なぜウェルデンツを止めてエステショット・ブライトに変えたか

今までの入れ歯では噛めない、しかし、インプラントは希望されないあなたに

なぜウェルデンツを止めてエステショット・ブライトに変えたか。

クラスプを使わない、ノンクラスプ・デンチャー(ノンクラスプ・義歯)は、近年進化してきました。

原田歯科でも今までいくつかのノンクラスプ義歯を扱ってきました。
そのひとつがウェルデンツでした。
ウェルデンツは、従来扱っていたバルプラストのように軟らかすぎずそれでいて十分な弾力性がある材料だったので、 少数の歯が欠損している方の仮のデンチャーとして使いやすいものでした。

しかし、欠点もありました。
例えば、壊れても修理ができない、人工歯がとれても付けることができない、
たくさんの歯が抜けている方には不適応などです。

しかし、技術は進歩します。
今では、ウェルデンツの代わりにエステショット・ブライトを使用しています。
エステショット・ブライトはもちろんきちんと認可のおりた材料です。
念のため 試用として何例かの方に使い、大丈夫と判断し使うことになりました。
このエステショット・ブライトは、ウェルデンツの欠点をすべて克服しました。
消耗品である入れ歯は必ず壊れたりすり減ります。
万一壊れたり 人工歯が取れてもエステショット・ブライトなら直すことができます。
多数の歯が欠損している場合でも適応になります。

また、ノンクラスプ義歯としてとても優れた材料なのですが、
実際のノンクラスプ義歯は単に審美義歯であるだけでなく、機能的によく噛めることや
長持ちすること、残った歯や顎に優しいものであることも求められます。
ノンクラスプ・デンチャーの場合、ほっぺや口唇側の目立つところは合成樹脂の材料、
内側の目立たないところは金属にしたほうがよい場合が多いです。

また、デンチャーの沈下防止のためきちんと金属製のレストを付けることが可能です。
これはとても大事なことで、レストがないデンチャーだと経年的に沈み込んで
顎の骨が溶けてしまいます。

強さとしなやかさを兼ね備えた材質ですし、吸水性が少ないのも大きなメリットです。
吸水性が少ないということはどういうメリットなのか?
お皿を例にとって説明するとわかりやすいです。
瀬戸物のお皿は汚れても洗えばお皿の白い色が復活してきますね。

しかし、子ども用のお皿など合成樹脂製のお皿は吸水性があり、食べ物の色素を水と一緒に吸収して
色がついてしまいます。

しみこんだ色は除去することはできません。

これと同じで吸水性が高い材質のデンチャーだと、水分と一緒に
色素やバイ菌、臭いなどを吸着してしまい、取り除くことはできません。
エステショット・ブライトなら従来のデンチャーよりも吸水性が少ないので
きれいな状態が保たれます。
また、表面がツルツルなので、快適です。

............

以下は、過去にウェルデンツ・デンチャー(入れ歯;いわゆる義歯)を扱っていたときの文章です。

参考までに掲載しておきます。

ウェルデンツでその悩みは解決されることも多いです

すでに、テレビ、新聞、雑誌などの記事でウェルデンツのことをお聞きになった方も多いと思います。

ウェルデンツとは、従来の入れ歯(デンチャー)、白い歯に使われていたものとはひと味ちがう高分子材料で デンチャー、白い歯を作るものです。

今までの素材とは、何が違うのか?

弾力性のある材料なので、これまでだったら諦めるしかなかったお口の中の状態(歯周病にかかっている、たくさんの歯が抜けているなど)でも、比較的よく噛めるデンチャーを作ることができる、オールセラミックスほど美しくはないが、比較的安価に白い歯を作ることができる。

ただし、一部で健保適用をうたい文句にしている所もあるようですが、ウェルデンツの基本コンセプトは はずして歯をキレイに磨くことができる、ということが特徴で、ピュアスマイル原田歯科クリニックでは、比較的安価な自由診療を気軽に受けられることにフォーカスしており、ごく一部でしか適応にならない保険診療のウェルデンツは扱いません。

