www.harada-clinic.com

www.harada-clinic.com

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv

 研修医でもジルコニア 千葉市の歯科医師の求人募集、就職転職

こんにちは

千葉市の原田歯科クリニックの原田です。

今年はとても良いことがたくさんありました。

来年もさらに良いことにチーム全体で取り組んでいきます。

原田歯科クリニックでは、昨年から研修医を受け入れております。

新しい歯科医師が成長できるよう全身全霊で取り組んでいます。

研修医が来ると最初はマニュアルに基づいた座学やマネキンを使った実際の臨床に近い実習をします。

その後、患者さんを担当していただきます。

研修医の治療内容はどのようなものか? ご存知でしょうか?

多くの方は保険診療しかやってもらってないのでは?と思われるでしょう。

実際、そのような歯科医院はいっぱいあります。

しかし、原田歯科では自由診療も普通にやってもらっています。

なぜか?

私たちのミッションは、人々を美しく健康で幸せにすることです。

どの来院者様にも その方にとってベストな治療法を提案するように心がけているのです。

これは研修医が担当する患者さんであろうと、大学卒業後 数年しかたってない歯科医師が担当する患者さんであろうと同じです。

先日あった事例で説明します。

新患でいらした方の上顎の5番のC3 の歯を補綴することになりました。

残根状態だったので、ファイバーコアを入れるのはどうかと思い、患者さんにコンサルしました。

健康保険での治療だと銀色の歯になります。

患者さんは白い歯を希望されました。

頬側だけポーセレンやハイブリッド・レジンで白くして

咬合面をメタルにする方法もあることを患者さんに説明しました。

その他 色々な材料、治療法のメリット、デメリットについても

話しました。

患者さんが選んだのは、貴金属を使ったメタルコアとジルコニア・オールセラミックスクラウンでした。

メタルコアの形成と装着、ジルコニア冠の形成と装着、仮の歯( Provisional crown )の製作、

これをすべて研修医がやりました。

もちろん、途中で臨床研修指導医の私 原田がサポートしました。

これって原田歯科では普通にやっていることです。

なぜなら、世界では歯科治療は自由診療が標準だからです。

アジアの中ですら日本人の口腔内の状況は良くないと言われています。

これは安くて粗悪な材料が保険診療で未だに認められており、歯が悪くなったら、とりあえず歯科医院で診てもらえる 保険制度に原因があります。

しかし、そのような中でも若いうちから正しい治療をするチャンスがある 原田歯科に一度見学にいらっしゃいませんか?

原田歯科には、他にも良い点が色々とあります。

ひとつは、職場の中の風通しが良く、またスタッフそれぞれのライフスタイルを大事にしていること。

結婚、出産などで短縮時間勤務を希望なら、たいていの場合 希望が通ります。

また、何か聞きたいことがあったらすぐに質問できる風土があります。

もちろん、歯科の技術面の向上のために自発的に勉強したいスタッフは、医院に残って実習をしたり、外部のセミナーに出て研鑽を積むことが可能です。

実際、技術のレベルアップ、スキルアップのためのマニュアルやマネキンが整備されております。

外部のセミナーも多くの場合、医院で研修費用を負担しております。

さらに、スタッフ数が多いので万一体調がいまひとつな状態になっても有給休暇を取りやすいです。

東京ディズニー・リゾートへの優先入場、チケット代金の値引き、車検費用やスパでのリフレクソロジーの割引など大企業並みの福利厚生がしっかりしているのも特徴です。

実際、スタッフ全員が有給休暇をすべて使いきっています。

これは決してどこの歯科医院でも普通のことではありません。

日本の平均的な歯科医院は、院長先生と女性スタッフが2~3名です。

このような状況では、有給休暇の制度があっても他のスタッフに気兼ねして休めませんよね。

千葉市の原田歯科クリニックは、スタッフ数が20名以上いるので、皆さん 普通に有給休暇を取得して、プライベートを楽しんでいます。

残業も少ないですし、当然のことですがもし残業する場合は きちんと時間外手当を支給させていただいております。

これ以外にも、原田歯科クリニックの良いところはいっぱいあります。

詳しくは、ホームページを見て下さいね。

千葉市若葉区桜木 2-16-24

原田歯科クリニック

www.harada-clinic.com

http://www.harada-clinic.com

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv

再生回数 37,000回を超えた動画 ,5%しかない良い職場の見分け方

再生回数 37,000回を超えた動画

「歯科医師、歯科衛生士として働くのに良い職場は5%しかない!千葉市の原田歯科クリニック」に、時々質問をいただきます。

https://youtu.be/nUh_y-rRqjI

https://youtu.be/nUh_y-rRqjI

公開されている質問の中から今回は総合病院に勤務されている歯科医師からの

質問をシェアさせていただきます。

……………….

