歯ぐきの治りを良くするCGF とは?

cgf

決してインプラントだけでなく歯を抜いた後にこそ安心安全です。

最近、CGF を使う機会が増えてきました。
以前は PRP という名称が使われていたのですが、作成に必要な遠心分離器のサイズが小さくなってきたので、普及してきたようです。

CGF とは、成長因子、あなたから採血してそれを遠心分離器にかけて作るので、人工的なものを入れるよりも安心で、費用も安くすみます。

もう少し具体的に説明しましょう。

採取した血液を、ある一定の速度で遠心分離することにより、血小板とフィブリンを多く含んだゲル状の層が形成されます。
このゲルはConcentrated Growth Factors(CGF)と呼ばれ、従来のPlatelet Rich Plasma(PRP)にかわる、新しい自己血液由来のゲル素材として再生医療分野での応用が期待されます。

外部からの血液凝固剤を加えて人工的に凝固させるPRPとは異なり、血液中の凝固因子を刺激することで自然にフィブリンが形成されます。
このため、サイトカインを多く含み、また長時間ゲル状態を維持することができます。
※フィブリンとは血液の凝固に関わるタンパク質です。止血の中心的な役割を担っています。
※サイトカインとは各種の細胞が産生する生体調節に関与する細胞間相互作用を担う分泌タンパク質の総称。

患者様ご自身から採取する血液で最高の再生能力を発揮することができます。

このCGFとは傷の治りを促進させる血小板を濃縮させた膜で、インプラント治療など骨を増やす手術をする際大きな効果を発揮します。

インプラントなどの手術前に患者様から採取した血液を専用の遠心分離機にかけCGFを作ります。
これによりインプラントの手術のより早い治療と組織再生効果を期待しています。

ただ、実際はインプラントだけでなく、抜歯した後に歯ぐきの治りを良くする目的で使うことが多いです。
特に親知らずを抜いた後に大きな穴があいたままだと、そこに食べ物の一部が入り込んで中々出ず、それが原因で感染を起こし、痛みや腫れが長期間続き、お薬を飲み続けないといけないことが以前はよくあったのですが、CGF を抜歯直後に入れることにより、以前より治りが良くなり普通に生活を送れるまでの時間が短縮されるようになりました。

治療費もお手頃価格になっております(今まで当クリニックにいらしてない方の電話やお問い合わせフォーム、電子メールなどでの金額に関する質問には対応させていただいておりません:ぜひ一度いらして下さい。あなたのお口の中を拝見し、きちんと診断をたててから 詳しく説明致します)。
あなたにとってとてもメリットがある方法なので、おススメです!

ページの上へ