仕事にきちんと責任を持つには、適正な診療費を頂くべきであるという考えを持っております。

ただ、ここでお断りしておきます。

わかりやすい例で言うと、クルマは定期点検して必要ならタイヤ交換してそれで長く快適に走ることができます。

そうでないと、走っていて突然クルマが動かなくなるなんてことになりかねません。

お口の中の環境は、路上に比べてはるかに過酷です。
クルマは朝から深夜までずっと走りっぱなしという事は、ありません。

しかし、歯は24時間 冷たいもの、熱いもの、酸やアルカリ、多種多様な細菌の中に存在します。

従って、ウェルデンツを始め歯の治療というのは、クルマ以上にメンテナンスがとても重要です。

歯の治療がひと区切りついたら、歯の定期健診に必ず来ていただき、その際に、ウェルデンツの診査も行います。

必要なら1年か2年で作り替えるくらいのことは、考えて下さい。

それから、ウェルデンツは吸水性が少なく清潔な素材ですが、すり減ったり、こわれたりすることはあります。

ただし、お預かりして修理することは可能です。

具体的に、ウェルデンツで何ができるか?

あなたにとってどのようなメリットがあるのかを説明します。

大きく2つの特徴があります。

  • (1)今よりもよく噛めるデンチャー
  • (2)比較的安くお手軽に使える白い歯、ホワイトピース

(1)いわゆる入れ歯について

残っている歯の状態が良くない、歯の本数が少ない、こうした場合、今まではデンチャー(入れ歯)の製作には限界があり、合いにくいものを我慢して使っていただくしかありませんでした。

しかし、ウェルデンツの場合、残っている歯を利用して場合によっては今ある歯の上に載せるようにしてデンチャーを作ることができます。

(2)白い歯について

基本的には、とりはずしできるものをお勧めしております。
これは、はずしてキレイに磨けるからです。

ただし、そう簡単に取れてくるわけではないので、安心です。

内冠キャップという白いものを自分の歯に接着して、その上に外冠を載せて白い歯が入ります。

それから、スナップオンスマイルとか スナップイットとして出回っている歯を削らずに白い歯が作れるシステムがありますが、確かにキレイで丈夫なのですが、米国の技工所に出す関係で納期がかかるのと、アメリカの技工士さんとのコミュニケーションに時間がかかる、日本の技工士さんのように融通がききにくいなどの短所もありました。

それから、スナップオンスマイルやスナップイットは お値段も高めでしたが、ウェルデンツはすべて日本のラボで作るので、納期も3週間ほどでできますし、日本の技工士さんは世界的に見ても優秀なので(世界の中で国家資格として技工士免許があるのは、ドイツ、日本、韓国だけです)安心ですし、型取りの材料も普通に歯科医院で使われているものなので、治療時間も以前のように1回に2時間もかかることはなく、早ければ30分で終わることもできます。

つまり、普通の白い歯以外にパーティー用・外出用の歯としてホワイトピースという前歯だけのとりはずしできるものもございます。

着せ替え人形のように、お気軽に白い歯を入れたい方には良いシステムだと思います。

気になる費用

白い歯の場合、1本あたり40,400 円(2015年11月現在)です。
なお、冠(クラウン)は、清掃・メンテナンスしやすいように とりはずし式にすることもあります。

デンチャー(入れ歯、義歯)の場合、81,400 円(2015年11月現在)です。

ただし、今ある歯を削らず(必要なら削って内冠キャップを入れることもあります)歯の上にのせる(テレスコープと言います)タイプの入れ歯(デンチャー)にする時は、テレスコープひとつあたり、20,200円かかります。

なお、これは医療行為なので いわゆる保証はありません。

あくまでも 着せ替え人形だとかウィッグの感覚で、1年か2年で作り替えるものとお考え下さい。

なお、必ずしも作り替えでなく、修理で対応できる場合もあります。
修理基本料金は、冠ひとつあたり、10,000円、デンチャーひとつあたり、30,400円ですが、ケースにより変わりますので、あなたのお口の状況に応じて説明します。

ページの上へ