(質問)

現在、歯科も有する総合病院で働いている者です。

先生の考える働くのに良い職場は全体の5%しかないというお話ですが、その見分け方を教えていただきたいと思います。就職する際に、どこを見れば見分けられるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。?

………………

(回答)

こんにちは

働くのに良い職場について、私が考えることを記載します。

なお、例えば 根の治療の専門医をめざすとか、

矯正の専門医をめざすなどの場合は、大学病院や専門医のいる施設での研修が必要だと思います。

そうではない(専門医や学位取得をめざすのではない)という前提で記載します。

簡潔に記載するのは難しいのですが、いくつか列挙します。

・歯科大学で教えている治療をきちんとやっていること;

 例えば、小児の治療や Endo 治療でラバーダムをかけている。

・消毒、滅菌をきちんとやっている。

・抜糸などの簡単な治療を除いて、ひとりの治療に30分の時間を確保している。

 これは保険診療オンリーの歯科医院では 現実的に不可能です。

 就職を検討している医院に さりげなく「自由診療はどれくらいの比率なのでしょうか?」と質問してみてください。

・上記の内容と一部重複しますが、自由診療をきちんと患者さんに説明している。

 例えば前歯の歯冠修復は、オールセラミックス・クラウンやメタルボンドが

 世界標準です。

 患者さんに何も説明せず硬質レジン前装冠を入れてないか?

・今回の YouTube の説明文に書いた 福利厚生がしっかりしているか?

 有給休暇は取れるのか?

・就職希望の歯科医院に行く際に、単に見学するだけでなく、半日職場体験させてもらうと本音の状況がわかるのではないかと思います。

また何か不明な点がありましたら連絡下さいね。

直接メールでの問い合わせも歓迎します:

mickeyharada1958@yahoo.co.jp

………………

150人の応募者に対応してわかった無保険・無年金な職場が多い事実

2016年11月から受付と事務スタッフを募集してきました。

これまで何と150名を超える応募者がありました。

当医院は、採用に関しては絶対に妥協しない というポリシーがあります。

なので合わないと判断した方はすべてお断りしてきました。

中には、元一部上場企業の社員の方、元国際線キャビンアテンダントの方、

人格が素晴らしいと思われる方もいました。

しかし、当医院の採用に関する考えに合わない方は

すべてお断りしてきました。

採用面接を繰り返して10ヶ月たって、やっと当医院のミッションに賛同し

本気で実践してくれると期待できる方がいらっしゃいました。

おかげ様で、この10月から新しい受付スタッフと事務・IT スタッフが入社してきます。

採用担当者の方には何度も面接や本人との連絡をマメにやっていただいて感謝しております。

さて、150名もの応募者に対応してわかったことがあります。

それは、今でも無保険・無年金の職場が多いことです。

原田歯科では法人化した平成元年からずっと社会保険完備でしたから

社会保険に加入することは当然という認識がありました。

そう言えば、平成元年当時こんなことがありました。

千葉市内の一部の医療法人の歯科医院の院長先生が集まって、

医療法人が厚生年金保険に加入しなくてよいように働きかけようという

運動が始まったのです。

実は原田歯科にもこのグループに入らないか?というお誘いの電話がありました。

もちろん、お断りしました。

今から思い出しても笑い話ですよね。

世の中の小規模事業の経営者ってこんなにセコい人が多いなんて。

原田歯科は社会保険完備なだけでなく、大企業並みの福利厚生が整っていることも

社員さんには喜ばれています。

外部のセミナーも多くの場合、医院で研修費用を負担しております。

さらに、スタッフ数が多いので万一体調がいまひとつな状態になっても有給休暇を取りやすいです。

東京ディズニー・リゾートへの優先入場、チケット代金の値引き、車検費用やスパでのリフレクソロジーの割引など大企業並みの福利厚生がしっかりしているのも特徴です。

実際、スタッフ全員が有給休暇をすべて使いきっています。

これは決してどこの歯科医院でも普通のことではありません。

日本の平均的な歯科医院は、院長先生と女性スタッフが2~3名です。

このような状況では、有給休暇の制度があっても他のスタッフに気兼ねして休めませんよね。

千葉市の原田歯科クリニックは、スタッフ数が20名以上いるので、皆さん 普通に有給休暇を取得して、プライベートを楽しんでいます。

残業も少ないですし、当然のことですがもし残業する場合は きちんと時間外手当を支給させていただいております。

これ以外にも、原田歯科クリニックの良いところはいっぱいあります。

詳しくは、ホームページを見て下さいね。

http://www.harada-clinic.com

www.harada-clinic.com

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv

求人広告会社の人が応募してきた!

求人広告会社の人が応募してきた!

こんにちは

千葉市の原田歯科クリニックの原田です。

2017年8月5日 土曜日、6日 日曜日は、幕張メッセでの大イベント、

ママキッズフェスタが行われました。

実質的に入場無料でした!!

すぐ隣では、そら博も行われました。

また、8月5日 土曜夜には幕張の浜で花火大会があり、2万発の花火が打ち上げられました!

このママキッズフェスタでは、今年も昨年に引き続いて原田歯科クリニックが出展しました。

無料の歯科健診を行い、数百名の方がいらっしゃいました。

昼はママキッズフェスタや そら博でしたが、その後の夜は花火大会が2万発ですごかったです。

さて、先日すごいことが起こりました。

時々求人広告を載せないか?と営業に来る会社の人が、「私を原田歯科で雇ってくれないか?」と言ってきたのです。

これにはびっくりしました。

というか、掟破りですよね。

なぜ?と聞いてみると、「ほかの会社は人材確保にとても苦労している。しかし、原田歯科さんは、スタッフの数が増えているし職場がとても明るい、電話の対応もとても気持ちが良い! ここなら自分はもっと成長できる」とのことでした。

うれしかったです。

実は、顧問をお願いしている社労士さんからも同じようなことを言われています。

「他の会社では、なかなか人を採用できないし、採用してもすぐに辞めてしまう。

原田歯科さんは 社員さんが増えているし、定着率もとても良い。

すばらしい。」

数多くの会社を見ている社労士さんのお言葉なので、うれしいです。

こんな原田歯科の秘密は何なのか?

ひとつは、職場の中の風通しが良く、またスタッフそれぞれのライフスタイルを大事にしていること。

結婚、出産などで短縮時間勤務を希望なら、たいていの場合 希望が通ります。

また、何か聞きたいことがあったらすぐに質問できる風土があります。

もちろん、歯科の技術面の向上のために自発的に勉強したいスタッフは、医院に残って実習をしたり、外部のセミナーに出て研鑽を積むことが可能です。

実際、技術のレベルアップ、スキルアップのためのマニュアルやマネキンが整備されております。

外部のセミナーも多くの場合、医院で研修費用を負担しております。

さらに、スタッフ数が多いので万一体調がいまひとつな状態になっても有給休暇を取りやすいです。

東京ディズニー・リゾートへの優先入場、チケット代金の値引き、車検費用やスパでのリフレクソロジーの割引など大企業並みの福利厚生がしっかりしているのも特徴です。

実際、スタッフ全員が有給休暇をすべて使いきっています。

これは決してどこの歯科医院でも普通のことではありません。

日本の平均的な歯科医院は、院長先生と女性スタッフが2~3名です。

このような状況では、有給休暇の制度があっても他のスタッフに気兼ねして休めませんよね。

千葉市の原田歯科クリニックは、スタッフ数が20名以上いるので、皆さん 普通に有給休暇を取得して、プライベートを楽しんでいます。

残業も少ないですし、当然のことですがもし残業する場合は きちんと時間外手当を支給させていただいております。

これ以外にも、原田歯科クリニックの良いところはいっぱいあります。

詳しくは、ホームページを見て下さいね。

www.harada-clinic.com

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv

夏に職場見学、職場体験、千葉市の原田歯科クリニック

夏ですね。

海や山、スポーツ観戦、花火などで楽しんでいらっしゃる方も多いと思います。

これからどのようにしてスキルアップするか、成長するかを考えている方にとっては

夏に職場見学というのもありですね。

千葉市のピュアスマイル原田歯科クリニックでは、見学や職場体験を歓迎しております。

メールか電話でお問い合わせをお待ちしております。

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv

http://www.harada-clinic.com

以下は、最近お問い合わせを頂いた内容です。

私のYouTube にも公開されているので、シェアさせて頂きます。

学校を卒業して最初に勤務する職場というのは、あなたの人生に大きな影響を与えます。

慎重に選んで下さい。

ただ、面接だけでその職場を判断するのは、極めて困難です。

できれば、職場体験することをお勧めします。

以下、シェアさせて頂きます。

Q. この前大学のオープンキャンパスに行きました。関東の県立大学の口腔系の学部の大学生に就職後の給料を聞いたところ、初任給が手取り27万だと言われました。もちろん都心の話だと思いますがこんなに貰えることは本当にあるのでしょうか。お金の面に対する歯科衛生士のネガティブな意見をたくさん聞いたので不安になりました。

お金の話しかしてなくて申し訳ないです。どうしても気に鳴ったので

A.歯科衛生士の初任給が手取り27万円ということでしょうか?

手取り27万円ということは、税込みで約30万円ですね。

そこの職場は、平均給与よりもかなり高いと思います。

歯科衛生士の初任給は、都道府県によってかなり違いますが、税込みで20万円前後です。

そのような状況で30万円を支給するということは、何か理由があると考えたほうが良さそうです。

私の医院には、毎年新卒の歯科衛生士が勤務してくるのですが、彼らが歯科衛生士の友人と会って話をしたときの内容を教えてもらうことがよくあります。

その内容の一部をシェアさせていただきます。

給与が高いが残業が異常に多いとか、職場の雰囲気、人間関係が良くなくて社員が定着しないため、給与を目立って高くしないと応募者がいないという話をよく聞きます。

ただ、歯科衛生士さんという資格は、国家資格ですし、一生ものです。

また、来院される方の美と健康と幸福に貢献できて喜ばれる素晴らしい仕事です。

また、結婚、出産といったライフスタイルの変化があってもその時々の状況に合わせて、一生定年まで勤め上げることができる仕事でもあります。

問題はここからです。

私が動画で述べているように、大事なのは どこの歯科医院に勤務するか なのです。

お金の面に対する歯科衛生士のネガティブな意見をたくさん聞いた」とありますが、残念ながらそういう困った職場は実際に存在します。

ですから、将来歯科衛生士になった場合、いきなり内定をもらうのでなく、半日でもよいので職場体験をさせてもらうことをオススメします。

そうすれば、そこのスタッフと話すこともでき、その職場の雰囲気、面接では知り得なかった実態を知ることができます。

お金のことに関する質問ということでしたが、きちんとした職場に勤務すれば、仕事の内容から考えて良い部類に入ると思います。

実際、私はこの業界に30年以上いますが、歯科医院に長く勤務し年収500万円近くもらっている歯科衛生士さんもいます。

また、一度他の業界に転職しても また歯科衛生士をやりたいと言って戻ってくる方はとても多いです。

就職率もずっと100%です。

ですから、将来の仕事として歯科衛生士をぜひ候補に入れることをオススメします。

通勤しやすいとか、給料が高い職場を求め続けたら5年後にホームレス歯医者になってしまった。

通勤しやすいとか、給料が高い職場を求め続けたら5年後にホームレス歯医者になってしまった。

……………………

こんにちは

千葉市の原田歯科クリニックの原田です。

暑い日が続きますね。

私は日中気温33度と さらに暑い台北にインプラントの勉強会参加のため来ています。

インプラントの予後についての勉強です。

勉強会の後は台北医科大学とその附属病院を見学しました。

台湾の歯学部の授業料は私立でも日本円で年間50万円、6年間で300万円だそうです。

日本よりかなり安いですね。

外国からの学生も受け入れているそうです。

ただし、中国語が5段階でトップのレベルでないと入学できないそうです。

台湾は、韓国と同様に歯学部は学生にとても人気があり、

医学部に入るよりも歯学部に入るほうが難しいそうです。

さて 今日は、原田歯科クリニックになぜ勤務したかったのか?という歯科医師の声を紹介します。

原田歯科クリニックが他の医院と違うとよく言われることのひとつに、自由診療を普通にできるということが挙げられます。

例えば、オールセラミックス・クラウンやメタルボンド冠による修復、金属床のデンチャー、ダイレクト・レジンなどの自由診療を若い歯科医師が普通に行っていることです。

この先生は、こうした自由診療を若い歯科医師が普通に気がねなく行っていることが 原田歯科クリニックを選んだ理由だと明言しています。

これって世間一般の歯科医院では決して普通ではありません。

多くの医院では、院長が自由診療を行い、勤務医は保険診療しかやらないというケースが目立ちます。

ただ、ちょっと発想を変えてみて下さい。

世界に目を向けると、日本で健康保険で行われている診療は むしろ時代遅れだったり 違う方法で行われていることが結構あります。

例えば、日本では銀色の冠をかぶせる事が普通に行われていますが、これは世界では 少なくとも先進国では、実は まれな治療法です。

デンチャー(いわゆる入れ歯)も、特に部分床義歯の場合、患者さんにとってベストな治療法は 金属床です。決してレジン床ではありません。

しかし、研修医に対する指導要綱では、まず保険診療ができるように と言われます。

私は決して保険診療を否定しているわけではありません。

例えば、保険診療で認められている根の治療( Endodontics )、これは 歯を保存するためにきちんとすべきです。

しかしながら、日本での根の治療はどうでしょうか?

多くの医院では、ラバーダムをかけない、1回の治療時間が15分とか20分で何度も通院してもらい、1本の根の治療で時には何か月も通わないといけません。

国際標準では、根の治療は着手してから根充まで1回から3回の通院です。

このような状態なので、歯科医師になって日が浅い先生は、学生の時に習ったことと実際の臨床の現場とのギャップに最初は戸惑いながらも、そのうちに間違った習慣に染まってしまいます。

オールセラミックス冠や金属床、再生療法、インプラントを何か特殊な治療法だと勘違いしてしまうようになるのです。

多くの先人が言っています。

人が成長するのは、どのような人( 先輩、メンター、師匠)と接するか、どのような環境にいるかによって決まる と。

繰り返しますが、保険診療というのは、歯科診療の中のごく一部でしかありません。

最初に勤務した医院で あなたの歯科医師としての人生が決まると言われています。

通勤しやすいとか、給料が高い( しかし労働時間が非常に長い) といった理由で勤務先を決めても良いのでしょうか?

千葉市の原田歯科クリニックは大企業なみの福利厚生のシステムをあのJTB と提携してスタッフさんのために

提供しています。

具体的にはディズニー・リゾートのチケットが割引になるだけでなく、

一般のお客様より早く入場できる特典とか、

クルマが好きな人は車検の割引特典もありますし、

勉強好きな人なら自分で参加費を払ったら3万円とか5万円かかるセミナーを

オンラインで無料で聴講できます。

 

セミナーの内容は、歯科の技術面のことはもちろん、

接遇マナー、マネジメントなどたくさんあって好評です。

歯科の技術面で全国的に有名な先生かどうかは、良い職場かどうかとは あまり関係がありません。

実際あまりこういうことは言いたくないのですが、過去にインタビューしたり見聞きした

事例の一部を紹介します。

・人件費抑制のため、スタッフは私ひとり、受付から助手からすべて自分でやって

先輩の歯科衛生士さんがいないので質問することができない、

給料は良いかもしれないけれど、疲れ切ってしまい、

もう2度と歯科医院では働きたくない。

・衛生士学校を卒業して6ヶ月がたち、友だちと食事会をして現況報告をし合った。

するとすでに ふたりは新卒で勤務したところを退職していた。

別のふたりは院長が診療中にどなるので近々退職を考えている。

・職場に相談する相手がいない。

スタッフの間で派閥ができていて、そのトップの50代の歯科衛生士は

浅田真央が大嫌いで、キム・ヨナのファン。

私は真央ちゃんの大ファンなのにそのことをうっかり言おうものなら

露骨にいやがらせを受けた。

・インプラントで全国的に有名な先生なのに、術後のメンテナンスを全くやらない。

滅菌もしない器具でインプラントをしている。

C型肝炎の患者さんの器具は次の患者さんに感染させたら大変なことになるので、

きちんと滅菌することを提案したところ、

その人だけ特別な滅菌をしたら一般の患者さんに対して差別になる!?と

意味不明なことを言われ、言葉を失い8年勤めたが退職を決断した。

 ちなみにこの先生が医者対象に講演会をするときに手伝ってほしいと言われて

会場についていったが、話している内容はすごく立派な話だった。

 言っていることと やっていることのギャップがすごかった。

トンデモ歯医者の話は他にもいっぱいありますが、これくらいにしておきます。

繰り返しますが、働く人にとって良い職場は全体の5%しかありません。

今まで勤務した歯科医院で ひどい目にあった方へ、

ごめんなさい、私が前の先生に代わってお詫びします。

以前に勤務した歯科医院で良くない印象を持たれた方へ、

歯科医院はどこでも同じではありません。

一度、千葉市若葉区の桜木消防署近くの原田歯科クリニックに

見学にいらっしゃいませんか!?

近代的な設備の中であなたの能力を活かし、成長しませんか!?

電話、メールなどでも相談を受けております。

どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv 

www.harada-clinic.com

LINE@ からでも連絡をお待ちしております。

LINE@ ID :

0000158635

ここまで読んでくれてありがとうございます。

連絡を待ってますよ。

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv 

www.harada-clinic.com

千葉市の原田歯科クリニック

仕事はきちんとやる。オフは楽しく!
仕事はきちんとやる。オフは楽しく!

千葉で働くというと何をイメージしますか?仕事もプライベートも大事にする原田歯科クリニック

こんにちは

原田歯科クリニックの原田です。

千葉というとディズニー・リゾートや成田空港がすぐに思い浮かぶかもしれませんが、それ以外にも結構 見所があります。

例えば、木更津のアウトレット・ショッピングモールは広くてかなり充実しています。

山の御殿場、海の木更津という言葉があるくらいお店の数が多いです。食事をするところもたっぷりありますし、味も結構いけます。

横浜や川崎からはアクアライン(東京湾横断道路)を使ったバスもありますので便利ですね。

週末は混んでいることが多いので、午前の早めの時間がねらい目です。

さて、千葉市の原田歯科は、平日の診療は6時半までです。

その後に後片付けをして、帰宅します。

ただ 例外もあります。

それはスタッフ本人及びご家族の誕生日です。

この日は、診療が仮に長引いていても6時半に帰宅してもらっています。

大抵は長引くことなく定時に終わってますが。

お互い様なので、みんな笑顔で協力し合っています。

こうしたことは、スタッフの数がたくさんいて しかもそれぞれのスタッフのモチベーションが高い医院だから可能なのです。

一方 日本の平均的な歯科医院はどうでしょうか?

治療用のユニットが2台から3台、院長先生と女性スタッフが2人か3人が、日本の平均的な歯科医院です。

こんな医院だったら、 ひとりが急に休んだら医院はパニック状態になります。

いくら有給休暇の制度があっても 他のスタッフに気兼ねして休むことなどできませんね。

もちろん定時退社など望むべくもなく、毎日遅くまで疲れきって 休みの日は出かける気力もなく 、昼過ぎまで寝ているという話はよく耳にします。

あとさらに現実的な事、実際によく起きていることは、院長が急病になることです。

こうなると医院の収入が急にストップします。

こんな医院で安心して働けるでしょうか?

良いスタッフがたくさんいて、いつでも気兼ねなく相談に乗ってもらえる環境が整っている、社会保険はもちろん完備、大企業並みの福利厚生が充実している。

具体的には、テーマパークへの入場料の割引、車検やホテル、SPA などがお値打ち価格で利用できる。

学術系、接遇、自己啓発、経営などの何十万円もするオンラインセミナーが無料で受けられる。

育児休業の実績が多数あり、出産後は時短勤務できる。

このように長く勤められる環境が整っている原田歯科クリニックに

一度見学にいらっしゃいませんか?

電話、メールなどでも相談を受けております。

どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

TEL 043 233 7198

Mail: help@uhappy.tv 

www.harada-clinic.com

recruit.harada-clinic.com

LINE@ からでも連絡をお待ちしております。

LINE@ ID :

0000158635

ここまで読んでくれてありがとうございます。